子育てでイライラは当たり前!イライラの原因や解決方法を探ろう

最近のコメント

    子どもが生まれてから、子育て中にイライラしてしまって悩んでいませんか?

    慣れない子育てにイライラして爆発してしまうママはたくさんいます

    でも、イライラするばかりでは、ママが疲れてしまいますよね。

    そこで今回は子育てのイライラを解消する方法を詳しく解説。

    子育てのイライラを解消して楽しく子育てをしましょう。

    1.子育て中にイライラしてしまうのは普通のこと

    産後のママは、慣れない子育てで疲れは溜まります。

    本当は穏やかでいたいのに、イライラして母親失格なのではと落ち込むこともあるでしょう。

    そんなママほど、子どものことをたくさん考えられるママなのです。

    子どものためにも、イライラしてしまうけど、どうすれば解消できるのかを見ていきましょう。

    1-1.子育て中のイライラの原因

    子育て中にイライラする原因は、自由な時間もなく、睡眠不足で心に余裕がなくなるからです。

    また、母親の体内で、産前と産後でホルモンが急激に変化します。

    ママがイライラするのは、子育てと家事をきちんとしようとするからであり、ホルモンの影響もあるからです。

    1-2.子どもが思い通りにならないのは普通

    子どもは自分のやりたいことを優先するので、思い通りにならなくて当たり前です。

    ママは「子どもはこうあるべき」と考えますが、子どもはこれしたいという欲求に対して忠実に行動します。

    ママと子どもはそれぞれ別の人間をであることを念頭に接すれば、ママの気持ちも楽になるでしょう。

    1-3.感情をぶつける前にその場を離れる

    イライラしてカッとなったら、子どもに感情をぶつけないように、その場から離れましょう

    お茶をこぼしたり、おもちゃを片付けないなど、些細なことでイライラしたまま叱っても、子どもは怖い思いをするだけです。

    ママも自己嫌悪に陥ってしまうので、子どもにあたる前にその場を離れ、心を落ち着かせましょう

    1-4.それでもイライラをぶつけてしまったら

    子どもにイライラをぶつけてしまったら、きちんと謝り、子どもをフォローしましょう。

    悪いことをすれば、ママも子どもも関係なく、一人の人間として誠意を持って謝ってください。

    子どもはママをよく見ており、常に学習しています。

    たとえ間違いがあったとしても、子どもの見本となるように行動することが、子どもの成長に繋がるのです。

    2.子育てのイライラを解消する方法

    子育てでイライラしたら、ママが疲れているサインです。

    そんなママのために、子育てのイライラを解消する方法を4つ紹介します。

    忙しくても出来ますので、参考にして下さい。

    解消方法1.ママ自身の状態を見極める

    何にイライラしているのか、そんなにイライラすることか、ママ自身の状態を見極めることが大切です。

    子育てをしながら家事に追われると、思うように時間を取れず、イライラしてしまうのも無理ありません。

    問題点が解れば、あとは解消するために行動しましょう。

    解消方法2.子どもが原因でないことを念頭に置く

    ママのイライラは、子どものせいではありません

    子どもは、やりたいことや興味があることをしているだけなのです。

    子どもは、コップで飲みたくて飲もうとしますが、上手に出来ずにこぼしてしまうことがあります。

    そのせいで、ママはこぼれたお茶を拭くという手間が増えて、イライラしてしまうなんてことがありますよね。

    ママのイライラは、手間が増えたことにあるのです。

    子どもが原因ではないことを念頭に置いて、接していきましょう。

    解消方法3.こうあるべきという思い込みを捨てる

    子育ても家事も、完璧にしないといけないと思い込む必要はありません

    「子育ても家事も完璧なママでなければならない」という思い込みは、疲れるばかりです。

    掃除も何日かに一回、おかずの品数は一品だけなど、手を抜けるところは抜いても問題ありません。

    最低限だけしていれば何とでもなります。

    解消方法4.気分転換をする

    イライラを解消するには、ママの好きなことをして気分転換しましょう

    イライラを抑えるためにその場から離れることももちろん有効ですが、イライラの解消までには至りません。

    子どもから一度離れて気分転換をすることで、「また子育てを頑張ろう!」と思えますよ。

    3.子育てのイライラが収まらないなら

    イライラを自分でコントロールできれば良いのですが、それでもライラが治まらない場合は、病院で受診をしましょう

    「病院なんて大げさだな」と思いがちですが、病気が原因で治まらないイライラもあります。

    診察を受ければ、薬を処方してもらえ、イライラを治めて子育てがしやすくなるので、一度診察を受けてみましょう。

    3-1.イライラを自分で解消出来たか確認しよう

    前項で紹介した子育てのイライラ解消方法で、イライラせずに子育てが出来る場合は問題ありません

    もしも、まだイライラが収まらないなら、病気の可能性があります。

    イライラを解消する方法でイライラが収まるかどうかを基準に、病院で受診するかどうかを判断しましょう。

    3-2.病気の場合は病院で相談しよう

    イライラが治まらない、イライラしている期間が長いようなら、病院で受診をしましょう。

