中学生に勉強のやる気を出してもらうには?原因と方法を徹底解説!

最近のコメント

    「中学生の子供がいるけれど、勉強にやる気がないみたい。。」なんて、お悩みではありませんか?

    親から勉強をするように言うだけでは、なかなか子供は勉強に取り組んでくれませんよね。

    実は、中学生が勉強にやる気がないことには、原因があるんです!

    やる気がない原因を取り除けば、勉強にもやる気を出してもらえます。

    そこで今回は、中学生向けの勉強のやる気が出る方法をご紹介するので参考にしてみてください。

    親子で勉強にやる気が出るように取り組み、今よりも積極的に勉強してもらいましょう!

    1.中学生が勉強にやる気がない原因は?

    中学生が勉強にやる気がない原因は、以下のように3つあります。

    少しでも当てはまるものがあれば、そのせいで勉強ができていない可能性が高いです。

    子供に勉強へのやる気を出してもらう方法を見ていく前に、勉強しない原因を理解しておけば成功しやすくなります。

    まずは、それぞれの原因についてを順番に確認していきましょう。

    原因1.集中力がない

    中学生が勉強にやる気がない原因の1つに、集中力がないことが挙げられます。

    勉強に取りかかることはあるのにすぐにやめてしまうのなら、子供にまだ集中力がない可能性が高いです。

    いきなり長時間の勉強を強制せずに、少しずつでも集中できるようにしなければなりません。

    無理やり、「机の前に◯時間は座らせる」というような方法は、意味がないので気をつけましょう。

    原因2.勉強よりも遊びに夢中である

    中学生が勉強にやる気がないときは、勉強よりも遊ぶことに夢中になっているケースもあります。

    中学生になると小学生の頃よりもできる遊びが増えて、勉強以外に熱中することも増えるはず。

    遊びをゼロにすることは難しいので、勉強とのバランスを考えなければなりません。

    友人関係も大切なので、勉強だけをやらせようとするのは避け、両立できるやり方を考える必要があります。

    原因3.思春期ならではの悩みを抱えている

    中学生が勉強にやる気がないとき、思春期ならではの悩みを抱えている可能性があります。

    小学生から中学生になって、いろいろ悩むことも増えているかもしれません。

    たとえば、異性関係や友人関係、クラブ活動での悩みなど、さまざまなものが考えられます。

    そのような場合、ただ勉強をやるように言うだけでは余計に勉強が嫌になることも少なくありません。

    悩みを聞いて、一緒にどうしていくべきかを考えていかなければならないのです。

    以上が、中学生が勉強をやる気にならない原因です。

    「原因はわかったけれど、どうすれば良いんだろう。。」なんて、思っている人も多いと思います。

    それでは、ここからは中学生向けの勉強をやる気にさせる方法を見ていきましょう。

    2.中学生向け、勉強をやる気にさせる方法3選

    中学生向けの勉強をやる気にさせる方法は、以下のように3つあります。

    これら3つの方法を行えば、自分から勉強に取り組んでもらえるようになっていくはずです。

    焦らずに並行して3つの方法に取り組んでいくことがポイントとなります。

    それぞれの方法について、順番に確認していきましょう。

    方法1. 楽しい勉強方法を教える

    子供に勉強のやる気を出してもらうためには、楽しい勉強方法を教えるのが良いです。

    もしも親が勉強を見てあげているなら、時にはクイズ形式にしたり、簡単に解ける問題を多く出して正解する楽しさを教えたりというやり方が考えられます。

    机に向かって問題を解く以外にも勉強に取りかかることはできるので、親子で楽しみながらやってみてください。

    親が勉強を見る習慣がない場合は、一緒に本屋に行って子供が楽しんで勉強できそうな教材を自分で選んでもらいましょう。

    親や学校から与えられた教材ではなく、自分自身で選んだ教材なら、子供も今までより楽しく勉強できるはずです。

    勉強はどのようなやり方でもつまらないものだと考えている子供は少なくありません。

    「勉強ってつまらないと思っていたけれど、楽しいときもあるな」と思ってもらえれば、やる気も出してもらいやすいです。

