チャレンジタッチとは?子供が主体的に勉強する学習グッズ!

最近のコメント

    「子供が勉強が嫌いで、なかなか机に向かわない」
    「学校での成績は大丈夫なのかな?」

    子供が自ら勉強に取り組まず、心配な親御さんもいるかと思います。

    そのようなとき、勉強を無理強いするだけではよくありません。

    今回は、そんな勉強が嫌いな子供でも、自ら進んで勉強に取り組むための学習ツールを紹介します。

    子供が自ら学習する習慣を作れるように、学習環境を整えていきましょう。

    1.チャレンジタッチとはゲーム感覚で学習できるもの

    チャレンジタッチとは、子供がゲーム感覚で学習できる勉強グッズです。

    進研ゼミが提供するサービスで、タブレットで学習できます。

    また、タッチペンでの操作なので、書いて・動かすという子供の脳を刺激し、楽しく学習できる仕組みになっているのです。

    教科書に合わせて考え方から理解でき、応用力まで身につけられる学習ツールになります。

    机に向かって勉強するのが苦手というお子様にはぴったりの学習ツールがチャレンジタッチです。

    以上がチャレンジタッチのおおまかな内容です。

    しかし、「チャレンジタッチで本当に子供が勉強するようになるの?」

    「チャレンジタッチで勉強できる内容は本当に役に立つものなの?」

    と心配される方もいるでしょう。

    ではここからは、チャレンジタッチで学べる学習内容について見ていきましょう。

    2.チャレンジタッチで学べる学習内容

    チャレンジタッチは専用タブレットを使用し、学年に合わせた科目を勉強することが可能です。

    また、新学習指導要領にも対応しており、幅広い内容を学習できます。

    近年の教育業界では、英語とプログラミングに力を入れるような時代の流れです。

    もちろんチャレンジタッチも英語とプログラミングに力を入れる時代に対応して、英語とプログラミングを学習することができます。

    1教科につき約10分程度で、子供が飽きずに学習することが可能です。

    チャレンジタッチの教材内容としては次のようなものがあります。

    1. 毎月取り組む基本教材
    2. 時間・目的に合わせて取り組む特別教材

    これら2つの教材内容について見ていきましょう。

    2-1.毎月取り組む基本教材

    毎月取り組む基本教材の中でも細かく学習内容が分けられています。

    毎月教材で取り組める学習内容は次の2つです。

    1. 理解(メインレッスン)
    2. 定着(とき直し・まとめ問題)

    それぞれどのような特徴があるのか確認していきましょう。

    1.理解(メインレッスン)

    教科書に合わせて「考え方」から理解できます。

    先生が隣にいるようなわかりやすい解説が魅力です。

    2.定着(とき直し・まとめ問題)

    とき直すので学習内容の、理解・定着が可能です。

    その場で採点・解説をされて正しい考え方を理解できます。

    2-2.時間・目的に合わせて取り組む特別教材

    時間・目的に合わせて取り組む特別教材の中は、細かく子供の学習能力を高めるための内容です。

    特別教材は次の4つに分けられています。

    1. 漢字・計算
    2. 思考・表現力
    3. 英語力
    4. 知的好奇心

    これら4つの内容について詳しく見ていきましょう。

    1.漢字・計算

    ゲーム感覚で楽しく漢字・計算練習ができます。

    2.思考・表現力

    もっと力を伸ばしたい方へのレベル別のレッスンがあり、子供の思考力・表現力を高められます。

    3.英語力

    ゲーム感覚で綺麗な発音を覚えられます。

    4.知的好奇心

    幅広く興味を広げてくれる電子書籍があります。

    以上がチャレンジタッチで学べる学習内容でした。

    しかし、「チャレンジタッチって世間ではどのように評価されているの?」

    「チャレンジタッチってどういうところが他の学習教材と比べて優れているの?」

    そう疑問に思われている方もいるかもしれません。

    では次に、チャレンジタッチの口コミや評判について確認していきましょう。

    3.チャレンジタッチの口コミや評判を徹底比較!

