赤ちゃんに最適な暖房器具ランキング1位は?賢くお得に利用しよう!

最近のコメント

    「赤ちゃん向けの暖房器具はどれが良いんだろう。。。」なんて悩んでいませんか?

    赤ちゃんの体調管理は難しいので、どの暖房機器を使用するべきか難しいですよね。

    しかし、赤ちゃん向けの暖房器具は3つの中から選ぶのが正解です!

    ここでは、赤ちゃん向け暖房器具や暖房器具を省エネに使う方法などを紹介します。

    ポイントを押さえて、赤ちゃんに合った暖房器具を選びましょう。

    1.赤ちゃん向けの室温と湿度を暖房で保とう

    赤ちゃんにとって適切な室温や湿度は、大人とは違います。

    赤ちゃん向けの室温は18~22度、湿度は60%です。

    大人が快適と感じる室温は23~28度、湿度は50%なので、6度・10%もの違いがあります。

    このような違いは、就寝時・脱衣時・夜間のミルク時間に特に注意しなければなりません。

    なぜなら、赤ちゃんが大量に汗をかいている可能性が高く、風邪や脱水状態になりやすいからです。

    風邪や脱水症状を防ぐためにも、室温・湿度はしっかりと管理してください。

    それでは、室温・湿度管理の重要さがわかったところで、赤ちゃん向け暖房器具を見ていきましょう。

    2.赤ちゃん向け暖房器具ランキング

    ここでは、赤ちゃん向け暖房器具をランキング形式で紹介します。

    ランキングの1位から3位は、以下の暖房器具です。

    ランキングを参考に暖房器具を選べば、赤ちゃんにも安心です。

    それでは、それぞれの暖房器具について順番に見ていきましょう。

    ランキング1位.エアコン

    (引用:エアコン:シャープ

    赤ちゃん向け暖房器具1位は「エアコン」です。

    短時間で部屋全体を温めることができるため、赤ちゃんが過ごす部屋の暖房器具に最適だとされています。

    また、高い位置にあるため赤ちゃんが触れてけがをする心配もありません。

    エアコンなら『SHARP J-Xシリーズ』

    エアコンの中でも赤ちゃんには、『SHARP J-Xシリーズ』がピッタリです。

     
     
     
     
     
    View this post on Instagram
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    Satoshi Nakamuraさん(@satoshi_n_326098)がシェアした投稿

    空気清浄機能が従来よりも改良された「プラズマクラスターNEXT」が搭載されたモデルです。

    匂いやカビ菌、ウイルス除去の能力が高く、今まで取れなかった匂いや除去できなかった菌も対応できるようになっています。

    さらにAIが搭載されているため、使うたびに学習して効率の良い運転を行えるので省エネです。

    空気を綺麗にして、節約にも繋がるということで、赤ちゃんだけでなく家族にも優しいエアコンでしょう。

    商品名 J-Xシリーズ (SHARP)
    参考ページ 楽天
    本体サイズ 室内機:高さ295mm×奥行371mm×幅798mm
    室外機:高さ630mm×奥行346mm×幅865mm
    適用床面積 6~26畳(各機種による)
    発売日 2018年10月

    ランキング2位.セラミックファンヒーター

    (引用:Dyson Pure Hot + Cool™ 空気清浄ファンヒーター

    「セラミックファンヒーター」は、電気で空気を暖め、温風を出すヒーターです。

    オイルヒーターともよく比べられますが、ファンヒーターのほうが短時間で部屋を暖められるので優れています。

    ただし、エアコンに比べると広い部屋を温めるのには時間がかかってしまうので注意が必要です。

    10畳以下の部屋サイズなら、エアコンではなくセラミックファンヒーターでも良いでしょう。

    セラミックファンヒーターなら『Dyson PURE HOT+COOL』

    セラミックファンヒーターの中でも赤ちゃんに最適なものは、『Dyson PURE HOT+COOL』です。

     
     
     
     
     
    View this post on Instagram
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    みゆ吉っつぁんさん(@miyubone)がシェアした投稿

    『Dyson PURE HOT+COOL』は、暖房器具と冷房器具、空気清浄機がセットになった1台3役を担ってくれます。

    さらに送風する羽が本体奥に組み込まれているため、赤ちゃんがけがをすることがありません。

    風量が非常に強く部屋全体に暖かい空気を送ってくれるので、寒い日でも快適な室温にしてくれます。

    商品名 PURE HOT+COOL (Dyson)
    URL Amazon / 楽天
    本体サイズ 高さ764mm×奥行248mm×幅248mm
    適用床面積 暖房機能:6~10畳 空気清浄機能:6~26畳
    発売日 2018年10月

    ランキング3位.電気カーペット

    (引用:電気カーペット/暖房器具 | Panasonic

    足元から暖める「電気カーペット」は、ハイハイができるようになってから買うのが最適です。

    冷たい空気は下にたまるため、床をハイハイして移動する赤ちゃんは自然と体温が下がってしまいます。

    電気カーペットはサイズも大きいので、赤ちゃんの行動範囲をカバーし体温低下を防止することも可能です。

    電気カーペットなら『Panasonic DC-NKシリーズ』

    特に赤ちゃんに最適なのは『Panasonic DC-NKシリーズ』でしょう。

     
     
     
     
     
    View this post on Instagram
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    syrさん(@syr___home___)がシェアした投稿

