赤ちゃんに教育は必要?教育方法や気をつけることをご紹介

赤ちゃんに教育は必要?教育方法や気をつけることをご紹介

最近のコメント

    赤ちゃんの教育についてお調べですね。

    赤ちゃんにどんな教育をしたらいいのか、そもそも教育は必要なのか気になっている方は多いと思います。

    実は、一見難しそうな赤ちゃんの教育も大切なことを押さえれば、ぐっとわかりやすくなるんです

    そこでこの記事では、赤ちゃんの教育方法や必要性、注意点などについてご紹介します。

    赤ちゃんの教育は何が大切なのかを知り、赤ちゃん教育の第一歩を踏み出しましょう

    1.そもそも赤ちゃんに教育は必要?

    そもそも赤ちゃんに教育は必要?

    赤ちゃんにも教育は必要です。

    「教育」といって思い浮かぶのは、英語やピアノ教室に通わせたり今ではプログラミングをさせたりなんてものを想像しがちですよね。

    まだ言葉も喋れない赤ちゃんに教育しろと言われても戸惑う方も多いと思います。

    赤ちゃんの教育は「信頼関係を築くこと」が大切です。

    赤ちゃんがこれから大きくなって、たくさんの教育をする上での土台となるのが、ママやパパとの信頼関係になります。

    信頼関係がなければ教育は成り立ちません。

    一方的にああしろこうしろと言われても、言うこと聞く気になんてなりませんよね。

    赤ちゃんに信頼されて初めて教育が成り立つんです。

    教育の土台づくりを赤ちゃんのうちにしっかりしておきましょう。

    それでは、いつから赤ちゃんの教育を始めた方がいいのでしょうか?

    2.赤ちゃんの教育はいつから始めたらいいの?

    赤ちゃんの教育はいつから始めたらいいの?

    赤ちゃんの教育を始める時期は、「生まれた瞬間から」です。

    赤ちゃんの教育の基本は「信頼関係」なので、生まれてきて腕に抱かれた時から赤ちゃんの教育は始まっているといってもいいでしょう。

    信頼関係は、日々のコミュニケーションやスキンシップで赤ちゃんの頃から築くことができます。

    それでは、実際どんな教育をしたらいいか見てみましょう。

    3.赤ちゃんの教育ってどんなことをしたらいいの?

    赤ちゃんの教育ってどんなことをしたらいいの?

    赤ちゃんに教育が必要なことはわかったけれど、具体的にどんな教育をしたらいいのでしょうか。

    まず赤ちゃん教育の基本として知っておいて欲しい3つを具体例とともにご紹介します。

    1. 「信頼関係を築くためのコミュニケーションの取り方」
    2. 「音楽や会話の中で培う音感の養い方」
    3. 「体の使い方を養う遊びの仕方」

    それぞれについて、順番に確認していきましょう。

    3−1.コミュニケーションをとって信頼関係を築く

    コミュニケーションをとって信頼関係を築く

    コミュニケーションをとりながら学べる「言葉がけ」がおすすめです。

    言葉がけとは、赤ちゃんを抱っこして、周りにあるものを指差しながらそれが何か教えてあげることをいいます。

    例えば、リビングでソファーを指差しながら「これはソファーだよ」と赤ちゃんに優しく声をかけてあげましょう。

    ソファーを触りながら、「フワフワだね」や「青色だよ」など、感触や色なども一緒に教えてあげるとより良いとされています。

    赤ちゃんの脳は聞いたものを記憶することがすでにできるので、声をかけてあげながら五感を通してその物を確認することが効果的です。

    また、家の中だけでなく、お散歩の途中に花や遊具などでも試してみると、家の中とは違った五感の刺激があります。

    言葉がけをすることで自然とコミュニケーションの回数が増え、赤ちゃんとの触れ合いも増えるので信頼関係も築きやすいです。

    一方で、「コミュニケーションをとりたいけど何を話したらいいかわからない」と言う人も多いと思います。

    そんなときは、赤ちゃんの発した声を真似してみましょう。

    「あー」や「うー」などの声を真似するだけでも立派なコミュニケーションになります。

    3−2.音楽や会話の中で音感を養う

    音楽や会話の中で音感を養う

    音楽を聴かせることにより、音を聞き分けることが上手になると言われています。

    音の聞き分けが上手になると、発音の繊細な音の違いも聴き分けやすくなるので、言葉も上手に話しやすくなります。

    また、音楽を聞かせることにより想像力や感受性の成長にも効果的です。

    楽しいリズムに体を揺らしたり、ゆったりとした音に落ち着いたりと、音楽の日いろいろなメロディーは赤ちゃんの想像力を掻き立てるのにぴったりとなっています。

    歌う声や話す声も音感を養うことができるので、子守唄を歌ったり積極的に話しかけてあげましょう。

    3−3.成長に合わせた体を使う遊びをする

    成長に合わせた体を使う遊びをする

    赤ちゃんの体は成長するにしたがって身体の様々な場所の運動機能が発達します。

    赤ちゃんの時期に発達段階に合った体を使った遊びを生活の中に取り入れてみましょう

    生まれたばかりの赤ちゃんはあまり体を動かせないので、まずは目を合わせて話しかけたりスキンシップをしたりコミュニケーションをとって遊んでみるのがおすすめです。

    スキンシップを取るときには、頭を優しく撫でたり体をくすぐってみたりすると良いでしょう。

    生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていなかったり寝返りを打つことができないので、無理矢理動かさないように気をつけてください。

