赤ちゃんを寝かしつけるポイントは?良い方法や寝ない原因を解説!

最近のコメント

    なかなか赤ちゃんを寝かせることができないという問題は、どこの家庭でも抱えている悩みですよね。

    実は、赤ちゃんを寝かしつけるにはポイントがあります。

    ポイントを押さえて寝かしつければ、赤ちゃんがおやすみタイムを楽しみにすることもあるのです。

    そこで、今回は赤ちゃんを寝かしつける5つのポイント、赤ちゃんがなかなか寝ない原因、赤ちゃんの月齢別寝かしつける方法についてご紹介します。

    赤ちゃんを寝かしつけるポイントを理解して、家族でストレスなく過ごしましょう。

    1.赤ちゃんを寝かしつける5つのポイント

    寝かしつけのポイントを押さえることができると、簡単に赤ちゃんを寝かしつけることができます

    赤ちゃんを寝かしつけるポイントは、以下のようなものです。

    1. 親も体力と精神力を養っておく
    2. 赤ちゃんが寝やすい環境を整える
    3. 赤ちゃんが寝る時間と寝る場所を一定にする
    4. お腹をいっぱいにしてオムツを替える
    5. 赤ちゃんを寝かしつける為のグッズを使う

    以上の5つのポイントについて詳しくお伝えするので、親子にとってぴったりの寝かしつけの方法を見つけてみてください。

    ポイント1.親も体力と精神力を養っておく

    まず、赤ちゃんを寝かしつけるためには親も寝かしつけるための体力や精神力を十分に養っておく必要があります

    寝かしつける人が睡眠不足になっていればイライラしてしまい、赤ちゃんは落ち着いて眠ることができません。

    親が体力をつけることで、赤ちゃんの眠りに対して冷静に対応することができるようになります。

    例えば、親が睡眠不足になっている場合は、赤ちゃんが夜中に起きてしまったときに感情的に怒ってしまうこともあるのです。

    結果的に赤ちゃんが余計に泣いてしまい、親子共に睡眠不足になってしまうことになります。

    そのため、親も必要に応じて昼寝をすることが大切です。

    ポイント2.赤ちゃんが寝やすい環境を整える

    赤ちゃんをうまく寝かしつけるためには、寝かしつけるのに適した環境を用意することが大切です。

    まず、寝室は暑すぎず寒すぎない適切な温度にしましょう。

    赤ちゃんが大量の汗をかいていたり、寒くて体を震えていたりすると、なかなか眠れないのは当然です。

    また、昼寝が多いと昼夜逆転してしまうので、夜に眠ることができなくなってしまいます。

    したがって、昼寝はあまりたくさんせずに、運動や遊びを取り入れることを心がけると良いでしょう。

    そして、夜にお風呂に入れることで、自然な眠りを誘うことができます。

    赤ちゃんにとって寝やすい環境というのは、大人にとっても快適な空間なので、睡眠環境を整えて、心地よく眠れるようにしましょう。

    ポイント3.赤ちゃんが寝る時間と寝る場所を一定にする

    赤ちゃんの睡眠サイクルに合わせて、同じ時間に、いつものベッドで寝かせてあげるようにしましょう。

    毎日一定のスケジュールが繰り返されることで、赤ちゃんは「そろそろこのベッドで寝る時間だ」と思うようになります。

    基本のスケジュールを守ることさえできれば、日によっては寝る時間が少しずれてしまったり、違う場所で寝てしまっても大丈夫です。

    だんだんと、決まった場所と決まった時間に自分で眠ることができるようになります。

    赤ちゃんと一緒にお出かけをするなら、いつものお昼寝の時間に合わせて移動したり、いつもの寝る時間に合わせて帰宅するようにしましょう。

    もちろん毎日完璧に同じスケジュールにすることは難しいので、できる範囲で赤ちゃんに合わせてあげることが大事です。

    ポイント4.お腹をいっぱいにしてオムツを替える

    赤ちゃんをうまく寝かしつけるためには、お腹をいっぱいにしてオムツを替えておくことが大切です。

    赤ちゃんは敏感なので、いろいろなストレスで寝つきが悪くなってしまうことがあります。

    もしも空腹状態なら、それがストレスになって眠れないことも珍しくありません。

    そのため、毎日寝かしつける時間の30分前には赤ちゃんがお腹いっぱいになるように、ゆっくりと授乳してあげるのがおすすめです。

    そして、授乳した後にはオムツが汚れていないかチェックします。

    オムツが汚れている状態だと、気持ちが悪くてぐっすり眠ることができません。

    また、オムツが汚れているままの状態だとオムツかぶれの原因にもなるので、オムツは夜も清潔な状態を保つようにしましょう。

    ポイント5.赤ちゃんを寝かしつけるためのグッズを使う

    赤ちゃんをうまく寝かしつけるために、赤ちゃんが気に入っている物を使ったり、バランスボールを使ったりすると良いです。

    例えば、赤ちゃんが普段から使っているベッドメリーやおしゃぶり、お気に入りの毛布などを使うことで、赤ちゃんが落ち着くことができます

    また、いつも一緒にいる親の匂いがする衣服をかけてあげることで安心でき、スヤスヤと眠ることができるでしょう。

    そして、抱っこするときには、バランスボールに乗ったり、スクワットをしてみるのもおすすめです。

    同じ動きを繰り返すことは赤ちゃんが安心できるので、だんだん眠たくなってくるでしょう。

    以上が、赤ちゃんを寝かしつけるためのポイントでした。

    ここで、赤ちゃんがなかなか寝ない原因も確認しておきます。

    2.赤ちゃんがなかなか寝ない原因

    赤ちゃんが寝ないのには、赤ちゃん側の要因と、環境的な要因があります。

    なかなか赤ちゃんが寝てくれないのは辛いものですよね。

    それぞれの要因について、順番に確認していきましょう。

    2−1.赤ちゃん側の要因

    赤ちゃん側の要因としては、以下のようなものがあります。

    • お腹が空いている
    • かゆいところがある
    • 歯が生えてきていて痛む
    • 授乳後にゲップが出なくて苦しい
    • 寂しかったり、不安な気持ちがある
    • 病気のサイン

