キッザニア攻略法を徹底解説!初めてでも大丈夫!

最近のコメント

    「キッザニアに初めて子供を連れて行こうかな」と、お考えですね。

    お仕事疑似体験ができることからお子さまと行きたい場所の中でも人気スポットなのがキッザニアです。

    しかし、夏休みや春休みなどの長期休みの期間は混雑する事が多い場所なので注意しておかなければなりません。

    そこで今回は、120%キッザニアをスムーズに楽しむための攻略法をご紹介していきます。

    攻略法を実践して、子供とキッザニアを満喫しましょう。

    キッザニア攻略法!行くまでの準備が最も大切だった!

    ことわざに「備えあれば憂いなし」とありますが、キッザニア攻略のための言葉にピッタリです。

    キッザニアに行くなら、事前の準備ができているかどうかで大きく運命が変わってしまうと言っても過言ではありません。

    では具体的にはどんな準備がキッザニア攻略成功には必要になってくるのかについて、見ていきましょう。

    まずは、キッザニア攻略には欠かせない事前予約についてです。

    キッザニア攻略は予約するところから始まっている

    キッザニアは事前に予約してチケットを手にするのが基本となっています。

    さまざまな種類のチケットがあるのでそれぞれを理解して予約が必要です。

    お子さまのやりたいお仕事体験が人気のものだった場合は、ONE TWO PLUSチケットの予約を行うと最も楽しめます。

    このチケットは各日先着100名(大人も含め)までが予約でき、2部に最優先で入場できるキッザニア攻略のひとつです。

    1部で体験できなかったお仕事の予約もいち早くできるチャンスもあります。

    予約を最大限に活用するためには、子どものやりたいお仕事を事前に確認しておくことも大切です。

    子どものやりたい仕事を事前確認しておくことが攻略の第一歩!

    未就学児の場合によくある失敗に、親が「体験する仕事をすべて決める」というものがあります。

    なぜなら、列に並んでいてお仕事体験の順番が来てから「やっぱりやりたくない」とお子さまが言い出してしまうことがあるためです。

    この経験は意外に多くの方がしているのであなどってはいけません。

    そんな失敗をしないためには事前にお子さまのやりたい仕事を親が把握しておくことがポイントです。

    キッザニアの公式サイトには多くのお仕事(プログラム)の一覧が用意されていて写真つきで当日どんな体験ができるのかを紹介しています。

    お子さまと一緒に事前にやりたい仕事を5~10個程度決めておきましょう

    未就学児の場合はどんなことをするのかを噛み砕いて説明しておくことが大切です。

    その中から特に人気で混む事が予想されるパビリオンがないかを確認して当日の動きを考える事も攻略法だと言えます。

    キッザニア東京で人気のあるのが「お菓子工場」(森永製菓)のハイチュウづくりができるパビリオンです。

    こちらは入場開始からすぐに予約がいっぱいになり体験できないお子さまも多いお仕事体験になります。

    キッザニア甲子園では「すし屋」(和食さと)でのすし職人が最も人気です。

    キッザニアで「どんなお仕事が体験できるのか?」「子どもが体験したいお仕事は何なのか?」を事前に知っておくことで当日に迷ったりしないことがキッザニア攻略法の一歩となります。

