過保護とは?過干渉との違いや改善するための対処法を紹介!

最近のコメント

    「もしかして過保護な子育てをしてしまっているかもしれない。。」とお悩みではないでしょうか。

    過保護とは、行き過ぎた子育てをしている状態のことを指します。

    過保護な状態が続いてしまうと、子供の成長を妨げてしまうかもしれません。

    この記事では、過保護について解説しながら、過保護な親が持つ特徴や改善するための対処法を紹介します。

    過保護な状態を改善して、しっかりと子供を自立させていきましょう。

    1. 過保護とは?

    過保護とは、行き過ぎた子育てをしてしまう状態のことです。

    過保護の親は、子供の力を信じてあげることができていません。

    そのため、子供のすることに何でも口を出してしまうのです。

    また子供が一人でできるはずのことにも、手を貸してしまったりします。

    こうした親の行動は、子供の成長を妨げてしまう可能性が高いです。

    たとえば、子供が将来的に自立できなくなってしまったり、社会で通用しない大人になってしまうおそれがあります。

    したがって過保護の状態は、子供のためにも改善していくべきです。

    以上、過保護の意味について解説しました。

    ところで「過保護は過干渉とはどう違うのだろう?」と思う人も多いはずです。

    ここからは、そんな過保護と過干渉の違いを見ていきましょう。

    1−1. 過保護と過干渉との違いは?

