バイリンガルも夢じゃない!赤ちゃんから始める英語教育の魅力

最近のコメント

    英語は赤ちゃんのうちから学んだ方が良いと言われているのをご存知ですか?

    小学校に上がってからではなく、赤ちゃんのうちから英語を学ぶ機会を作ると良いと言われています。

    幼児期に日本語と同じように英語を聞くだけで、英語を理解できる脳を持つことができるようになるからです。

    今回は赤ちゃんが英語を学ぶとどのような良い点があるのか、赤ちゃんが英語を学ぶための具体的な方法と注意点などをご紹介。

    赤ちゃんのうちから英語を学べば、自然とバイリンガルになることも夢ではありません!

    1.リスニングを鍛えるためには赤ちゃんから英語を学ばせよう

    赤ちゃんのうちに英語に耳を慣れさせておけば、英語を聞き取る能力が身につきます。

    小学生で本格的に英語を勉強し出した時の習得が早くなるでしょう。

    これは、人間は7歳くらいまでの間に言語を学習できるのに最適な耳の「臨界期」を迎えると言われているからです。

    臨界期までにその言語を聞いていないと、聞き取る能力が落ちて後から習得するのは難しくなります。

    だから、一般的に人は母国語にない音を聞き取るのが苦手なのです。

    日本語と英語の周波数帯は全く異なっています。

    日本語の周波数が125ヘルツ〜1500ヘルツ程度なのに対し、英語の周波数は2,000ヘルツ〜12,000ヘルツ。

    赤ちゃんのうちから英語に触れていると、母国語である日本語と異なる周波数帯の音も聞き取れるようになります。

    その結果、英語を聞き取る能力が増すのです。

    2.いつから赤ちゃんに英語を学ばせると良い?

    赤ちゃんに英語を学ばせ始めるのは、生後8ヶ月頃までの早い時期が良いと言われています。

    幼児期は耳の「臨界期」で言語の聞き分けが大人に比べて容易です。

    赤ちゃんがお腹の中にいる時から英語の歌を聴かせてあげると良いとも言われているほど。

    特に差が出るのは日本人が苦手とする「L」と「R」の発音。

    生後6ヶ月〜8ヶ月頃までの赤ちゃんは、きちんと「L」と「R」の発音の違いを聞き分けているというのです。

    大人になってから「L」と「R」の発音の違いを聞き分けるのは一苦労。

    生後早い段階で英語教育を始めれば、ネイティブに近い感覚で英語を聞き取ることができるようになります。

    3.赤ちゃんが英語を学ぶための方法は?

    赤ちゃんが英語を学ぶための方法は教材や歌、CDなどがあります。

    母親、父親ともに英語を話せないというご家庭は、教材やCDを使って赤ちゃんが英語に触れるところから始めると良いでしょう。

    ここからは赤ちゃんが英語を学ぶための具体的な方法をご紹介します。

    3-1.英語教材

    赤ちゃんのための英語教材はたくさん発売されています。

    有名なスクールや学習機関の英語教材は数万円〜数十万円と値段は高額です。

    しかし、値段が高いから良い教材というわけではありません。

    口コミを比較して無理な予算とならない英語教材を購入することをおすすめします。

    赤ちゃんにおすすめの英語教材

    アルクの「こどもえいご おまかせパック」は、生後8ヶ月から始められる英語教材です。

    教材名 こどもえいご おまかせパック
    販売元 アルク
    料金 60,480円
    購入ページURL 楽天

    3-2.歌

    英語の歌を聴くのも赤ちゃんにはぴったりの英語学習方法です。

    英語の発音が上手な人にどのように英語を学んだのかと質問すると、「洋楽が好きで子供の頃から良く聞いていた」と答えることがあります。

    歌詞を確認したわけではないのに、気がついたら歌を口ずさんでいるという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

    同じ歌を何度も聞いていると、歌詞のフレーズが自然と口から出てくることは良くあります。

    英語の歌を聞いていると耳がその歌を自然と覚えるので、歌は立派な英語学習の方法となるのです。

    歌なら高額な英語教材を買う必要がないのも魅力の一つですね。

    赤ちゃんに英語学習におすすめの歌

    https://www.youtube.com/watch?v=yCjJyiqpAuU 「Twinkle Twinkle Little Star」はYouTubeでの再生回数が9億回を超えている英語の歌です。 赤ちゃんに心地の良い音楽なので、毎日聴かせてあげるにはぴったりでしょう。

    歌の名前 Twinkle Twinkle Little Star
    YouTubeのURL https://www.youtube.com/watch?v=yCjJyiqpAuU

    3-3.CDの聞き流し

    赤ちゃんの耳はいろいろな音や周波数を聴きわけるのに長けているので、CDの聞き流しも効果的な英語学習方法です。

    CDの聞き流しの一番の目的は、耳が英語に慣れることです。

    赤ちゃんは英語に拒否反応を示すことなく、自然な言語として英語を認識することができるでしょう。

    両親ともに英語が苦手というご家庭は、英語のCDの聞き流しもおすすめです。

    赤ちゃんに英語学習におすすめのCD

    アルクの「エンジェルコース」は、CDに特化した英語教材です。 モーツァルトの音楽がBGMで採用され、記憶力や集中力を向上させて英語を耳に慣れさせることができます。