    赤ちゃんを寝かしつける前には、お腹いっぱいにさせて、きちんとゲップをさせてあげましょう

    また、体のかゆいところや痛いところがあるかもしれないので、注意してみてあげます。

    そして、寂しがらないようになるべく一緒にいる時間を多くして、スキンシップをとるようにしましょう

    また、もしかすると何か病気の恐れもあるので、もし寝ない状態が続くようなら一度病院で診てもらうと良いです。

    2−2.環境的な要因

    環境的な要因としては、以下のようなものがあります。

    • オムツが汚れている
    • 照明が明るすぎたり、暗すぎたりする
    • 気温や温度が適切でない
    • カフェインの含まれている飲み物や食べ物を摂取した
    • 衣服の着心地が悪い
    • 興奮している状態
    • 生活リズムが乱れている

    赤ちゃんをうまく寝かしつけるためには、赤ちゃんが眠る場所の環境を整えましょう

    明るさや気温などを適切にし赤ちゃんの衣服やオムツの居心地が悪くないか確認してください。

    また、寝る前にカフェインの入った飲み物や食べ物は摂取させないようにします。

    そして、昼寝はあまりたくさんせず、夜には落ち着いて眠ることができるような環境を整えましょう。

    以上が、赤ちゃんが寝ない要因でした。

    要因に心当たりがあるなら、改善することで寝かしつけやすくなるはずです。

    それでは最後に、赤ちゃんの月齢別の寝かしつける方法を見ておきます。

    3.赤ちゃんの月齢別の寝かしつける方法

    赤ちゃんは月齢ごとに生活リズムや睡眠サイクルが変わってきます。

    月齢によって寝かしつける方法も、変わってくるのです。

    ここでは、赤ちゃんの寝かしつける方法を月齢別に紹介します。

    3−1.0ヵ月〜

    生まれたばかりの頃は、昼夜の区別がついていないので、起きたり寝たりを頻繁に繰り返します

    この時期には、赤ちゃんの睡眠リズムに合わせることが大切です。

    特に寝かしつけようとしなくても、自然に眠ってくれることが多いでしょう。

    3−2.1〜2ヵ月

    この頃になると、赤ちゃんはまとまった時間で睡眠をとるようになります

    昼間にたくさん活動していれば、夜に寝かしつけるのは比較的困ることが少ない時期です。

    できるだけ昼間にたくさん動くようにして、夜にはぐっすりと眠れるようにしましょう。

    3−3.3〜4ヵ月

    この頃になると、だんだんと睡眠リズムができてきます

    授乳ペースも安定するので、たっぷり授乳させると眠るというリズムを作ることも可能になるでしょう。

    赤ちゃんが夜になれば、深い眠りにつくことができるように、授乳ペースを考えるようにしてみると良いです。

    3−4.5〜6ヵ月

    この頃になると、そろそろ離乳食を始める時期です。

    食事や睡眠のタイミングを掴みやすくなる一方で、個性が出てくる時期でもあります。

    そのため、赤ちゃんによっては、寝かしつけるのに困ることもあるでしょう。

    寝かしつけ用の音楽を流したり、絵本を読み聞かせたりするなど、赤ちゃんに合う方法をいろいろと試してみてください

    3−5.7〜8ヵ月

    この頃になると、体もしっかししてきて、意思の主張も激しくなってきます

    赤ちゃんによっては、夜に眠れずに夜泣きをするようになることもあるでしょう。

    寝かしつけるのに困ることもあるかもしれません。

    しかし、寝かしつけに失敗しても焦らずに、抱っこするなどして赤ちゃんを安心させてあげることができればスムーズに寝てくれるようになります

    3−6.9〜11ヵ月

    だんだんと運動量が多くなるので、この時期には、昼間にたくさん活動をしていれば夜にはぐっすり眠ってくれるようになるでしょう

    また、親の生活リズムが夜型の場合は、子供にも影響が出てしまうので注意が必要です。

    昼寝はほどほどにして、早めに食事や入浴を済ませ、夜に眠ってもらうためにスムーズな寝かしつけを心がけてください。

    3−7.1歳以上

    1歳以上になると、大人と同じような睡眠リズムになってきます

    昼間に活動をして、夜になったら寝るという生活習慣を身に着けるために、最も重要な時期です。

    寝る時間と起きる時間を決めて、できるだけ毎日守るようにします。

    睡眠リズムが整うことで、寝かしつけに困ることは少なくなるでしょう。

    まとめ

    赤ちゃんはなかなか寝ついてくれなかったり、すぐに起きてしまったりすることが多く、寝かしつけは難しいと感じているお母さんは多いです。

    赤ちゃんは、睡眠が足りないと不機嫌になってしまったり、体調を崩してしまったりすることもよくあります。

    赤ちゃんを上手く寝かしつける方法を見つけて、母子共になるべくストレスの少ない生活を送れるようにしてみましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    eighteen − seventeen =