ギフテッドの特徴を知りたい!見極め方や子供の才能を伸ばすコツとは?

最近のコメント

    「飛び抜けた才能があるギフテッドってどういう子?」と気になっていますね。

    ギフテッドは飛び抜けた才能を持つ子供のことを指します。

    勉強だけではなく、運動や芸術などで特殊な才能を持っているのです。

    全てのギフテッドが、早熟でハキハキ受け答えできる優秀性タイプ、というわけではありません。

    そこで今回は、ギフテッドの特徴や見極め方、家庭で伸ばすコツなどを紹介していきます。

    「もしかしてうちの子はギフテッド?」と感じたら特徴を確認し、才能を伸ばしていきましょう。

    1.ギフテッドの特徴

    ギフテッドとは、同年代の子供に比べて抜きんでた才能を持つ子のことです。

    以下の3つの特徴があります。

    1. 同年代より優れた才能を持っている
    2. 理解力が早い
    3. 興味関心のあることに夢中になる

    まずは、ギフテットの特徴を理解することが大切です。

    子供は早熟なだけなのか、それとも特別な才能なのかが分かるはずです。

    特徴1.同年代より優れた才能を持っている

    同年代の子に比べて、際立った才能を持っている特徴があります。

    周囲の人が「あの子はちょっと違う」と感じることが多いです。

    ギフテッドの子は、幼少期から他の子より抜きんでた才能を見せてきます。

    特徴2.理解力が早い

    ギフテッドの子は理解力が早く、話の途中でも「あ、そっか!」と先を読みます。

    通常、何回も説明する必要があるのに、ギフテッドの子は1回の説明で全てを把握してしまうのです。

    飛び抜けて理解力が早いのも、特徴の1つといえます。

    特徴3.興味関心のあることに夢中になる

    ギフテッドの子は、自分の興味関心のあることに夢中になります。

    集中し過ぎて、親の声掛けなど周囲の音が耳に入らないほどです。

    ご飯の時間になっても、「これが終わってから!」と返答します。

    2.ギフテッドかどうかを見極める方法

    ギフテッドかどうかを見極めて、子供の才能を見つけましょう

    残念ながら、日本ではギフテッドかどうかを見極める機関はほとんどありません。

    親が気がつきやすい、以下の3つの方法で見極めていきましょう。

    1. 語彙力が多い
    2. 運動能力や芸術センスがずば抜けている
    3. 自分で解決の糸口を考えようとする

    家だけでは同世代の子と比較することが難しいです。

    サイエンス講座などのイベントに参加をして子供の様子をみてください。

    方法1.語彙力が多い

    ギフテッドの子は会話をしていて語彙力が多く、大人と同じ感覚で会話をします。

    早熟なだけだど、大人の真似をしたがって使いますが、ギフテッドの子は語彙の意味を理解しているのです。

    同世代の友達といる時、会話を注意深く聞き、自分の子供との違いを探っていきましょう。

    方法2.運動能力や芸術センスがずば抜けている

    運動能力や芸術センスがずば抜けて、大会やコンクールで賞をもらいます。

    親からの英才教育ではなく、天性の才能を発揮するのです。

    当の本人は「出来て当然」という感覚でいます。

    方法3.自分で解決の糸口を考えようとする

    難しい問題に出会っても、すぐに誰かに頼らず自分で解決の糸口を考えます

    親が口出しすると、「自分で考えたいから!」と言って助け舟を断るのです。

    自分の能力を最大限に引き出そうとします

    3.ギフテッドの能力を伸ばすコツ

    日本ではギフテッドに対する支援も欧米に比べて遅れ気味なので、各家庭任せとなっているのが現状です。

    ここでは、簡単に家庭でできるギフテッドの子の才能を伸ばすコツを紹介していきます。

    ギフテッドの能力を伸ばすコツは以下の3つになるのでしっかり確認してください。

    1. 家庭環境を整える
    2. 子供の話に耳を傾ける
    3. 新しいことにチャレンジさせる

    日本では、ギフテッドの能力を伸ばす公的機関はほとんどないので、家庭で行うことが大切です。

    「我が子の才能を伸ばしたい」と考えたら、実践していきましょう。

    コツ1.家庭環境を整える

    子供が関心を寄せているものを準備しましょう。