    勉強の楽しさを伝えて、勉強に取りかかりやすい考え方に変わってもらいましょう。

    方法2. 勉強することのメリットを具体的に伝える

    勉強することのメリットを具体的に伝えることで、勉強へのやる気を出してもらうのも1つの方法です。

    「なんで勉強するのかがわからないからやりたくない」というように子供が考えているときに試してみるべきやり方だと言えます。

    伝えるメリットは子供によって変わるはず。

    たとえば、「将来の目標や夢のために勉強はしておいた方が良い」「行ける学校や就ける仕事の幅が広がる」などです。

    注意するべき点としては、子供自身にとって本当に役に立つメリットを考えなければならないということが挙げられます。

    そのためには、勉強面以外でも子供のことに関心を持ち、深く理解できるように努めるべきです。

    勉強する理由がわかれば一気にやる気を出してくれることもよくあるので、子供にぴったりのメリットを伝えましょう。

    方法3. 話を聞いて信頼関係を作る

    子供の話をしっかり聞いて、親子間の信頼関係を作るのも勉強のやる気を出してもらうには良い方法です。

    特に、子供が何か悩みを抱えているなどの事情で、勉強ができていない場合には有効な手段となります。

    たとえば、放課後は友人関係や恋人との時間をどうしても優先しなければならないこともあるかもしれません。

    子供の悩みや考えを聞いた上で、寄り添ってあげることが重要です。

    もしも放課後に勉強ができないなら、朝の時間や寝る前に少しでもできないのかを相談してみましょう。

    信頼できる親に勉強の大切さや取り組み方を説明されると、「試しにやってみよう」と、思ってもらえることも少なくありません。

    子供から信頼されることは勉強以外の面でも必要なので、意識して子供の話を聞くようにしましょう。

    信頼関係の作り方は?

    親と子の信頼関係を作るためには、以下の5つのポイントを意識して話を聞いてみてください。

    ① 思春期ならではの悩みがあることを理解する
    ② 中学校での生活態度と交友関係を知る
    ③ やる気の出る科目はないかを確認する
    ④ 部活や友人関係とのバランスを考える
    ⑤ 家族のサポートを大切にする

    これらのポイントをおさえておけば、子供と揉めることなく安心して信頼関係を築いていけるはずです。

    やる気のない中学生でも、諦めずに親子で一緒に頑張れば勉強好きな中学生になってもらえます。

    3.やる気のない中学生を勉強好きな中学生にしよう!

    やる気のない中学生も、やる気が出ない原因さえ取り除けば勉強好きな中学生になる可能性は高いです。

    そのためには、勉強することを強制するだけではなく、子供がやる気が出ない原因を知らなければなりません。

    そして、子供にやる気を出してもらうための方法を実践していきましょう。

    たとえば、このような読みやすい教材を紹介してあげることも良いです。

    (引用:「カゲロウデイズ」で中学歴史が面白いほどわかる本 じん(自然の敵P)

    子供に無理をさせすぎず、興味のあることから勉強につなげてあげることも大切です。

    子供に勉強させる際には、やる気が出ない原因が解消されていないまま、焦って無理やり勉強させてしまうことは避けてください。

    親と子の信頼関係を積み上げながら、子供の状況に応じて少しずつ勉強のやる気が出やすい方法を行うのが良いです。

    クラブ活動や友人関係も大切なので、どうすれば勉強と部活や遊びを両立できるのかを親子一緒に考えていきましょう。

    親子で頑張る過程は、勉強面以外でも今後の財産となるはずです。

    長期的にやる気にさせる方法に取り組んで、子供に勉強を好きになってもらってください。

    まとめ

    中学生に勉強のやる気を出してもらうためには、3つの方法があります。

    勉強をやる気にならない原因をしっかり理解した上で、それぞれの方法に取り組めば改善できる可能性は高いです。

    また、それぞれの方法を行う過程で、親子の関係も良くなっていきます。

    焦らずに長い目で見て、子供に勉強に関心を持ってもらいましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    18 − 15 =