子供の育て方にはコツがあった!子育てを成功させるための方法は?

最近のコメント

    「もしかしたら自分の子供の育て方は間違っているかもしれない。。」とお悩みではないでしょうか?

    子供の育て方にはコツがあり、知らなければ悩むことは珍しくありません。

    知っているだけで毎日の子育てが楽になるので、コツを押えておくべきです。

    この記事では、子育てのコツを解説しながら、IQが高い子供にする育て方や性別で変わる子育てのポイントを解説します。

    強い感受性を持つ子供の育て方も確認して、子供の能力を最大限に引き伸ばしてあげましょう。

    1. 子供の育て方のコツは失敗を当然だと思うこと!

    子育ての最大のコツは、子供は失敗して当然だと思うことです。

    子供は、失敗をする天才だと言えます。

    そのため失敗しても叱らずに、子供にはさまざまな体験をさせてあげてください。

    子供は失敗して成長するものなので、失敗するたびに落ち込んでいても仕方ありません。

    失敗は成功のキッカケだと考えてある程度諦めの心を持ちながら気長に育てていくのが良いです。

    イライラしてしまうことがあっても自分を責めずに、周りに適度に愚痴りながら育てていきましょう。

    以上、子供の育て方のコツを紹介しました。

    基本的な心構えとしては、失敗も当然だということです。

    普段の子育てに慣れてきたら、「IQが高い子供に育てたい」と思うかもしれません。

    ここからは、IQが高い子供にする育て方3つのポイントを見ていきましょう。

    2. IQが高い子供にする育て方3つのポイント

    IQが高い子供にする育て方のポイントは、以下の3つです。

    1. 本を読み聞かせる
    2. 褒めて育てる
    3. さまざまな事にチャレンジさせる

    これらのポイントを押さえておくことで、子供のIQを高めていくことができます。

    それでは、それぞれのポイントを順番に見ていきましょう。

    ポイント1. 本を読み聞かせる

    IQが高い子供に育てるためには、積極的に本を読み聞かせてあげてください。

    IQが高い子供たちは、そのほとんどが小さい頃から本を読んでいます。

    大切なのは、子供を本好きにしてあげることです。

    まずは、絵本から始めていき、徐々に文章量の多い本に切り替えていきましょう。

    読み聞かせの入門としてぴったりの絵本は、たとえば以下のようなものがあります。

    (引用:Amazon公式ウェブサイト

    商品名 頭のいい子を育てるおはなし366−1日1話3分で読める オールカラー
    購入ページ Amazon / 楽天
    本体サイズ 縦24.2 x 横19.4 x 奥行き4.2 cm
    価格 2484円(税込み)