    教材名 エンジェルコース
    販売元 アルク
    料金 31,320円
    購入ページURL 楽天 

    4.赤ちゃんが英語に興味を持つために工夫すること

    赤ちゃんが英語を学ぶには、赤ちゃん自身が英語に興味を持つことが重要です。

    いざ英語を学ばせようなった時に赤ちゃんが英語に興味を持ってくれなかったら、なかなか英語学習が進みませんよね。

    それどころか、赤ちゃんが英語を学ぶことに拒否反応を示してしまうと逆効果になってしまうことも。

    赤ちゃんが英語に興味を持つために、親として工夫できることをご紹介します。

    4-1.おもちゃを使って楽しく英語を学ぶ

    おもちゃを使って英語を学ぶ環境を作ってあげると、赤ちゃんは英語を学ぶことを楽しいことだと認識します。

    遊んでいる間に自然と英語と接する時間が長くなる。

    そんな学び方は義務感がないので赤ちゃんにとっても楽しいです。

    布でできたアスレチックやしゃべる人形、電話の形をした玩具など、おもちゃと英語が結びついたものは多く存在します。

    対象年齢が0歳〜となっているおもちゃを使って遊びながら英語に触れるようにしましょう。

    遊びながら英語に触れることで、赤ちゃんは「英語を学ぶのは楽しい」と直感的に思うはずです。

    赤ちゃんに英語学習におすすめのおもちゃ

    わんわんのバイリンガル・リモコン」はリモコンタイプになっているおもちゃ。 35パターン以上の歌や英語のフレーズが聴けるリモコンは、赤ちゃんが自発的に興味を持ってくれるおもちゃです。

    商品名 わんわんのバイリンガル・リモコン
    販売元 フィッシャー・プライス
    小売希望価格 1,836円
    購入ページURL 楽天 / Amazon

    4-2.YouTubeやアプリで気軽に英語を学ぶ

    赤ちゃんはYouTubeやスマホのアプリにとても興味を示します。

    英語教材になりそうなYouTubeのチャンネルやスマホの英語学習用アプリなどを赤ちゃんに見せてあげると、赤ちゃんは動く画面にまず興味津々。

    あとは自然と赤ちゃんがYouTubeやスマホのアプリから英語を学んでいってくれます。

    YouTubeには無料で聴ける英語の歌もたくさんありますし、キャラクターや乗り物が登場する赤ちゃんが好きそうなチャンネルも。

    遊び心のあるチャンネルは、赤ちゃんが興味を持って英語を学ぶきっかけになりますよ。

    赤ちゃんに英語学習におすすめのアプリ

    よみあげ絵本」は日本の童話を読み聞かせてくれるアプリ。 日本語、英語、字幕に対応しており、童話は29話無料でダウンロード可能です。

    アプリ名 よみあげ絵本
    販売元 dcWORKS Inc.
    価格 無料
    アプリのダウンロード場所 AppStore GooglePlay

    5.赤ちゃんに英語を学ばせる際に注意すること

    赤ちゃんに英語を学ばせる時に、親が意識して気をつけた方がいいことがあります。

    それは、とにかく楽しく英語を学んでいけるようにすること、そして英語だけでなく日本語も同時学べるようにすることです。

    自分が赤ちゃんの時に英語を学んでいなかった人は多いと思います。

    仮に自分の母親が赤ちゃん時代に英語を学ばせてくれていたとしても、赤ちゃんの時のことだから覚えていないですよね。

    だから、赤ちゃんに英語を学ばせるのは自分も体験したことがない未知の領域という人が多いはずです。

    初めてやることに不安を覚える人もいるかもしれませんが、次の注意点3つを意識していれば問題ありません。

    5-1.親子で楽しく学ぶ

    赤ちゃんが英語を学ぶと言っても、赤ちゃんが一人で学んでいけるわけではありません。

    母親、父親も一緒になって親子で赤ちゃんと共に英語を学んでいくという意識が必要です。

    親が一緒に取り組んでくれれば、赤ちゃんもより一層楽しく英語に触れることができるでしょう。

    普段英語に全く触れない人でも、これを機会に赤ちゃんと一緒に英語を学んでいくのがおすすめです。

    5-2.できなくても不満に思わない

    赤ちゃんにとってすべての物事が初めてのことです。

    英語学習で赤ちゃんが理解ができない部分があっても不満に思わないことが大切。

    たとえ赤ちゃんが間違っても、「ダメ」や「違う」と赤ちゃんを否定しないようにしましょう。

    英語を正しく理解しているかどうかは、もう少し成長してから学べばいいことです。

    逆に赤ちゃんが理解できたと思えた時は、最大限に赤ちゃんを褒めてあげることも大切。

    赤ちゃんのうちは耳が英語に慣れさせることを意識し、英語に触れることが楽しいことだと思える機会を増やしてあげましょう。

    5-3.正しい日本語も同時に教える

    赤ちゃんの英語の学習だけに気を取られて、肝心の日本語がおろそかになってはいけません。

    赤ちゃんにとっては日本語も英語も初めて見る世界です。

    英語と同様に正しい日本語に触れる機会をたくさん作ってあげる必要があります。

    両親が話す自然な日本語を聞かせてあげるのはもちろん、日本語の本を読み聞かせてあげるのも赤ちゃんには効果的です。

    日本語で話しかける時は美しい日本語を使って赤ちゃんの耳に残してあげるようにしましょう。

    6.まとめ

    赤ちゃんの英語教育はなるべく早いうちから開始するようにしましょう。

    赤ちゃんの耳が英語に慣れること、そして赤ちゃんが英語を学ぶことを楽しいと認識することは、赤ちゃんが英語を学ぶ上で重要となります。

    親子で一緒に英語を楽しく学んで、赤ちゃんがもっと成長した時に英語の理解をより深めることができる土台を作ってあげましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    thirteen − four =