ベビー布団はいつまで使える?ミニとどっちがお得?

最近のコメント

    ベビー布団はいつまで使えるんだろう。。。」なんて悩んでいませんか?

    普段使ってる布団で代用できそうだし、すぐ赤ちゃんは大きくなるからわざわざ買うのももったいないと思いますよね。

    しかし、赤ちゃんにとってベビー布団は非常に大切です!

    ここでは、ベビー布団はいつまで使えるのかやその理由をご紹介します。

    また、ミニベビー布団とどちらが得なのかも説明するので参考にしてください。

    良い布団選びをして、赤ちゃんとの新生活を始める前に準備していきましょう!

    1.ベビー布団はいつまで使えるの?

    ベビー布団は、最長3~4歳まで使うことができます

    各メーカーが販売しているベビー布団は、敷布団が70cm×120cmサイズ、掛布団が90cm×130cmサイズのものが多いです。

    赤ちゃんが成長してこのサイズに収まらなくなる年齢が、おおよそ3~4歳と言われています。

    そうなったら、赤ちゃんの成長に応じて布団を買いかえなければなりません。

    また、ベビー布団はサイズが2種類存在します。

    種類によって使える年齢が変わってくるので、詳しく見ていきましょう。

    1-1.種類によって使える年齢が変わる

    ベビー布団には『ミニベビー布団』と『ベビー布団』の2種類があります。

    このサイズの違いによって、ベビー布団を使える年齢が異なるので気を付けてください。

    それでは、順番に確認しておきましょう。

    ミニベビー布団

     
     
     
     
     
    View this post on Instagram
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    記録用◡̈⃝さん(@ace918mommy)がシェアした投稿

    ミニベビー布団とは、敷布団が60cm×90cmサイズ、掛布団が80cm×100cmサイズのものをいいます。

    対象年齢は生後6か月ごろまでが一般的です。

    サイズが小さいため寝返りができるようになると、赤ちゃんがすぐに布団から出てしまいます。

    赤ちゃんが寝返りし始めたら買いかえることになるので選ばないほうが良いです。

    次に紹介するベビー布団を選んだほうがお得だとされています。

    ベビー布団

     
     
     
     
     
    View this post on Instagram
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    1228koukoushinさん(@1228koukoushin)がシェアした投稿

    ベビー布団とは、敷布団が70cm×120cmサイズ、掛布団が90cm×130cmサイズのものをいいます。

    対象年齢はおおよそ3~4歳までです。

    敷布団が広いので赤ちゃんが寝返りをしても布団から出てしまうことがありません。

    したがって、長い期間使えるのがポイントです。

    しかし、大きいベビー布団でも、赤ちゃんの成長に応じて買いかえなければなりません。

    では、ベビー布団が小さいように感じたらどうすれば良いのか、次で紹介します。

    1-2.ベビー布団が小さく感じたら?

