女の子の育て方は母親が見本!愛され女子に育てる方法を公開します!

最近のコメント

    「女の子は育てやすい」と言われていますが、初めての女の子の育て方は分からない事も多いですよね。

    娘には誰からも愛されて、将来は素敵な人に出会ってもらいたいと願うもの。

    母親は同性として気持ちが分かる反面、女の子に寄せる期待も大きくなるので注意が必要です。

    そこで、愛され女子への正しい導き方や年齢別の育て方の注意点について解説します。

    女の子の特徴を知って、楽しみながら子育てをしましょう。

    1.愛される女の子に育てる3つの育て方

    誰からも愛される女の子は明るく可愛らしいイメージがあります。

    愛されるという特性はこれから大人になっていく上で、大きな自信に繋がるのです。

    見た目の可愛さだけではなく、内面的にも素敵な女性は誰からも好かれます。

    幼い頃から愛され女子の基盤を作って、自信を持った女の子に育てましょう。

    愛される女の子に育てるにはどんな育て方があるのか説明します。

    育て方1.愛されているという実感を持たせる

    愛されているという実感をもっている女の子は、伸びやかで明るいく優しい子になります。

    「お父さんもお母さんも、私のこと大好きなの!」と感じることは自己肯定をはぐくむ結果に。

    自分を認めることが出来れば、自然と自信もついてくるのです。

    成長していく過程で自分に自信が持てるということは、多少の困難にも負けない心を育てます。

    もし、自分に自信が持てないままだとすぐ諦めてしまう癖がつきネガティブ思考になってしまうのです。

    愛されるという実感を持ってもらうには「認めてあげること」が重要。

    誰かと比べて評価すると傷ついてしまい、愛されているという実感は得られなくなってしまいます。

    「〇〇ちゃんはできたのにどうしてできないの?」と言われたら悲しくなりますよね。

    「〇〇ちゃんは凄いね!上手にできたね」と小さな事でも認めてあげること。

    褒められると愛されていると感んじ、自信がついていきます。

    育て方2.人のせいにしない謙虚さを身に付ける

    人のせいにしない謙虚さは女の子の品位に関わります。

    自分の思い通りにいかず人のせいにするようになると、大人になってもその癖は抜けません。

    品のある女性は愚痴を言ったり、失敗しても人のせいにしたりはしないものです。

    幼い時は小さな失敗を繰り返し成長していきます。

    謙虚さのある女の子に育てるためには、失敗をしても親はその姿を応援してあげるようにしましょう。

    万が一、失敗して他人から指摘されても、素直に聞き入れ次は失敗しなように見守ってあげます。

    問題をクリアできた時は子供と一緒に喜ぶことで失敗からの達成感を味わえるのです。

    子供は親や周囲の大人を見て育ちます。

    親が毎日のように愚痴ばかりこぼしていては、素直な気持ちや他人への尊敬の念が育っていきません。

    謙虚さを身に付ける為にも子供の前では愚痴を言わないようにしましょう。

    育て方3.「きちんと」できるクセを付けさせる

    「きちんと」できるクセを付けることは女子力を高める最も重要事項です。

    たとえば、おもちゃで遊んだあとは元の場所に片付けたり、脱いだ靴を揃えたりなどできるようにさせてください。

    小さなことから自分でできるようにしておきましょう。

    女の子は小さい内から女性としての気質を充分持ち合わせているものです。

    男の子に比べて美しいものに惹かれますし、可愛いものも大好きです。

    「きちんと」できることには女性としての美しさも伴います。

    小さなことでも「きちんと」できた時は褒めてあげると、次第に自分でできる喜びを覚えていきます。

    将来社会に出た時に役立つ「マルチタスク能力」にも繋がる「きちんと」できるを高めてあげましょう。

    2.女の子の年齢別で見る育て方の注意点

    女の子の年齢別で見る育て方の注意点を紹介します。

    「女の子は育てやすい」とよく言われますが、子育てには母親との関わり方が重要です。

    優しく思いやりのある女の子に育てるには年齢別で押さえておきたいポイントがあるので見ていきましょう。

    注意点1.0歳~1歳

    0歳~1歳は優しく語りかけてあげて、いい音楽や美しい景色に触れさせることで豊かな感性が育っていきます。

    女の子は男の子よりも聴覚に優れているといわれています。

    たとえ言葉の理解ができないとしても「今日はいいお天気だよ」「お花が綺麗に咲いているね」など優しく状況を伝えてあげましょう。

    お母さんの優しい表情と語りかけに赤ちゃんも安心しますよ。

    また、外へお出掛けすると綺麗な景色やいいにおいなど感性を育てる材料がたくさんあります。

    1歳になると歩ける様になってくるので積極的にお出掛けすると良いでしょう。

    歩くようになると行動範囲も広くなり、色々なことに興味を持つようになります。

    遊びの中で腕の筋肉や体幹を鍛えるように促して、親が見守りながら活発に感性を育てましょう。

    注意点2.2歳

    2歳になるとおしゃべりも上手になってきますよ。

    おしゃべりが出来ると同時に「イヤイヤ期」にも突入して自己主張もするようになります。

    一方で、女の子特有の感性や想像力も豊かに育つ時期です。

    特に母親の真似をしたがる年頃なので、メイク道具をいたずらしたりおしゃれをしたがったりします。

    母親がイライラしたりせずに、子供と一緒になっておしゃべりをしたりメイクごっこをしたりして楽しみましょう。

