教育格差とは?日本の現状を知って子供のために3つの対策を取ろう!

最近のコメント

    「子供の友達が塾に入って成績がアップしたらしいけれど、ウチでは塾にお金は出せないなぁ。。」とお悩みではないでしょうか。

    ひょっとすると、あなたの子供と周囲の子供との間には、教育格差が起きているかもしれません。

    教育格差を解消するためには、環境・制度・子供それぞれへの理解を深めることが大切です。

    この記事では、教育格差について解説しながら、親が取るべき3つの対策を紹介します。

    教育格差の対策を知って、我が子のために良い教育環境を整えてあげましょう!

    1. 教育格差とは?リアルな現状を紹介!

    教育格差とは、子供の学習環境によって教育のレベルに差が生じてしまうことを指します。

    教育格差には、以下のような2つの現状があると言われています。

    1. 貧困格差
    2. 地域格差

    以上、2種類の教育格差の現状を知って、子供のために何ができるのかを考えていくようにしてください。

    それでは、それぞれ順番に見ていきましょう。

    1−1. 貧困格差

    日本の子供の7人に1人は、経済面で厳しい状況にあります。

    この貧困格差の現状は、厚生労働省の『平成28年 国民生活基礎調査の概況』によって明らかになりました。

    つまり、7人に1人の子供は、学習塾などでの充実した教育を受けることができていない可能性がデータによって示されているのです。

    なお、2012年まで「子供の6人に1人が経済面で厳しい状況」であったため、多少の改善はされています。

    しかしながら、依然として高い水準を保っていると言えるでしょう。

    以上、貧困格差の現状を紹介しました。

    7人に1人という貧困格差の割合は、決して低いものではありません。

    さらに、教育格差には地域格差という問題もあります。

    ここからは、もう一方の地域格差の現状について見ていきましょう。

    1−2. 地域格差

    日本の都市部と地方を比べると、教育環境の充実度に差があります。

    つまり、日本の教育レベルは全国一律に保たれていません。

    たとえば、子供が多い都市部では、海外の文化を取り入れたオープンスクールが導入されています。

    オープンスクールとは、学年にとらわれない柔軟な教育の場です。

    また、パソコンやタブレットを使用した授業を導入しているところも少なくありません。

    それとは反対に、地方では都市部のような教育設備が整っていない現状があります。

    たとえば、子供が少ない地方では、生徒の数によっては全学年合同での授業で、習熟度に合わせた教育が困難です。

    このように、子供の数によって地域格差は生まれています。

    以上、地域格差の現状を紹介しました。

    「一体なにが原因で教育格差は起こるのだろう?」と疑問に思った人もいるはずです。

    ここからは、そんな教育格差の原因について見ていきましょう。

    2. 教育格差の原因とは?

