批判的思考とは?思い込みを捨てて本質を見極める目を養おう!

最近のコメント

    批判的思考という言葉についてお調べですね。

    批判的思考は、物事の前提を疑って多角的に洞察していく思考法のことです。

    現在では、一部の高校や大学でも取り入れられるようになってきました。

    批判的思考は、ビジネスの場面でも大いに役立ちます。

    批判的思考の意味や必要な理由を理解し、実践できるようになりましょう。

    批判的思考の例も交えて詳しく解説していきますので、ぜひ習得してください。

    1.批判的思考とは

    批判的思考とは、物事の前提を疑うことで最適解を導き出す思考法のことです。

    「批判的」という言葉から粗探しをするというイメージを持つ人もいますが、正しくありません。

    批判的思考は、本来考えるべき課題を考える、論理の前提を疑う、思考の偏りに気付くという特徴を持ちます。

    例えば、思考をしている最中に希望的観測から結論を出してしまうことは、多々ありますよね。

    また、どんな人にも思い込みや思考のクセがあり、解釈によって真実は変わってしまいます。

    批判的思考法では、そうした要素を極力排除して前提条件を正しく設定し、正しい結論に導く思考法なのです。

    2.批判的思考が必要な理由

    批判的思考法は、様々な角度からの検証により、従来の考え方や慣行に囚われない新しい考え方やアイデアを導くために必要です。

    これまでは、どちらかというと論理的思考が重要視されてきました。

    批判的思考を知らない人も、論理的思考を知っている人は多いと思います。

    論理的思考は、シンプルに答えを絞り込むことに優れた思考法です。

    ただ、前提条件が間違っていた場合、誤った答えを導いてしまう危険が論理的思考にはあります。

    目まぐるしく変化している近年のビジネス環境では、様々な検証が必要です。

    様々な検証により、何を捨て、何を取り入れるべきなのかを見極めることができます。

    そのため、批判的思考が昨今のビジネスシーンで必要とされてきているのです。

    3.批判的思の例

    UQ WiMAX

    まずは論理的思考法で考えた場合を見てみましょう。

    飲食店で「売上が落ちているので改善したい」という経営課題があったとします。

    従業員で原因を話し合ったところ、「近所に競合店が出店したからだ」という意見が出ました。

    その意見から、競合店の差別化を図りサービスの充実を行うという結論に至ります。

    一見すると、間違っていないように見えますよね。

    しかし、原因と結論の因果関係がかなり曖昧です。

    批判的思考では一つの可能性だけではなく、様々な原因を多角的に考えます。

    例えば、売上減少は競合店の出店という外的要因だけではなく、従業員の接客や態度など内的要因があるかもしれません。

    また、メニューに飽きたことによる顧客離れも考えられます。

    こうした多角的な検証により、何をどうすればどれくらいの売上が出せるか知ることが出来るでしょう。

    4.批判的思考ができない人の3つの特徴

    批判的思考ができない人は課題中心ではなく感情中心に考えてしまう人です。

    ここからは、批判的思考がなかなかできない人の特徴を3つ挙げて紹介していきます。

    批判的思考ができない人の特徴に当てはまっていないかチェックしてみてください。

    特徴1.自分の考えに固執して、違った意見が受け入れられない

    自分の考えに固執してほかの人の意見が受け入れられない人は、批判的思考に向きません。

    思い込みや解釈の余地が大きければ大きいほど間違った結論になりがちです。

    これまでの経験や直感による意見も重要ではありますが、他の人の意見も聞いてみましょう。

    自分とは違う視点であったとしても同じゴールに向かっています。

    異なる意見を受け入れあった時に初めて最適解を見つけられるのです。

    特徴2.他の人の意見を鵜呑みにしてしまう

    他人の意見を鵜呑みにしてしまう人も批判的思考ができていません。

    声の大きい人の意見はよく通るといいますが、とても危険です。

    実際、自信満々の人の意見は、正論のように思えてきますよね。

    ただ、自信満々なことと正しい意見かは別問題なので分けて考えましょう。

    「本当にそうなのか?」と考えることで鵜呑みにすることはなくなります。

    特徴3.他の人のアドバイスが生かせない

    批判的思考の力が足りないと、他の人のアドバイスを生かせずにいます。

    アドバイスが生かせない人は、表面的にしかアドバイスを受け取れていません。

    結局、本質がとらえられていない状態になっているからです。

    他の人からのアドバイスは聞くだけではなく、しっかりと腑に落としましょう。

    一度自分の中で反芻して考えることで行動が変わってきます。

    自分が抱えている課題と指摘してもらったアドバイスを擦り合わせる作業を覚えましょう。

    5.批判的思考を身に付けるための3つのトレーニング方法

    では、批判的思考はどうやったら身につくのでしょうか。

    批判的思考法を身に付けるためのトレーニング方法を3つ紹介していきます。

    自分にできるものから徐々に試して、是非批判的思考を身に付けてください。

    方法1.インプット、アウトプットを繰り返す

    まずは、批判的思考が苦手な人はインプットとアウトプットを繰り返しましょう。

    インプットだけだと頭でっかちになってしまいますし、アウトプットだけだと他人の意見が受け入れられません。

    自信がない人は、必要な知識をまずインプットをしましょう。

    インプットする量が増えれば、自ずと自分の意見に自信がついてきます。

    自信がつけば他人の意見に流されることも、頑なに自己主張することもなくなるのでしょう。

    また、アウトプットすることで異なる意見に触れることができます。

    他の意見に触れることで、また新しい価値観が生まれるので、インプットが終わったらアウトプットをしましょう。

    方法2.主張に対して批判する

    批判的思考が出来るようになるためには、人の主張に対して批判するようにしましょう。

    はじめはうまくできないと思いますが何度も繰り返すうちにできるようになっていきます。

    批判というのは文句を言うことではなく矛盾点に対して客観的な事実を投げかけることです。

    多くの主張はなんらかの前提をもとに作られています。

    その前提条件を疑い、投げかけることから始めてみてください。

    繰り返していくことで自然と批判的思考は身に付きます。

    「本当にそうなのか?」と感じた瞬間には逃さず批判していきましょう。

    方法3.常にフレームワークで仮説を立てる

    意見をまとめたいときには常にフレームワークで仮説を立てましょう。

    自分の頭で情報を組み立てようとすると偏りが出ます。

    プレゼンテーションであればPREPの法則やライティングならばPASONAなどのフレームワークです。

    こういった既に多くの人に使われ一般化しているものは思考の質を高めてくれます。

    ぜひ意見をまとめたいときにはフレームワークで仮説を立ててみてください。

    まとめ

    批判的思考とは、物事の前提を疑うことで最適解を導き出す思考法のことを言います。

    論理的思考とは違い、多角的な要因から考えることで間違いを防ぐのが狙いです。

    批判的思考を身に付けた人はどんな物事も客観的に見ることができるようになります。

    思い込みや常識に囚われずに本質を見抜くことはこれからの社会に必須なスキルです。

    ぜひ身に付けてビジネスパーソンとしてさらなる飛躍をしていってください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    twenty − 17 =