高校生の金銭感覚を育てるお小遣いとは?おすすめのルールもご紹介!

最近のコメント

    このページには、高校生のお小遣いを考えるときに便利な情報をまとめています。

    お小遣いには、【お金の大切さを知り、貯蓄する習慣】や【計算してモノを買う方法】などを身に着ける効果があります。

    そこで、お小遣いを決める際に欠かせない【適切な金額】や【ペナルティやご褒美などのルール】を学び、子供の金銭感覚を養いましょう!

    1.高校生のお小遣い平均額

    図1 高校生のお小遣いの平均額(参照:知るぽると)

    ※2015年度 金融広報中央委員会による全国の高校生20,689人を対象にした調査

    高校生のお小遣い額は、毎月5000円が最も一般的です。

    金融広報中央委員会の調査(図1)によると

    • 最も回答の多い小遣いは、5000円、平均値は5114円
    • 最も額の多いお小遣いの額は、5000円以上7000円未満
    • 80%弱がお小遣い7000円未満

    という結果が報告されています。

    1か月あたり7000円以上という回答もありますが、少数派のようですね。

    お小遣いの額は、家計の事情だけでなく、使い道で変わってきます。

    お小遣いの使い道が分かれば、適切なお小遣いの額も決めやすくなります。

    それでは、高校生はお小遣いを何に使っているのでしょうか?

    2.高校生のお小遣いの使い道

    表1 高校生のお小遣いの使い道(参照:知るぽると)

    1位

    友達との外食・軽食代

    89%

    2位

    おやつなどの飲食物

    88%

    3位

    休日に遊ぶときの交通費

    79%

    高校生は友達付き合いにお金を費やします。

    90%近くの高校生が、お小遣いを「友人との外食・軽食代」や「おやつなどの飲食物」に使っています。

    つまり、お小遣いの額が多くなると、外食が増えたり、おやつを食べすぎたりすることが予想されます。

    そして、浪費を覚えてしまうと、金銭感覚が失われてしまいます。

    友達付き合いは大事ですが、部活や塾など、放課後にやることの多い高校生は、毎月5000円あれば十分でしょう。

    ただし、参考書代、文房具代など様々なお金が高校生には必要ですよね?

    お小遣いが不足し、追加で求められたときは、追加でお小遣いをあげるべきか?やりくりさせるべきか?…など、金銭感覚を養うためのルールを考える必要があります。

    それでは、お小遣いのルールはどのように決めていけば良いのでしょうか?

    3.お小遣いのルールの決め方

    図2 高校生がお小遣いをもらうためのルール(参照:知るぽると)

    お小遣いをもらうルール(図2)から、8割以上、無条件でお小遣いをあげる家庭が多いようです。

    ただし、6割以上の高校生がお小遣い不足で、追加でお小遣いをねだることも…

    そこで、以下のルールを子供と約束してみてはいかがでしょうか。

    “金銭感覚を養うルール”

    1. お手伝い(仕事)をして、お小遣いをあげるルール
    2. 貯金やお年玉をお小遣いの不足時に使うルール
    3. 金の管理は自分で行うルール

    A.お手伝い(仕事)をして、お小遣いをあげるルール→仕事の成果次第で、お金がもらえること(稼ぐことの大変さ)を学べます。

    B.貯金やお年玉をお小遣いの不足時に使うルール→貯金することで、(高額でも)欲しいモノが買えることを学べます。

    C.お金の管理は自分で行うルール→お金の出入りを知ることで、使用できるお金の限界を学べます。

    上記のルールを徹底すれば、【お金の大切さを知り、貯蓄する習慣】や【計算してモノを買う方法】を学ぶことができます。

    それでは、上記のルールを用いて、具体的なお小遣いの考え方を3パターン紹介します。

    4.子供のモデル別お小遣い例

    ①部活・塾に通っているパターン

    最もオーソドックスなパターンです。

    「高校生のお小遣い平均額」で紹介した、毎月5000円をベースに考えましょう。

    そして、お小遣いルールはこちら↓

    “金銭感覚を養うルール~部活・塾に通っているパターン~”