    過保護と過干渉の違いは、親のもつ自信の強さにあります。

    過保護は、過剰に心配したり甘やかしてしまう状態のことです。

    それに対して、過干渉の親は自分の敷いたレールから子供が逸れることを嫌います。

    つまり過干渉とは、親の過剰な自信による子供への押し付けです。

    過干渉の親は、子供が困っているときに、子供の考えに反して自分の意思に従わせようとする傾向があります。

    このように、過干渉の親は、とにかく自分に対して過剰なくらい自信を持っているのです。

    もしもこのような特徴に当てはまるならば、子供に過干渉してしまっていることを疑った方が良いでしょう。

    以上、過保護と過干渉の違いを解説しました。

    意味を確認して、「やっぱり自分は過保護かもしれない。。」という人も多いはずです。

    ここからは、過保護な親が持つ特徴を見ていきましょう。

    2. 過保護な親が持つ3つの特徴

    過保護な親が持っている特徴は、以下の3つです。

    1. 心配をしすぎて過剰な行動を取ってしまう
    2. なんでも手伝ってしまう
    3. 子供が欲しがる物をすぐに買い与えてしまう

    このような特徴に心当たりがあるなら、あなたは子供を過保護に育てているかもしれません。

    それでは、それぞれの特徴を順番に見ていきましょう。

    特徴1. 心配をしすぎて過剰な行動を取ってしまう

    過保護な親が持っている特徴の1つ目は、心配しすぎて過剰な行動を取ってしまうことです。

    過保護な親は、子供が何かをしたがったり初めてのことをするときなどに、心配しすぎてしまいます。

    たとえば、子供が幼稚園に通い始めるときについて考えてみましょう。

    過保護の親は、子供の様子が気になって、頻繁に幼稚園に見に行ってしまうことがあります。

    また子供が成長して友達と遊びに行くとなると、どこで何をしているのか気になって頻繁に連絡をしたりすることもあるのです。

    このように過保護な親は、子供の心配をしすぎて過剰な行動を取ってしまう特徴があります。

    特徴2. なんでも手伝ってしまう

    過保護な親が持っている特徴の2つ目は、なんでも手伝ってしまうことです。

    たとえば、おもちゃの片付けや着替えなどの子供が1人でもできることを手伝ってしまいます。

    なかには、塗り絵や勉強まで手助けしてしまうケースも少なくありません。

    このように、親が何でも手伝ってしまうことで、子供はそれに甘えてしまいます。

    そのため子供の中で、困ったらすぐに親を頼ればいいという考えが生まれてしまうのです。

    また場合によっては、子供の自立を邪魔してしまう可能性もあります。

    特徴3. 子供が欲しがる物をすぐに買い与えてしまう

    過保護な親が持っている特徴の3つ目は、欲しがる物をすぐに買い与えてしまうことです。

    子供は欲しい物があると、駄々をこねて買ってもらえるようにお願いをします。

    そんなとき大抵の親は、すぐに買い与えるようなことはせず、子供に我慢をさせるものです。

    しかし過保護な親は、子供の欲しがる物を欲しがるたびに買い与えて喜ばせようとする特徴があります。

    欲しい物を我慢することは、子供にとって必要な経験です。

    何でも買い与えられ我慢をしないで育ってしまうと、我慢の大切さを知らない大人に育ってしまうかもしれません。

    以上、過保護な親が持つ3つの特徴を紹介しました。

    特徴に当てはまっているようなら、原因を理解した上で改善する必要があります。

    ここからは、親が過保護になってしまう原因を見ていきましょう。

    3. 親が過保護になってしまう2つの原因

    親が過保護になってしまう原因は、以下の2つです。

    • 原因1. 子育てに自信がない
    • 原因2. 子供扱いしすぎてしまう

    過保護に心当たりがある方は、これら2つの原因をしっかりと押さえておいてください。

    それでは、それぞれの原因を順番に見ていきましょう。

    原因1. 子育てに自信がない

    親が子育てに自信がないことが原因で、過保護になってしまうケースがあります。

    成長してある程度の年齢になった子供には、ほとんど必ず思春期や反抗期がやってくるのです。

    しかし過保護な親は、思春期や反抗期の子供に対してどのように接するべきなのか、自信がありません。

    そのため、とにかく子供が曲がった生き方をしないように、過剰に手をかけてしまうのです。

    原因2. 子供扱いしすぎてしまう

    親が過保護になってしまう原因の2つ目は、子供扱いしすぎてしまうことです。

    過保護な親の中には、「子供はいつまで経っても子供のまま」という考えがあります。

    そのため、親としての使命をいつまでも強く持ち続けていることがあるのです。

    親としての使命を強く持っていると、「親がやってあげないといけない」と捉えて、何事にも手をかけてしまいます。

    このように手を掛けすぎていると、子供の自立を邪魔してしまうことになるのです。

    以上が、過保護になってしまう原因でした。

    原因がわかったところで、過保護を改善するための対処法を見ていきましょう。

    4. 過保護を改善するための対処法は?

    過保護を改善するための対処法は、以下の3つです。

    1. 子供に完璧を求めない
    2. 最後は子供に選ばせる
    3. 仕事や趣味を持って子供と離れる

    これら3つの対処法をしっかりと押さえて、過保護の状態を改善してください。

    それでは、それぞれの対処法を順番に見ていきましょう。

    対処法1. 子供に完璧を求めない

    子供に完璧を求めるのではなく、その子の努力を認めてあげましょう。

    過保護な親は、子供に完璧を求めすぎているケースが多いです。

    子供に完璧を求めるために「親がやってあげた方が良い」という考えから、つい子供に手をかけてしまいます。

    また過保護な親は、他人の子供と比較してしまいがちです。

    過保護の状態を改善するためには、自分の子供そのものを受け入れてあげてください。

    そうすることで、子供に自然と自信をつけさせることができ、あなたにも自信がつきます。

    対処法2. 最後は子供に選ばせる

    子供に関わることは、最後は子供に選ばせてあげてください。

    子供が小さい頃は、着る洋服はあなたが決めていたかもしれません。

    しかし小学校への入学を目安に、自分で着る服を選ばせましょう。

    たとえば、その日の気候に合わない服を着たいと子供が言ったとしたら、体調に注意しつつ本人に着る服を選ばせてあげてください。

    なぜなら、子供が選ぶことで、自分で判断する力が養われるためです。

    また習い事や進学先なども、最後は子供に選ばせましょう。

    全部親が決めてしまうと、自分で洋服も選べず、どこで働けば良いかも選べない大人に成長してしまう可能性が高いです。

    徐々に子供が自分でなんでも選べるようになっていけば、自然と過保護になることも減るでしょう。

    対処法3. 仕事や趣味を持って子供と離れる

    仕事や趣味などを持つことで、子供と離れる時間を持ちましょう。

    過保護な親は、仕事や趣味をもっていない人が多いです。

    仕事や趣味がないと時間に余裕があるので、必要以上に子供への関わりが強くなってしまいます。

    そのため、常日頃から子供のことを考えてしまうのです。

    過保護を改善するためには、意識的に子供と離れる時間を持ちましょう。

    仕事や趣味を通して社会や他人と関わることで、子育てに程よく力が抜けるきっかけになります。

    以上が、過保護を改善するための対処法でした。

    できることから実践して、過保護から卒業していきましょう。

    まとめ

    過保護とは、行き過ぎた子育てをしてしまう状態のことです。

    過保護な親は、子供に対する不安が強すぎるあまり、ときに異常な行動を取ってしまいます。

    過保護な状態が続いてしまうと、子供が自立できなくなることもあるのです。

    したがって子供にしっかりと自立してもらえるよう、今のうちから過保護の状態を改善していきましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    18 − 18 =