    チャレンジタッチの口コミや評判を、メリット・デメリットに分けてそれぞれ見ていきましょう。

    3−1.チャレンジタッチのメリット

    とにかく楽しく学習できるので子供の勉強時間が増えるというケースが多いです。

    勉強時間が増えるので、親からの子供への「勉強しなさい!」という小言も減ります。

    そうすると、子供も親からの小言を受けるストレスが減り、勉強に集中することが可能です。

    そうして勉強に集中して取り組むことで、成績も今までよりも上がり、親としてもチャレンジタッチを導入してよかったと思えるようになります。

    やはり、子供の成績と、勉強への取り組み方は日頃から気になりますよね。

    そこで、チャレンジタッチを導入することで、子供が自ら集中して勉強に取り組むことができるのがチャレンジタッチのメリットです。

    3−2.チャレンジタッチのデメリット

    チャレンジタッチにも使用法によってはデメリットがあります。

    チャレンジタッチのデメリットは、真面目ではない子供はご褒美アプリのゲームばかりやってしまうということです。

    チャレンジタッチにはご褒美アプリがダウンロードできる仕組みになっています。

    なので、勉強に飽きてしまった子供は、本来やるべき学習に取り組まず、ゲームをやってしまう可能性があるのです。

    子供がゲームをやりすぎないように親が、子供の学習の進み具合を確認するなどの対策が必要ですね。

    勉強の息抜きとしてたまにゲームをやるのは良いことですが、子供がゲームをやりすぎないように注意しましょう。

    以上がチャレンジタッチのメリットとデメリットでした。

    しかし、「チャレンジタッチの月額料金ってどれくらいするの?」

    「かかるお金以上に子供の勉強の成果が出るの?」

    そうお考えの方もいると思います。

    では次に、チャレンジタッチの具体的な月額料金について見ていきましょう。

    4.チャレンジタッチの月額料金

    チャレンジタッチの月額料金は安いのか?高いのか?払った以上のリターンがあるか?

    そんな疑問を解決するためにチャレンジタッチの費用を他塾と比較して確認していきましょう。

    4−1.チャレンジタッチの費用を他塾と比較すると?

    チャレンジタッチの費用は他塾と比べて圧倒的に安いです。

    進研ゼミ小学講座の、1年生のチャレンジタッチを例に出して他塾と比較してみましょう。

    一般的な塾の月額料金の相場は約6,948円と言われています。

    しかし、1年生のチャレンジタッチの月額料金はなんと2,926円です。

    一般的な塾とチャレンジタッチの月額料金の差は、約4,022円。

    明らかにチャレンジタッチのコストパフォーマンスが良いことがわかります。

    毎月の固定費が高くなるのは大変ですよね。

    しかしチャレンジタッチは一般的な塾と比べてはるかに安いです。

    月額料金をなるべく安く抑えて、子供に勉強をさせてあげたいという人はチャレンジタッチをオススメします。

    以上がチャレンジタッチの月額料金についての説明と他塾との比較でした。

    「では、チャレンジタッチを契約したいけど、もし子供に合わないと感じた場合は気軽に退会できるの?」

    そう疑問に思われる方もいるかもしれません。

    では次に、もしチャレンジタッチが子供に合わないと感じた時に、退会する方法について確認していきましょう。

    5.チャレンジタッチを退会する方法

    チャレンジタッチを退会するには電話で問い合わせれば、退会することができます。

    電話での退会の問い合わせは、利用者の会員番号が必要です。

    必ず手元に会員番号を用意しておきましょう。

    また、ネットでの退会はできません。

    なので退会は必ず電話での問い合わせになります。

    そして注意しなければいけないのが、契約から6ヶ月未満に退会すると「違約金」が発生してしまう点です。

    チャレンジタッチは6ヶ月以上継続して受講しないと専用タブレットの代金を払わなければいけません。

    この違約金の内容は、専用タブレット代の14,800円です。

    ただし、タブレット本体は返却する必要はありません。

    ちなみに、6ヶ月以上受講してからの退会は違約金が発生しないのでご安心ください。

    まとめ

    チャレンジタッチは、便利な学習教材です。

    上手く学習管理をすれば楽しく勉強の習慣を身に付けることができます。

    どうしても、「子供が勉強机に向かわなくて困っている」というお悩みをお持ちの保護者様は、チャレンジタッチを子供の学習環境向上のために導入しましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    11 − 3 =