    育児ノイローゼや産後鬱かどうかをチェックリストから判断することができます。

    結果はどうであれ、病院で診察することで、自分の状態を知ることができるのです。

    3-3.薬でイライラを抑えよう

    病院で受診をし、場合によっては薬を処方されることがあります。

    薬を処方された場合は、医師の指示に従って服用してください。

    薬の効果はすぐに表れるわけではありません。

    せっかく効果が出始めたのに、自己判断で服用をやめて症状が悪化なんてことも有り得ます。

    薬は正しく服用してください。

    4.夫に対してイライラする対処法

    子育て中のママは、夫に対してイライラを向けています。

    夫婦での話し合いによってイライラを減らすことができるのです

    子どもと家事とに掛かりきりでなかなか休めないのに、夫は育児を手伝ってくれなくてイライラする、なんてこともありますよね。

    夫に対するイライラを何とかするためにも、4つの対処法を参考にして下さい。

    対処法1.話し合いをする

    まずは、ママが一人で悩みを抱えず、二人で子育ての方針を話し合いましょう。

    子育てはママが一人でするほどストレスがたまってイライラしやすくなります。

    夫と話し合うことで、ママの悩みや思いを知ってもらえるチャンスです。

    ママから悩んでいることを話をしてみましょう。

    対処法2.一人の時間を作る

    家族といっても、常に一緒にいるのは気詰まりなこともあります。

    たまには一人になって、自分だけの時間を作りましょう

    一人になることで、家族の大切さを改めて知る良い機会になります。

    ママの心に少しでも余裕ができれば、子育てのイライラも収まるでしょう。

    対処法3.夫に期待をしない

    始めから夫に期待しなければ、余計なイライラをせずに済みます

    夫婦といえども、してくれて当たり前なことは何一つありません

    たとえ夫が期待した通りにならなくても、夫が悪いわけではありません。

    夫からすれば、あなたは勝手に期待して勝手に落ち込んでいるだけなのです。

    始めから期待せずに、してもらったことに対して感謝すれば、ママのイライラは減ってくるでしょう。

    対処法4.第三者に協力してもらう

    夫の協力が臨めないなら、祖父母やベビーシッターなどに協力してもらう方法があります。

    一時的に預かってもらうだけでもママの気晴らしになって、前向きな気持ちを取り戻すことが出来るのです。

    ママがイライラしていると、子どもの成長にはよくありません。

    子どもとの適切な距離感や一緒にいる時間を見つけるためにも、第三者に協力してもらいましょう。

    5.子育て中のイライラで離婚すると後悔する

    子育てで疲れているのに、離婚をすると後悔します

    離婚をする前に、夫や両親などに子育てについて、周りの理解と協力を得られるように行動すべきです。

    離婚は最後の手段として、まずは子育てのためにも夫に向き合いましょう。

    5-1.まずは冷静になろう

    まずは冷静になりましょう。

    子育ての疲れで余裕がないときに冷静に離婚するかを判断するのは難しいです。

    まずは、子どもを預けてでも休息を取りましょう。

    少しでも睡眠が取れれば、心も落ち着き、冷静に物事を考えられるようになります。

    冷静になってから話し合いをすれば、夫と協力して子育てをできるかもしれません。

    5-2.イライラの原因を探ろう

    イライラの原因が本当に夫にあるのかを見極めましょう。

    夫が子育てに協力してくれないのが原因なら、夫にも子育てに参加しもらうようにして原因を解消しましょう。

    何も手を打たずにいると、夫に向けてイライラが爆発なんてことも有り得ます。

    夫は家族のために働いてくれていることを忘れずに、感謝の気持ちを伝えましょう。

    話してみることで、ママのつらい思いを汲み取ってくれるかもしれません。

    5-3.離婚した場合の生活費のシミュレーションをしてみよう

    もし離婚した場合、子どもとの生活費を具体的にシミュレーションをしましょう

    生活していくためには、当然ママも働かなければなりません

    仕事に就くことや子どもの預け先や住むところなど、これからの生活について考える必要があります。

    なるべく現実的にシミュレーションをしましょう。

    5-4.決断を早まらず話し合いをしよう

    たとえ夫婦関係が修復不可能になったとしても、勢いのまま離婚をするのは避けて下さい。

    なるべく冷静に、子どもの今後について話し合いをしましょう。

    離婚なのに子どものことと思いがちですが、子どもの成長に大きく影響するからです。

    夫婦は離婚して他人になったとしても、子どもの親であることには変わりません。

    子どものためにも、決断はくれぐれも慎重にしましょう。

    まとめ

    子育てをしているママは、子どものために睡眠や自分の時間も使うため、イライラしてしまうのは当たり前です。

    しかし、子どもには、ママがなくてはならない大切な存在です。

    夫や両親、第三者の協力を得ながら、子育てをしていくべきでしょう。

    ママの行動次第で、子育てが楽しいと思えるようになります

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    16 + 8 =