赤ちゃんにはどの加湿器がおすすめ?選ぶポイントは加湿方法にあった!

最近のコメント

    「赤ちゃんにはどの加湿器が良いのだろう。。。」なんて悩んでいませんか?

    赤ちゃんのために加湿器を購入しようと思ったけど、種類が多くて赤ちゃん向きの加湿器を選ぶのが難しいですよね。

    しかし、ポイントさえ押さえると、赤ちゃんに最適な加湿器を簡単に選べるのです!

    ここでは、加湿器の種類から、赤ちゃんに最適な加湿器などを紹介します。

    赤ちゃんにピッタリな加湿器を理解して、赤ちゃんに健康に育てましょう。

    1.赤ちゃんに加湿器は必要なの?

    赤ちゃんがいる部屋には加湿器が必要です!

    赤ちゃん向けの室温は18~22度、湿度は60%と言われています。

    菌やウイルスは湿度60%では繁殖しにくいため、免疫が弱い赤ちゃんでも安心して過ごせる環境です。

    また、赤ちゃんの肌は繊細なため、少しの乾燥で肌荒れを起こしてしまいます。

    そのため加湿しておくことは必須です。

    さらに、適度な湿気があることでゴミ等が舞い上がりにくく、アレルギー発症を防ぐ役割にもなります。

    加湿器を設置するだけで衛生的な空間を用意でき、赤ちゃんが健康に育つのです。

    ここで、加湿器を使っている方の評判や口コミを見てみましょう。

    1−1.加湿器を使っている人の評判や口コミ

    加湿器を使っている人の評判や口コミを紹介します。

    以上が、加湿器を使っている人の評判や口コミでした。

    加湿器を使うことで、赤ちゃんの体調管理がしやすくなったり、夜泣きが減ったりするようです。

    ここまで読んで、赤ちゃんのために加湿器が必要だと思った方も多いでしょう。

    そこで次は、自分の赤ちゃんに合った加湿器を選ぶために、加湿器の種類を紹介します。

    2.加湿器の種類を確認しよう!

    加湿器には、以下の4つの種類があるので確認しましょう。

    加湿器の種類について知ることで、赤ちゃんにとって最適な加湿器がわかります。

    それでは順番に見ていきましょう。

    種類1.衛生的なのは「スチーム式」

    衛生的なミストを出してくれるのは「スチーム式」の加湿器です。

    スチーム式は、加湿器にセットした水を沸騰させ、水蒸気にして加湿するものとなっています。

    水を沸騰させるため菌が雑菌が死滅するため、非常に衛生的です

    しかし、高温の蒸気が出るため火傷しないように注意しなければなりません。

    種類2.小さなお部屋には「気化式」

    小さなお部屋なら「気化式」の加湿器がピッタリです。

    水を染み込ませたフィルターに、風を当てることで加湿を行います。

    消費電力が少なく、簡単に加湿でき、熱を使わないのでやけどの心配もありません

    しかし、広範囲の加湿には時間がかかるため、小さな部屋向きと言えるでしょう。

    種類3.手軽に始められるのは「超音波式」

    手軽に始められる加湿器は「超音波式」です。

    低価格のものから用意されているため、簡単に購入できます

    超音波を使い振動で水を霧状にしているため、こちらもやけどの心配がありません。

    ミストの量もすぐに変更でき、デザインも多彩なので人気が高いです。

    しかし、加熱しないためミストが殺菌されないのが注意点とされています。

    繊細な赤ちゃんにはあまり適さない種類です。

    種類4.良いとこどりなのは「ハイブリッド式」

    「ハイブリッド式」は、他の加湿器の良いところを合わせた加湿器です。

    温めた水を超音波によってミストに変えて放出するため、衛生的で超音波式よりも急速な加湿が行えます。

    また、駆動音が静かなので、就寝時も気になりません。

    以上が、加湿器4種類の紹介でした。

    加湿器に4つも種類があると赤ちゃんにはどれが良いのか悩んでしまう方もいるでしょう。

    そこで、次は赤ちゃんに最適な加湿器を紹介します。

    3.赤ちゃんにはハイブリッド式加湿器が最適!