    教育格差の原因を探るためには、それぞれの格差を分けて原因を考えることが大切です。

    1. 貧困格差の原因
    2. 地域格差の原因

    以上、2種類の原因を知って、教育格差の対策につなげてください。

    それでは、それぞれ順番に見ていきましょう。

    2−1. 貧困格差の原因

    貧困格差の大きな原因は、家庭の経済的貧困にあります

    そのため、裕福な家庭と貧困家庭との間で教育レベルに差が出るのです。

    裕福な家庭環境であれば、私立を含めた学校の選択肢や習い事の選択肢が広がります。

    さらに、近年では学習塾や通信教育によって、学校の勉強を先取りする子供は多いです。

    それとは反対に、貧困家庭では、学習塾や通信教育を利用することが困難だと言えます。

    そのため、教育にお金をかけられるかどうかで、子供の勉強の進み具合や理解度が大きく変わるでしょう。

    以上、貧困格差の原因について解説しました。

    ここからは、もう一方の地域格差の原因について見ていきましょう。

    2−2. 地域格差の原因

    地域格差の大きな原因は、都心に人が集中することで地方の人が減るという地域過疎化にあります。

    たとえば、子供の数が少ない地方では、都市部に比べて学習塾や習い事の施設が少ないです。

    つまり、「地方に生まれた」というだけで、子供の教育環境に大きな差が出ています。

    以上、教育格差が起こる原因について解説しました。

    自分の子供に教育格差が生じているかもしれないと思った人もいるのではないでしょうか。

    しかし、子供が教育格差に苦しまないように、親が対策できることが3つあります。

    教育格差について親が取るべき対策を知って、子供のために何ができるのかを考えていくようにしてください。

    ここからは、そんな教育格差の3つの対策について見ていきましょう。

    3. 教育格差について親が取るべき3つの対策

    教育格差について親が取るべき対策は、以下の3つです。

    1. 自分の子供の環境を知ろう
    2. 費用をかけずに子供の学力をアップさせよう
    3. 子供の心に耳を傾けよう

    以上、3つの対策を取ることで、子供が教育格差に苦しまないようにしてください。

    それでは、それぞれ順番に見ていきましょう。

    対策1. 自分の子供の環境を知ろう

    まずはじめに、自分の子供の環境を知ってください。

    つまり、教育格差の現状を踏まえて、分の子供が置かれている状況をしっかりと理解しておきましょう。

    たとえば、自分たちの住んでいる地域の教育が都心と比べて遅れていると感じたら、インターネットや通信教育を使ってカバーすることができます。

    また、他の家庭に比べて教育へお金がかけれなくても、お金がかからない方法で質の高い教育を受けさせてあげる工夫ができるはずです。

    したがって、まずは子供が置かれている状況を客観的に見つめて、できることを考えていきましょう。

    他にも子供の置かれている状況次第では、日本の制度を利用して教育格差を解決できる場合があります。

    ここからは、費用をかけずに子供の学力をアップさせる方法について見ていきましょう。

    対策2. 費用をかけずに子供の学力をアップさせよう

    あなたが貧困格差で悩んでいるならば、日本の制度を利用して教育格差を解決することも考えましょう。

    貧困格差を解決するために役に立つ制度は以下の2つです。

    1. 学校外教育バウチャー制度
    2. 奨学金制度

    以上、2つの制度を利用することで、費用をかけずに子供の学力をアップさせることができます。

    それでは、それぞれ順番に見ていきましょう。

    対策2−1. 学校外教育バウチャー制度

    学校外教育バウチャー制度とは、学校外の教育(塾など)を利用するときに使える割引クーポンのことを指します。

    学校教育バウチャー制度の利点は以下の3つです。

    1. 学校外教育のみに使い道が限定されている
    2. 子供自身が自分で利用したい教育サービスを選択できる
    3. 地域の教育事業の活性化につながる

    以上、3つの利点を持つ学校外教育バウチャー制度を利用して、費用をかけずに子供の学力をアップさせましょう。

    なお、学校外教育バウチャー制度についてもっと詳しく知りたい場合は『公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンのページ』を参照してください。

    対策2−2. 奨学金制度

    奨学金制度は、大学生になる子供がいる場合に利用できる制度です。

    奨学金制度では、学びたい意欲のある子供たちが学ぶための費用を民間企業が支援してくれます。

    奨学金は返さなければならないケースが多いですが、中には返還不要の給付型奨学金もあるので知っておくべきです。

    奨学金については学校から書類が配られることが多いので、必ず確認しましょう。

    対策3. 子供の心に耳を傾けよう

    一般的に、貧困家庭に育った子供は、学業へのやる気を失いがちであると言われています。

    なぜなら、貧困格差は、子供の力ではどうすることもできないと諦めてしまうからです。

    そのため、学校外教育バウチャー制度や奨学金制度などを受けさせようとしても、子供が勉強する意欲を持たないと意味がありません。

    自分の子供は「勉強ができなくて劣等感を抱いているのではないか」「本当はもっと学びたいと思っているのではないか」というように、子供の心にしっかりと耳を傾けてあげましょう。

    じっくりと話し合いを行っていけば、自然と子供のやりたいこともわかるはずです。

    焦って教育に取り掛かろうとするのではなく、子供の意思も尊重しながら今後の道を決めていってください。

    まとめ

    教育格差とは、子供が受けることのできる教育に差が生じることです。

    教育格差の代表例として、貧困格差・地域格差があります。

    教育格差について親が取れる対策は、環境・制度・子供への理解を深めることです。

    貧困格差で悩んでいる場合には、学校外教育バウチャーや奨学金制度の利用を考えてみてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    1 + 4 =