    1. 毎日のお皿洗いを条件に、お小遣いをあげる
    2. 勉強道具以外の理由でお小遣いを増やさない(貯金やお年玉を使わせる)
    3. お小遣い帳でお金の管理をさせる

    特に、1つ目のルールAで、仕事の対価でお小遣いを得られる感覚を養わせましょう。

    また、塾や部活で良い成績を残した場合は、ご褒美をあげても良いです。

    お小遣いのマンネリ化を防ぎ、モチベーションの維持にもつながります。

    ②友達付き合いの多いパターン

    最も浪費が増えやすいパターンです。

    友達が絡み、付き合いや誘惑が増えるため、自分自身で消費のコントロールができなくなります。

    しっかりとお小遣いのルールを決める必要があります。

    例えば↓

    “金銭感覚を養うルール~友達付き合いの多いパターン~”

    1. お皿洗い1回50円、お風呂掃除1回100円…といった変動するお小遣い制度を使う
    2. 勉強道具以外の理由でお小遣いを増やさない(貯金やお年玉を使わせる)
    3. お小遣い帳でお金の管理を毎日することを条件にする

    特に、2つ目のルールBで、お金は計画的に使うモノであることを学ばせましょう。

    ルールを守れなかったときには、ペナルティを課すことも有効です。

    ペナルティは継続を促す程度の難易度で、【お手伝いをさぼる→お小遣いカット】くらいが理想的です。

    (難易度をあげすぎて、やる気を奪わないように気を付けましょう。)

    また、お小遣い制にしているので、前借りなどの要求は却下しましょう。

    計画力の勉強になります。

    ③アルバイトをしている(お小遣いなし)パターン

    図3  高校生のアルバイト事情(参照:知るぽると)

    図2から、自分のためにアルバイトをしている高校生の割合は約2割ほどです。

    少数派ですが、アルバイトの給料で金銭感覚を麻痺させないためのルールは決めましょう。

    “金銭感覚を養うルール~アルバイトをしているパターン~”

    1. 使っていいお金はアルバイト代だけ
    2. テストなどでアルバイトできない期間を考えさせて、貯金を促しましょう
    3. お小遣い帳による自己管理だけでなく、使い道を監視しましょう。

    特に、3つ目のルールCは、お金の監視することで、浪費の抑制になります。

    また、お金のトラブルを未然に防ぐ効果もあります。

    お金の貸し借りトラブルなど、予想されるトラブルは事前に注意をしましょう!

    5.子供の金銭感覚を育てるお小遣いとは?

    表2 金銭感覚のあるお小遣いの使い方

    分類

    説明

    収入

    いつ、どれだけ手に入るか

    毎月5000円手に入る

    支出

    何を、どれだけ使用するか

    友達付き合いで4000円まで使う

    貯金

    どれくらい貯金するか

    毎月1000円は貯金する

    お金に関する知識は、各家庭で教えてあげる必要があります。

    例)

    • 収入→いつ、どれだけのお小遣いが手に入るか考えさせましょう。
    • 支出→何を、どれだけ使ったか把握させましょう。
    • 貯金→「収入の何%を貯金に回す」といった習慣を付けさせましょう。

    これだけでも

    • 【お金の大切さを知り、貯蓄する習慣】
    • 【計算してモノを買う方法の習得】

    といった金銭感覚を育てることができます。

    子供のお小遣いを上手に活用できれば、お金の教育ができ、金銭感覚を育むことができますね!

    まとめ

    お小遣いには、

    • 【お金の大切さを知り、貯蓄する習慣】
    • 【計算してモノを買う方法の習得】

    …などの効果があります。

    そこで、本ページで紹介した【適切な金額】や【ペナルティやご褒美などのルール】を参考にして、

    子供の金銭感覚を養うお小遣いを考えてみてはいかがでしょうか?

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    one × one =