    ポイント2. 褒めて育てる

    IQが高い子供に育てるためには、たくさん子供を褒めてあげてください。

    周囲から褒められ認められることで、子供の才能は開いていくのです。

    褒めるときは、「結果」だけでなく「過程」や「努力」も合わせて褒めてあげましょう。

    反対に、厳しく叱ったり暴力を振るったりすると、子供の才能の芽を摘んでしまいます。

    幼少期の親との関わり方は、子供の才能に大きく影響を与えるものです。

    子供は失敗も多いですが、その分さまざまな成功もしています。

    子供の能力を伸ばしたいなら、褒めて育てるようにしましょう。

    ポイント3. さまざまな事にチャレンジさせる

    IQが高い子供に育てるためには、さまざまな事にチャレンジさせてあげてください。

    幼少期の子供は、どんな分野で才能が開花するのかわかりません。

    したがって、さまざまな事を体験させてあげて興味のある事を増やしていきましょう。

    屋内だけではなく、適度に外でも遊ばせてあげることで、心身ともに健やかな子供を育てるのが良いです。

    以上、IQが高い子供にする育て方のポイントを紹介しました。

    これら3つのポイントを実践することで、子供の能力を最大限に伸ばしてあげてください。

    ちなみに、自分の子供の感受性の高さに悩むこともあるかもしれません。

    ここからは、強い感受性を持つ子供の育て方3つのポイントを見ていきましょう。

    3. 強い感受性を持つ子供の育て方3つのポイント

    強い感受性を持つ子供の育て方のポイントは、以下の3つです。

    1. 感情を受け止める
    2. 穏やかにしつける
    3. 良い面を伝える

    これらのポイントを押さえておくことで、子供の強い感受性と上手に付き合っていくことができます。

    それでは、それぞれのポイントを順番に見ていきましょう。

    ポイント1. 感情を受け止める

    強い感受性を持つ子供を育てるには、子供の感情を受け止めてあげることが大切です。

    たとえば、「めそめそしないの!」というような言葉で、子供の感情を否定してはいけません。

    それよりも、子供を抱きしめて安心させてあげることが重要です。

    そうすることで、子供は自分の気持ちを理解されていると感じます。

    成長に応じて子供が不安定な感情を示すことも減ってくるので、焦らずに子供の強い感受性と上手に付き合っていきましょう。

    ポイント2. 穏やかにしつける

    強い感受性を持つ子供は、なるべく穏やかにしつけることを心がけてください。

    必要以上に叱ったり、暴力を振るったりすると、子供は不安感や劣等感に苦しめられてしまいます。

    したがって、子供をしつけるときは、一貫したルールで穏やかな姿勢を取るべきです。

    穏やかにしつけることで、子供に安心感を与えて健やかな感情を育てることができます。

    またルールがある理由を説明してあげて、守らなかったときの結果について話し合っておくのも効果的でしょう。

    ポイント3. 良い面を伝える

    子供の強い感受性について良い面を伝えることも、大切なポイントです。

    感受性が強いことは、ユニークな視点で物事を捉えられることや、情熱を持って物事に取り組めることがメリットだと言えます。

    このように強い感受性の良い面を伝えてあげることで、子供は自信を持てるのです。

    あわせて、物事に敏感なことは悪くないと伝えることで、あなた自身も子供の強い感受性を認めてあげてください。

    以上、強い感受性を持つ子供の育て方のポイントを紹介しました。

    これら3つのポイントを実践しながら、子供の強い感受性と上手に付き合ってあげてください。

    ちなみに、性別によっても子育てのポイントが変わってきます。

    ここからは、性別によって異なる子供の育て方のポイントを見ていきましょう。

    4. 子供の性別で良い育て方のポイントは変わる?

    男の子と女の子では、それぞれ育て方のポイントが異なります。

    それぞれの性別での子育てのポイントは、以下の通りです。

    1. 男の子には毅然とした姿勢で接する
    2. 女の子には自尊心を傷つけないように接する

    これらのポイントを押さえておくことで、子育ての問題を解消しやすいです。

    それでは、それぞれのポイントを順番に見ていきましょう。

    ポイント1. 男の子には毅然とした姿勢で接する

    男の子を育てるときは、毅然とした姿勢で接しましょう。

    なぜなら男の子は、相手に対して気持ちを発散する力が強いためです。

    これは身体的なパワーだけでなく、「しつこく粘る」というようなコミュニケーション上の押しの強さにも表れます。

    このような押しの強さに対して、親は毅然とした姿勢で接する必要があるのです。

    大事なのは、「しつけに一貫性を持つ」ことだと言えます。

    なぜなら男の子は、「昨日は良くて今日はダメなんておかしい」と反論してくる傾向が強いからです。

    したがって男の子を育てるときは、しつけに一貫性を持って毅然とした態度で接するようにしてください。

    ポイント2. 女の子には自尊心を傷つけないように接する

    女の子を育てるときは、自尊心を傷つけないように接しましょう。

    なぜなら女の子は、自尊心が強く、親の何気ない言動によってその子の自信が揺らいでしまう傾向があるためです。

    したがって、相手の気持ちを尊重した褒め方や叱り方を心がけましょう。

    たとえば褒めるときは、子供が頑張ってきた過程や努力も褒めるのです。

    また、叱るときは性格的な部分を非難しないで、問題となった言動だけを具体的に指摘して改善を促します。

    このように、相手の出方に敏感である女の子の特徴を踏まえた接し方を心がけてください。

    以上、性別ごとの子育てポイントを紹介しました。

    ここまでさまざまな子供の育て方を紹介しましたが、どうしても子供が手に負えないと感じたら専門家に相談するのも一つの方法です。

    最後に、専門家に子育ての相談をすることについて見ていきましょう。

    5. 子育てについて専門家に相談したほうが良い?

    子供の「気難しさ」や「感受性の強さ」が家庭では手に負えないと感じたら、様々な専門機関に相談することも一つの方法です。

    相談するときは、以下のような専門機関をあたってみてください。

    専門機関名 費用
    保健センター 無料
    子育て支援センター 自治体により異なる(診療報酬に基づいた金額で算出した料金)

    このような専門機関は、子育てに関する幅広い相談に乗ってくれます。

    手に負えないと感じたら、一人で悩まずに相談してみてください。

    一人だけで悩まずに話に行くことで、気持ちをリフレッシュできるはずです。

    まとめ

    子供の育て方のコツは、失敗を当然と考えて、完璧を追い求めないことです。

    IQが高くしたり、強い感受性を持つ子供の育て方にはそれぞれ特徴があるため、しっかりとポイントを押さえる必要があります。

    また男の子と女の子では、それぞれの特徴に合わせて接するよう心がけてください。

    もしも家庭では手に負えないと感じたら、専門家の力を借りることも考えましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    two + fifteen =