    キッザニア攻略にはパビリオンの配置を知っておくことが必要

    どこに何があるかを把握しておくと当日の行動をイメージしやすくなります

    なので、一度も行ったことがない場合はHPから配置図をダウンロードしておくことが必須です。

    入場していち早くお目当てのお仕事体験をするためには迷わず目的地にたどり着くこともキッザニア攻略には必要になります。

    以上が、キッザニア攻略の事前準備についてでした。

    ここからは、当日に意識するべきキッザニア攻略について見ていきましょう。

    当日の行動でキッザニア攻略が成功する!ポイントは3つだけ

    お子さまのやりたい仕事も決まりチケットの予約もできたら、いよいよキッザニア当日です。

    本当にキッザニアを攻略するためには当日も大切になります。

    今回確認するポイントは以下の3つだけです。

    これらのポイントを意識することで、キッザニア攻略がうまくいくはずです。

    それでは、それぞれのポイントについて、順番に確認していきましょう。

    朝からの行動が肝心である

    キッザニアは朝からの行動がすべての鍵を握るため非常に肝心となります

    チケットの予約をしてあるからと開始時間に合わせて到着すると大変なことになるケースはよくある話です。

    キッザニアではAから始まる複数のグループに分けられて入場する独自のシステムがあります。

    できる限り早く到着して並ぶことが当日の攻略法です。

    待ち時間も無駄にしない

    待ち時間を無駄にしてしまうとお目当ての体験が行えません

    キッザニアのルールのひとつに、予約した仕事体験が終了しないと次の予約を取る事ができないというものがあります。

    入場してすぐにお仕事体験ができた場合はそのあとすぐに食事(ランチまたはディナー)を取ってしまいましょう。

    もし、お目当てのお仕事体験ができない場合、予約時間まで他のパビリオンに並ぶ人が多いです。

    しかしそういう時間だからこそ無駄するべきではありません。

    そのようなときは、ベンチや食べ物を購入できるお店が混む前に食事を済ませるのが良いと言えます。

    初めてキッザニアに来た場合は、お金を預けるための銀行カードを作っておくことも待ち時間を有効に活用できる攻略法です。

    これも混んでいる時間と空いている時間の波があるのでタイミングをみて作ってください。

    お金を預けるATMは帰り際に非常に混雑するので、スムーズに利用するために必要になります。

    親は待っている間も子どものために動いておく

    子どもが体験を行っている間は、親は子どものために動いておくべきです。

    お子さんがお仕事体験している間のママやパパは休憩時間か写真撮影時間に使う人も少なくありません。

    しかし、キッザニアを攻略するためには、パビリオンの待ち時間や最も楽しめる回り方を常に考えておくことが大切になってきます。

    各パビリオンに参加する前はインフォメーションボードを参考に次のお仕事を決めるのが効率よくお仕事体験するための攻略法です。

    どの仕事も20~30分程度かかるので次に体験したいお仕事の予約や並ぶ時間が少ないお仕事を偵察して情報を集めることが大切になります。

    その時にポイントになるのが移動時間が少ないお仕事を探しておくことです。

    以上が、キッザニアに行く当日に意識するべき攻略方法でした。

    ちなみに、遠方から行く場合に知っておきたいキッザニア攻略法もあるので見ておきましょう。

    遠方からなら特に意識するべきキッザニア攻略法とは?

    先程、朝早くに並ぶというキッザニア攻略法を紹介しましたが遠方からだと難しいです。

    しかし、諦めないでください。

    遠方だからこそ意識してほしいキッザニア攻略法があります

    それは、「オリエンテーションツアー」に参加してキッザニアの攻略方法を学ぶことです。

    「オリエンテーションツアー」に参加してキッザニアの攻略方法を学ぶ

    オリエンテーションツアーに参加して並ばずにお仕事体験が3つもできるというキッザニア攻略法を利用してみてください。

    遠方からだと朝一番に並ぶことは大変ですがこの方法なら楽しくキッザニアを体験できます。

    また、キッザニアのシステムも詳しく説明してもらえます。

    お仕事は事前に選べませんが、初めてキッザニアを体験するお子さまやパパやママにとって最適なツアーです。

    迷って疲れてはてたうえ、お仕事も1つくらいしか体験できなかったなんてことを回避できるため、まずはオリエンテーションツアーに参加しましょう。

    その他には、全てのプログラムが英語で行われるEAPツアーに参加すると並ばずに5つ、または3つお仕事体験する事ができます

    しかも曜日によってどのお仕事ができるか事前に決まっているのでやりたいお仕事が決まっている場合、その曜日のEAPツアーに予約すると英語にも触れられるので一石二鳥です。

    まとめ

    今回は初めてのキッザニアでも120%楽しめるように、さまざまな角度からキッザニアの攻略法を紹介しました

    キッザニアを攻略するためには事前の準備や当日の行動など親の行動で8割決まります

    お子さまの笑顔や楽しい思い出のためにもぜひ攻略法にチャレンジしてみてください。

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    three × 5 =