    『Panasonic DC-NKシリーズ』は、断熱シートや均熱シートを含んでおり、暖かさを逃がさないようになっています。

    さらに室温センサーが搭載されているため、暖めると自動で省エネ運転をしてくれるのです。

    待機時も電力を消費しないので、経済的にも優しい電気カーペットでしょう。

    商品名 DC-NKシリーズ (Panasonic)
    URL 2畳向け:Amazon / 楽天
    3畳向け:Amazon / 楽天
    本体サイズ 2畳向け:縦176mm×横176mm×暑さ6mm
    3畳向け:縦190mm×横241mm×厚さ6mm
    適用床面積 2~3畳 (各機種による)
    発売日 2018年9月

    以上が、赤ちゃん向け暖房器具ランキングでした。

    具体的な製品も知れたことで、自分の家庭に最適なものがわかったはずです。

    しかし、赤ちゃん向け暖房器具を使用するには注意しなければならないこともあります。

    次は赤ちゃんに暖房器具を使う時の注意点を紹介します。

    3.赤ちゃんに暖房器具を使う時の注意点

    赤ちゃんに暖房器具を使う際には、以下の3つの注意点に気を付けなければなりません。

    これらのことを注意しておかなければ、思わぬトラブルが起きることもあります。

    それでは、順番に確認しましょう。

    注意点1.やけど

    一番気を付けなければならない事は、赤ちゃんの「やけど」です。

    赤ちゃんは好奇心旺盛なため、なんでもすぐ触りたがります。

    寝返りが打てるようになると、目を離していた間に暖房器具の近くまで移動していたなんてこともあるくらいです。 

    そのため、暖房器具は触ってもやけどをしないものを選ぶか、触れないように対策しなければなりません

    しかし、対策したとしても石油・電気ストーブはやけどする危険が非常に高いので、使用は控えましょう。

    また、それほど高い温度でなくても、長時間同じ部分を暖めると赤ちゃんはすぐ「低温やけど」になります。

    暖房器具を使用する際は、こまめに赤ちゃんの様子を確認しましょう。

    注意点2.乾燥

    「乾燥」は赤ちゃんにとって大敵です。

    空気が乾燥してしまうと、風邪や病気の原因となるウィルスが活動しやすい環境になり、すぐに感染してしまいます。

    また、赤ちゃんの肌は繊細なため、乾燥するとすぐに肌荒れに繋がってしまうのです。

    ハウスダストに気を使っていても、乾燥すると普段よりホコリなどが舞い上がりやすくなります。

    それによって、赤ちゃんにアレルギーが発症してしまうかもしれません。

    室温だけに気を取られず、湿度管理もしっかりと行いましょう。

    注意点3.室温の上げ過ぎ

    体温調節が苦手な赤ちゃんにとって「室温の上げ過ぎ」も体調を崩す要因になります。

    寒いだろうと思って室温を上げると、赤ちゃんの体調不良にもつながるのです。

    これは、赤ちゃん向けの室温と大人向けの室温が違うことに理由があります。

    既にご説明した通り、大人と違って赤ちゃんに最適な温度は18~22度です。

    大人の適温にしてしまうと、赤ちゃんには暑すぎて汗を大量にかいてしまいます。

    そうなると、体を冷やしたり脱水症状がおきたりといったことになるので室温は18~22度になるようにしましょう。

    以上が、赤ちゃんに暖房器具を使う時の注意点でした。

    これさえ気を付ければ赤ちゃんも快適に暮らせます!

    しかし、赤ちゃんの体調は大切だけど、暖房代はできるだけおさえたいという人も多いのではないでしょうか。

    次はお母さんにも嬉しい、少しの工夫で暖房代が節約される省エネ方法の紹介です。

    4.赤ちゃんの暖房代を節約する省エネ方法

    ここでは、赤ちゃんの暖房代を節約する、以下の省エネ方法3つを紹介します。

    ちょっとした工夫を知っているだけで、暖房をお得に利用できます。

    それでは、順番に見ていきましょう。

    方法1.こまめに電源を落とさない

    実は、こまめに電源落とさないほうが省エネになるのです!

    暖房器具は、始動するときに一番電力を使用しています。

    電源をこまめに消していたら、始動のたびに多くの電力を使ってしまうのでかえってエコではなくなってしまうのです。

    短時間だけの外出の場合は、暖房を付けたままのほうが暖房代が安くなると言われています。

    方法2.設定温度を下げる

    設定温度は、いつもより少し下げるだけで電気消費量がかなり減ります。

    温風にするためには、冷風の時よりも多くの電気を消費するので覚えておくべきです。

    実は、設定温度を1度下げるだけで、電気代が約10%以上お得になるとされています。

    意外と強風にするだけでもすぐに部屋が暖まり、赤ちゃんに最適な18~22度にすることが可能です。

    暖房代が気になるなら、設定温度は普段よりも少し下げてみましょう。

    方法3.風量は自動調節にする

    風量を自動調節にしておくと、暖房器具自体が最も効率の良い暖め方をしてくれます

    自分でこまめに調節するよりも自動調節のほうが、省エネ運転になるため電気代がかかりません。

    風量の設定は、必ず自動調節にして無駄なく部屋を暖めましょう。

    以上が、暖房代を節約する方法でした。

    この3つの方法を実践するだけで、暖房代はぐっと抑えることができます。

    ぜひ活用して、どんどんお得に暮らしていきましょう!

    まとめ

    赤ちゃんに最適な暖房器具ランキング1位は『エアコン』でした。

    部屋も簡単に暖まり、健康にも気を使っているため安心して使用できます。

    ランキングを参考にして、赤ちゃんに最適な環境を用意しましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    20 − eight =