    たとえば、絵を描くことが好きなら、スケッチブックやクレヨン、絵具、色鉛筆などの画材セットを常備してください。

    好きなことに集中できる環境を整えることで、才能を伸ばすことができるはずです。

    コツ2.子供の話に耳を傾ける

    子供の話に耳を傾け、気持ちを理解するようにしましょう。

    会話をしていくことで、子供の興味関心をキャッチできるようになります。

    関心のある場所に行ったり、子供の好きそうな本などを揃えておくと、子供の意欲を高めるはずです。

    コツ3.新しいことにチャレンジさせる

    新しいことにチャレンジさせて、刺激を与えましょう

    そうすることで、興味関心の幅が広がり更に才能が開花する可能性があります。

    「何かやりたいことある?」と聞いて、チャレンジさせることを意識してください。

    4.ギフテッドを育てる時の3つの注意点

    ギフテッドの子は才能がある代わりに、悩みを抱えることもあります

    同世代の子より抜きんでいるため、学校や人間関係で悩みやすいのです。

    以下の3つの注意点があります。

    1. 学校が退屈になる
    2. 同年代の子と話が合わなくなる
    3. 周囲の人が理解してくれない

    3つの注意点を知り、ギフテッドの子の気持ちを理解するよう意識しましょう。

    注意点1.学校が退屈になる

    学校の学習指導は、クラスの平均よりやや下の子に進度を合わせる傾向があります。

    そのため、ギフテッドの子は授業や宿題内容におもしろさを感じられず、嫌気がさすのです。

    家庭では子供が好きなことに集中して取り組める環境を作り、ストレスを抱えないようにしていきましょう

    注意点2.同年代の子と話が合わなくなる

    ギフテッドの子は同年代のこと感覚が違うため、話が合わなくなることがあります。

    ひとりひとり考えが違うことを説明し、自分の子供と似た感覚を持った子がいる習い事に通わせるなどしましょう。

    そうすることで、孤立を防ぐことができるはずです。

    注意点3.周囲の人が理解してくれない

    才能が抜きんで居ると、周囲の人が理解してくれないことがあります。

    とくに、学校で抜きんでてしまうと「目立ちたがり屋」と陰で言われて傷つくこともあるのです。

    「出る杭はグンと伸びれば叩かれない」と子供を励まし、声掛けをしてサポートしましょう。

    5.ギフテッドに多い2Eとは

    ギフテッドとは突出した才能を持つ子のことを指しますが、2Eと呼ばれるタイプのギフテッドもいます。

    2Eとは、ある才能が抜きんでいる代わりに、極端に不得意なものもある子のことです。

    たとえば、思い通りにならないと大声を出し迷惑をかけるけど、独創的で天才的な絵を描くという子も2Eといえるでしょう。

    ここでは、ギフテッドに多く見られる2Eについて説明していきます。

    才能を感じるけど、アンバランス過ぎる子は2Eの可能性もあるので確認していきましょう。

    2Eの注意点と育て方

    ギフテッドの中でも2Eと呼ばれるタイプの子は、発達障害と下されるケースもあります

    落ち着きがなかったり、集中して話を聞けないなどの面ばかり取り上げられるので、才能に気づかれないことがあるのです。

    2Eのギフテッドの育て方は、子供のプラス面を受け止めて才能を伸ばすようにしましょう。

    子供を育てる時、マイナス面を気にして苛立ちがちになるものです。

    しかし、子供の将来のためにも得意な分野を伸ばしておくと、より充実した人生を送れます。

    子供のことを思い、好きなことや才能を引き出すように意識しましょう。

    まとめ

    ギフテッドとは、同年代の子より優れた能力を持っている子供のことです。

    日本では認定する機関がないので、家庭で見極めたり能力を伸ばす必要があります。

    子供の力を最大限に伸ばすためにも、しっかりと観察してギフテッドの可能性があるか探りましょう。

    同年代の子より理解力も高いため、学校で退屈していないか気をつけることも大切です。

    より子供が自分の才能を発揮できるよう、家庭でサポートすることを意識してください

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    5 × five =