    ベビー布団が小さく感じたら、次はジュニア用の布団を選んでください

    ジュニア用の布団は、敷布団が90cm×180cmサイズ、掛布団が130cm×180cmサイズです。

    サイズが子供用ベットに適した大きさになっているため、小学校6年生くらいまでは使用できます。

    大人用よりはサイズが小さいため、汚れてもすぐに洗濯できるのがポイントです。

    またキャラクターが描かれた布団も販売されているため、子供の好みに合わせて選べます。

    以上が、ベビー布団の対象年齢と卒業後についてでした。

    使える期間に限りがあるならベビー布団は本当に必要なのかなんて悩みも出てきたはずです。

    そこで、次はベビー布団が必要な理由についてご説明します。

    2.ベビー布団が必要な3つの理由

    ベビー布団が必要な3つの理由があるので紹介します。

    以上の理由で、多くの親がベビー布団を購入しているのです。

    それでは3つの理由を、順番に見ていきましょう。

    理由1.カラダの発達

    健康的なカラダの発達には、年齢ごとにふさわしい布団が必要です

    ベビー布団は敷布団が固めに作られており、赤ちゃんが適切な体勢で寝られるようになっています

    赤ちゃんは骨や関節が未発達の状態なので、柔らかい敷布団では体が曲がったまま沈み、骨が歪んだ状態で固まってしまうのです。

    さらに、布団が柔らかいと、寝ている間に体に負荷がかかったまま沈みこんでしまいます。

    この時に、股関節に無理な力がかかってしまい、脱臼してしまうこともあるのです。

    理由2.体温調節

    体温調節を赤ちゃんは自分では行うことができません

    ベビー布団では、適切な温度に保てるよう通気性が良い素材で蒸れにくくしているのです。

    一般的に赤ちゃんの平熱は37度と高く、また新陳代謝が活発なため汗を大量にかいてしまいます。

    一般的な布団だと保温性が高く、また通気性も悪いため蒸れてしまい、体温が高くなりすぎてしまうのです。

    理由3.寝返り

    寝返りは、赤ちゃんにとってはまだまだ苦手な動作です。

    ベビー布団は、赤ちゃんが安全に寝返りを行えるように敷布団は固めで、掛布団は軽いように作られています

    大人が使う布団で添い寝しようとしても、赤ちゃんにとっては柔らかすぎる上に重いのです。

    これでは寝返りを行うことが難しく、もし寝返りができても鼻や口を覆ってしまい窒息する危険性が非常に高くなります。

    以上が、ベビー布団が必要な3つの理由でした。

    赤ちゃんは睡眠で気を付けなければならない点が非常に多いです。

    それらを考慮して作られているベビー布団は、赤ちゃんにとって重要なものだとされています。

    そこで次はベビー布団を選ぶ時のポイントを紹介します。

    3.ベビー布団を選ぶ時のポイント5選

    ベビー布団は、色々なメーカーが出しており、仕様も異なります。

    そこで選ぶ時に気を付けるポイントが以下の5つあるので、しっかり確認しましょう。

    これらのポイントを押さえれば、ベビー布団を選ぶ際に悩みません。

    それでは、1つずつ順番に紹介していきます。

    ポイント1.敷布団は固いもの

    敷布団は固いものを選びましょう

    赤ちゃんの骨や関節はまだ固定されていないため、柔らかい敷布団では骨や関節が歪んでしまいます

    また、敷布団が固ければ沈みこまないので寝返りもしやすく、赤ちゃんが気持ちよく寝れるのです。

    そのため、ある程度固いものを用意するべきでしょう。

    ポイント2.掛布団は軽いもの

    掛布団は軽いものを選びましょう

    筋肉や骨、関節が発達していない赤ちゃんにとって、布団は重たいものです。

    そのせいで、寝返りができない、脱臼などのけがにつながる、口や鼻をふさいで窒息することもあります。

    したがって、通気性や保温性もありながら、できるだけ軽いものを用意するべきでしょう。

    ポイント3.お手入れが簡単なもの

    お手入れが簡単なベビー布団を選びましょう

    赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、汗で布団がすぐ汚れやすいです。

    また、よだれやミルクなどでも汚れていくので、お家で簡単に洗濯できるものが常に清潔に使用できます

    最近のベビー布団は、羽毛を使っていても簡単に洗えるものが登場しており、お手入れが簡単です。

    そこで、天然素材を使用している洗濯しやすいものを用意するべきでしょう。

    ポイント4.サイズが大きいもの

    サイズが大きいベビー布団を選びましょう

    既にご説明した通り、ミニベビー布団だと使用できる期間がとても短いです。

    大きいほうが、寝返りをしても布団から出てしまうことがありません。

    したがって、ミニベビー布団を購入するのではなく、一般的な大きさのベビー布団を用意するべきでしょう。

    ポイント5.必要品がセットになっているもの

    購入するときは敷布団が2セットついているものを選びましょう

    後から買い足すと、思った以上に出費がかさんでしまいますし、使いたいときにすぐ用意できません。

    また夏用・冬用の布団がセットになっていると季節の変わり目で焦る必要もありません

    したがって、敷布団2枚で夏用と冬用の布団がセットになっているものを購入してください。

    以上がベビー布団を選ぶ時の5つのポイントでした。

    これをおさえているだけで、どれが赤ちゃんにとって良いベビー布団なのか迷わなくて済みます!

    しかし、ベビー布団はいずれ使わなくなるということもあり、無駄なのではないかと思う方もいるでしょう。

    そこで、最後に使い終わったベビー布団の活用法をご紹介します。

    4.使い終わったベビー布団の活用法

     
     
     
     
     
    View this post on Instagram
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    @trevligt_rumがシェアした投稿

    使い終わったベビー布団ですが、色々使い道があるのです!

    寝具としてしっかり作られているため、お昼寝の時は大人でも十分に使えます。

    また掛布団などは、サイズが大きすぎないためひざ掛けにも活用可能です。

    もし裁縫が得意だったり、専門店を知っていれば、座布団やラグ、スツールなどにリメイクすることもできます。

    布団の作りがしっかりとしており、使われている素材も赤ちゃんを意識したものなので、丈夫で長持ちするはずです。

    卒業したからと言って捨ててしまわなくても良いので、良い使い道を見つけてお得に生活しましょう

    さまざまな活用法があるので、使い終わると損をするということはないので安心してください。

    まとめ

    ベビー布団は4歳まで使えます

    赤ちゃんの体に気を付けるなら、必ず用意しましょう。

    いろいろな種類があるので選び方を知ったうえで、納得いくものを選んでください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    11 + 15 =