過干渉の親にならないための3つの接し方とは?過保護と過干渉の違いを解説

最近のコメント

    もしかしたら自分も過干渉な親になっているのではないかと不安になってはいませんか。

    過干渉とは、求められていないのに必要以上のことを強いることを言います。

    何気ない接し方も知らず知らずのうちに過干渉になっている場合もあるので注意が必要です。

    そこで、当記事では過干渉の内容や、過干渉な親になっていないかチェックしながら過干渉な親にならないための方法を紹介していきます。

    過干渉について理解を深め、子どもの自立心の成長を促していきましょう。

    1.過干渉と言われる親とは

    過干渉と言われる親は、求められていないのに必要以上のことを強いる親のことです。

    親本人に自覚がないもののコントロールしようとし、子どもは従うしかないので苦しんでいます。

    もちろんどの親も「こういう風に育ってほしい」という想いを持って子育てをしていますよね。

    ただ、それが子どもの意見や意志を全く聞く耳を持たなくなっている場合は過干渉な親です。

    自分の価値観を押し付けて強制することはやめましょう。

    2.どこからどこまでが過干渉?

    過干渉な親は、大抵の場合が無自覚です。

    少し自覚があったり、「危ないかも」と思っていても基準が分からず悩んでいる場合もあると思います。

    過保護という言葉と比較しながら、過干渉な親になっていないかチェックしていきましょう。

    2-1.過保護と過干渉の違い

    過干渉と過保護の違いは、行動を強制するかしないかの違いです。

    過干渉は、子どもが頼んでもいないのに先回りして行動を強制します。

    過保護は、子どもに言われたことを全部親がやってしまう状態です。

    どちらも親、もしくは子どもに偏りすぎている状態なので、健全な関係とは言えません。

    過保護も過干渉も、子どものためを想って行ってしまうことなので自制が必要です。

    まずは徹底的にしつける過干渉と、とことん子どもの言う通りにしてしまう過保護の違いを理解しましょう。

    2-2.過干渉チェックをしてみよう

    過干渉チェックで自分が過干渉な親になっていないか振り返りましょう。

    ・1日1回以上「~しなさい」と言っている

    ・子どもが行きたくない習い事や塾に無理やり行かせている

    ・3ヶ月以内に子どもから暴言を吐かれた

    ・子どもとは勉強や受験の話が5割以上になっている

    ・最近子どもに強く言いすぎて子どもが引きこもった

    ・家庭で守らないといけないルールが5つ以上ある

    ・1ヶ月に2回以上、自分のイライラが原因で子どもを叱ったことがある

    もし、このリストに2つ以上当てはまる場合は過干渉傾向アリです。

    5つ以上当てはまる場合は完全に過干渉な親になっています。

    互いのコミュニケーションのあり方について話したほうが良いでしょう。

    3.過干渉になりやすい親の3タイプ

    過干渉チェックで当てはまる項目の多かった人は驚いたのではないでしょうか。

    当てはまった項目の少なかった人はホッとしたことでしょう。

    実は、過干渉な親になりやすいタイプというものがあります。

    特徴を3つにまとめたので紹介していくので、過干渉な親になる傾向がないか点検してみてください。

    タイプ1.自分と子どもを重ねる

    過干渉になりやすいタイプは、自分と子どもを重ねる親です。

    過干渉になりやすい親の中でも、特に同性の子どもに対して自分を重ねてしまう傾向があります。

    特に、父親なら息子、母親なら娘に対して「自分ならこうする」と思ってしまうからです。

    血が繋がっていても、自分と子どもは、別の人間ということを忘れないようにしましょう。

    タイプ2.共働きやワンオペ育児で忙しい

    共働きやワンオペ育児で忙しい親も、過干渉になりがちです。

    忙しいと子どもの行動を待てず、先に決めてしまうことが増えます。

    任せていると失敗も増えるのでついつい先回りして準備してしまう親も多いです。

    忙しい時に待っていられない気持ちは分かりますが、どんどん過干渉になってしまうので注意しましょう。

    タイプ3.自分にも子どもにも完璧を求める

    過干渉な親になりやすい人には、自分にも子どもにも完璧を求める傾向があります。

    ヘリコプター・ペアレントという言葉が一時流行りましたが、まさにこのタイプです。

    ヘリコプター・ペアレントとは、子どもが失敗しそうになるとすぐ手や口を出す親のことを言います。

    このタイプの親は、子どもの失敗が自分の失敗のように感じて耐えられません。

    そのため、失敗しそうになったり他人に責められそうになるとすぐ登場して対処してしまうのです。

    自分にも子どもにも少し寛容になりましょう。

    4.過干渉にならない子どもへの接し方

    過干渉になりやすい親だからと言って必ず過干渉になるとはいえません。

    過干渉にならずに子育てをしている親もいます。

    過干渉な親にならないための接し方をまとめたので参考にしてみてください。

    接し方1.子どもを信じて待つと主体性が育つ

    子どもが何かしようとしているときは信じて待ちましょう。

    信じて待つことで主体性が育ちます。

    主体性を育てるために一番良いのは、子どもにどうしたいか考えさせて、自分で行動してもらうことです。

    信じて待つのは勇気が必要ですが、できる限り待ってあげましょう。

    接し方2.失敗が成長に繋がると信じると好奇心が育つ

    失敗が成長に繋がると信じて、あえて失敗すると分かっていても見守りましょう。

    失敗を経験することで子どもは失敗に慣れます。

    失敗に慣れると挑戦することが怖くなくなり、好奇心旺盛な子が育つのです。

    親が子どもの失敗を事前に取り除いて、子どもの経験を減らさないようにしましょう。

    失敗の積み重ねで精神的に強い子に育ちます。

    接し方3.親自身の考える時間を作ると適切な距離感が保てる

    過干渉な親になってしまう人は、どものことを考える時間が多すぎます。

    時には親も、自分自身のことを考える時間を作りましょう。

    自分自身に時間を費やすことで、子どものことに口を出す時間が減ります。

    そうすれば、自然と子どもとも適切な距離感で関係を作ることができるのです。

    まとめ

    過干渉な親とは、求められていないのに必要以上のことを強いる親のことです。

    過干渉な親は、結果として子どもの成長のきっかけを摘み取ってしまいます。

    しかも無意識に過干渉な親になってしまうことがほとんどです。

    「可愛い我が子に成功してほしい」「傷付かないでほしい」と思う気持ちは分かりますが自制をしましょう。

    信じて任せることで子どもも大きく成長しますし、いい親子関係も築けます。

    過干渉にならずに子育てができれば、自立心のある子に育つこと間違いありません。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    18 + one =