    また、2ヶ月くらいになると「追視」と言う、目で動くものを追う動作ができるようになります。

    赤ちゃんが寝ている上に吊り下げる、空気の流れでゆらゆら動くおもちゃを置いてあげると良いでしょう。

    5ヶ月頃になると首も座り寝返りも打てるようになるので、赤ちゃんの体をゆらゆらと左右に揺らしてあげて、寝返りのサポートをしてあげるのもおすすめです。

    また、手で物を掴めるようになるので赤ちゃんに与えても良い、握りやすく安全なおもちゃを与えてあげましょう。

    9ヶ月頃になるとハイハイをするようになるので、両手でものを掴むことができるのでより多くの遊びができるようになります。

    このように、赤ちゃんが発達していく段階でできるようになったことと、赤ちゃんのやりたいことを上手に活かしながら遊びの中で体を鍛えてあげましょう。

    以上の赤ちゃんの教育の具体例をみて、赤ちゃん教育が想像できたのではないでしょうか?

    どれも日常に取り入れやすいものなので、ぜひ試してみてください。

    次は赤ちゃんの教育する時に気をつけてほしい3つのことを確認しておきましょう。

    4.赤ちゃんに教育する時に気をつけることは?

    赤ちゃんに教育する時に気をつけることは?

    赤ちゃんを教育する時に気をつけてもらいたいことが3つあります

    1. 「信頼関係を意識して教育に取り組む」
    2. 「ダメなことははわかりやすくダメという」
    3. 「積極的にほめて楽しく教育する」

    気をつけるポイントを1つずつご紹介するので、確認していきましょう。

    4−1.信頼関係を意識して教育に取り組む

    信頼関係を意識して教育に取り組む

    赤ちゃんの教育に大切なのは、信頼関係です。

    赤ちゃんの頃に築いた信頼関係は、今後大きくなってからの教育やしつけにも影響します。

    不安そうなときは、しっかりと観察して不安を払拭してあげましょう

    信頼関係を意識して教育に取り組むことで、今後の親子関係も円滑に行きやすくなります

    4−2.ダメなことはわかりやすくダメと言う

    ダメなことはわかりやすくダメと言う

    赤ちゃんがいたずらをしたときや危険なことをしたときは、ダメだと言うことをわかりやすく伝えてあげましょう。

    赤ちゃんの動きを静止して、目を見ながら顔を怒った顔で低い声で怒ってあげてください

    言葉の通じない赤ちゃんでも、いつもと違うママやパパの様子は感じ取れるはずです。

    4−3.積極的に褒めて楽しく教育する

    積極的に褒めて楽しく教育する

    何か上手にできた事はめいっぱい褒めてあげることが大切です。

    「よく笑ってるね」や「いっぱい泣いてえらいね〜」など、赤ちゃんの行動に対して褒めてあげるのも良いでしょう。

    小さなことでも褒めてあげると、赤ちゃんはもっと頑張ってみようと言う気持ちになります。

    積極的に褒めて、楽しく教育しましょう

    以上が、赤ちゃんを教育する時に気をつけることでした。

    「もっと赤ちゃんの教育について詳しく知りたい」という方もいると思います。

    そこで、最後に赤ちゃんを教育する際に役に立つ本を確認しておきましょう。

    5.赤ちゃん教育におすすめの本

    赤ちゃん教育におすすめの本

    赤ちゃんの教育についてわかりやすく書かれているおすすめの本は、『ニューズウィーク日本版特別編集 0歳からの教育【知育編】』です。

    海外の週刊雑誌の日本版で、学会などの研究結果に裏付けされているので信憑性も高いのが特徴となっています。

    教育をはじめとした内容で幅広く網羅された、赤ちゃん教育のヒントが詰まった一冊です。

    知育編の他にも、「育児編」「発達編」「学習編」など、テーマに沿って発行されているので、気になるものは読んでみましょう。

    まとめ

    赤ちゃんの教育には「信頼関係」を築くことが一番大切です

    赤ちゃんの成長はひとりひとり違うので、焦ることなく赤ちゃんのペースに合わせて楽しく教育をしてみてください。

    赤ちゃんの教育は、今後の教育の土台となる大切なものになります。

    コミュニケーションをしっかりととって、赤ちゃんのうちから信頼関係を築いていきましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    twenty − 6 =