    注意点3.3歳~6歳

    3歳~6歳は「自分でやる」気持ちを尊重してあげる時期です。

    3歳になると「自分」という土台ができ始めなんでもやりたがるので、まずはやらせてみましょう。

    失敗してもいいのです。

    むしろ失敗から学ぶことが沢山あります。

    親が「自分でやる」気持ちを否定したり、手を出し過ぎると、女の子は自己否定をして「自分でやらなく」なってしまいます。

    身の危険を伴うこと以外は、見守ってやらせてみましょう。

    注意点4.7歳~10歳

    7歳~10歳になると小学生になり、家庭以外に自分の世界ができるようになります。

    小学校に行くようになるとお友達との付き合いも盛んになって、トラブルが起きることも。

    お友達と喧嘩をしたときは、イライラしたり落ち込んだりすることがあるので注意が必要です。

    特に、女の子はグループを作って行動する特徴があります。

    けんかをしたことで、お友達に無視をされたりいじめに発展したりする可能性もあるのです。

    子供の小さなSOSを見逃さないように、普段からコミュニケーションを大切にしましょう。

    注意点5.11歳以降

    11歳以降になると女の子は思春期に突入していきます。

    心も身体も大人に近づいていく時期です。

    親に反発するような言動も見られるようになりますが、娘の人格を否定するようなことは決して言わないようにしましょう。

    ルール違反をしたら、何がいけなかったかを冷静に伝えるようにすることが重要です。

    また、女の子は身体の変化も大きく精神的にも不安が大きくなる時期。

    不安からくるイライラあることを親が理解してあげることが大切です。

    3.女の子に与える母親の影響

    女の子に与える母親の影響は子育てにおいてとても大きなポイントです。

    特に女の子は人間観察が得意なので、同性である母親の真似をしながら成長していきます。

    影響力が大きな母親がどのように娘と接すればいいか見ていきましょう。

    影響1.母親が明るく元気に過ごす

    母親が毎日明るく元気に過ごすと娘の考え方もポジティブになっていき、人生を楽しむようになります。

    逆に毎日退屈で愚痴ばかり言っている母親の元で育ってしまうと、ネガティブ思考になってしまうので要注意です。

    まずは、母親が趣味や仕事で楽しく過ごす姿を見せることで娘もその姿に刺激を受けるようになります。

    親子で共通の趣味を見つけると、娘のチャレンジ精神を養うことができるようになりますよ。

    影響2.母親に相談しやすい

    母親に相談しやすい環境は、娘にとっては大切です。

    友達関係や自身の将来のことで悩んだ時は、悩みを打ち明けてもらえるように日頃から会話をすることが重要となります。

    常に「親は自分の味方をしてくれる」という意識があれば、自然に悩みも打ち明けてくれます。

    女同士だからこそ分かり合える悩みもあるので、話しにくい恋愛についてもカジュアルに話せる環境作りが大切です。

    影響3.母親は女性の先輩

    母親は女性の先輩でもあります。

    娘は幼い頃から母親の背中を見て育っていきます。

    趣味嗜好や、服の好みまで参考にして成長してもよく似ていることがあるのです。

    母親は生きる見本となり、娘の共感を得ることで目標の女性像となっていきます。

    4.女の子の子育ておいての父親の役割

    女の子の子育てにおいての父親の役割もとても大きな意味を持ちます。

    娘が小さな頃はよく懐いて一緒に遊んだのに、成長するにつれ父親とは話もしなくなるケースがあります。

    父親は娘にとって、人生で初めて接する異性です。

    父親と娘のいい関係を築くための役割を見ていきましょう。

    役割1.母親のサポート

    母親のサポートをして、父親も積極的に子育てに参加しましょう。

    子育ては母親だけがするもので、父親は外で働くものと昔は考えられていましたが、今は違います。

    母親の子育てにおける負担は大きく、全て任せられた母親が常に幸せな気持ちでいることは難しいのです。

    母親がいつも幸せでいられるかは父親のサポートにかかっています。

    例え、夫婦で喧嘩をしたとしてもすぐ仲直りをすることを心掛けましょう。

    夫婦が互いを慈しみあい支え合う様子を見せることで、女の子は安心して成長していきます。

    役割2.理想の男性像の見本

    父親は理想の男性像の見本となります。

    娘は、一番身近な異性の父親から男性像を学んでいくので責任は重大です。

    いざという時に頼れる存在の父親は、母親からの評価も高く尊敬される存在になります。

    まずは、夫婦間の信頼関係を高めることで娘からの信頼も厚くなっていきます。

    将来、娘が恋愛して結婚する時の相手選びにも大きく影響する父親の存在。

    娘が小さい時から積極的に関わっていきましょう。

    まとめ

    女の子の育て方には母親が大きな影響力をもたらします。

    同性として気持ちがわかる半面、期待もしてしまう女の子の子育てですが娘の個性を受け止めて見守ることが大切です。

    生きていく上でのモデルとなる母親が毎日楽しく過ごすことで、娘は愛され女子へと成長していきます。

    同じ女性として時には友達のように過ごせる親子関係を目標に、楽しんで子育てをしましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    17 + nineteen =