    (引用:スリーアップ株式会社 ハイブリッド加湿器 Square Mist

    赤ちゃんには、「ハイブリット式加湿器」を選ぶべきです。

    ハイブリット式加湿器なら、加熱しているため衛生的なミストで加湿ができます。

    そのうえ、高温の蒸気を出さないためやけどの心配がありません。

    スチーム式加湿器を選ぶ方も多いですが、重大なやけどを負う子供が急増しています。

    そのため、国民生活センターから注意喚起がなされているのでスチーム式加湿器は避けるべきです。

    その点、ハイブリット式ではやけどの心配がないため、赤ちゃんにも安心して使ってください。

    特にハイブリット式でも『スリーアップ スクエアミスト』が一番人気です。

     
     
     
     
     
    View this post on Instagram
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    はたむさん(@livingston._.h)がシェアした投稿

    見た目はシンプルなデザインで、操作方法はタッチ式とわかりやすくなっています。

    値段も手ごろで、ミストが最も出る設定にしても12時間使用できると性能面も問題ありません。

    商品名 スクエアミスト (スリーアップ)
    購入ページ Amazon / 楽天
    本体サイズ 幅24.3cm×奥行17.7cm×高さ31.5cm
    適用床面積 11畳(目安)
    価格 9,800円+税

    以上が、赤ちゃんに最適な加湿器でした。

    赤ちゃんにとって一番良い加湿器が解ったと思うので、もう悩む必要はありませんね!

    それでは、次は赤ちゃんに加湿器を使う時の注意点をご紹介します。

    4.赤ちゃんに加湿器を使う時の3つの注意点

    赤ちゃんに加湿器を使う時には、以下の3つの注意点があります。

    これらに注意するだけで、加湿器は赤ちゃんにとってより安全なものとなるはずです。

    それでは、順番に注意点を見ていきましょう。

    注意点1.赤ちゃんに直接ミストが当たらないようにする

    赤ちゃんにミストが直接当たり続けると、かぶれてしまいます

    赤ちゃんの肌は繊細なため、すぐにふやけてしまい、その部分がかぶれの原因となることが多いです。

    また、ミストが直接当たっているとその部分から熱が奪われて、身体が冷えます。

    それによって、風邪にも繋がってしまうのです。

    赤ちゃんにミストが当たらないよう、加湿器は必ず離しましょう。

    注意点2.赤ちゃんが加湿器に触れられない対策する

    赤ちゃんが加湿器に触れてしまうと、間違って倒してしまうことがあり危険です。

    また、高い場所に置いても、加湿器のコードを赤ちゃんが触ってしまい、落ちてくることもあります

    加湿器を設置するときは、赤ちゃんが触れられないよう部屋の隅の高さがある場所に置きましょう。

    その際、コードも触れないよう固定させるのが望ましいです。

    注意点3.加湿器はこまめに掃除する

    加湿器はこまめに掃除してください!

    掃除をしないとカビや雑菌が繁殖してしまいます

    また、加湿能力も弱くなってしまいがちです。

    最低でも3週間に1回は、掃除を行うようにしましょう

    以上が、加湿器を赤ちゃんに使う時の注意点でした。

    事前に知っておくことで、十分な対策をとれるのでママも赤ちゃんも安心です!

    ぜひ加湿器を使って、赤ちゃんを健康に育てましょう。

    5.冬は室温にも気を付けよう!

    既に述べたように、赤ちゃんにとって最適な室温は18~22度とされています。

    特に冬は室温が一気に下がるため暖房器具が必須です。

    暖房器具については『赤ちゃんに最適な暖房器具ランキング1位は?賢くお得に利用しよう!で詳しく紹介しています。

    ぜひ参考にして、赤ちゃんに最適な室温にしてあげましょう。

    まとめ

    赤ちゃんには「ハイブリッド式加湿器」が最適です。

    殺菌されたミストが出るため衛生的で、やけどの心配もありません。

    加湿器を使って適切な湿度を保ち、赤ちゃんにとって健康的な環境を用意しましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    2 × three =