幸せなはずの子育てが辛いのは何故?原因と対処法を徹底解説

最近のコメント

    世の中のママたちの中には「子育てが辛い」「子育てが苦しい」と感じている人も多いのではないでしょうか?

    子育ては思っているよりも肉体労働で、精神的にも大変ですよね。

    子育てが「辛い」と感じてしまっているママに向けて原因や対処法、相談先を紹介します。

    ママの悩みに一番近いものを探してみてください。

    子育てを辛いと感じる気持ちが少し軽くなるはずです。

    1.子育てが辛いときは肩の力を抜こう

    子育てが辛くなったときは一回肩の力を抜いてください。

    頑張りすぎていて神経質になっていることがあります。

    初めての子育てでは、特にそう感じるでしょう。

    子育てを辛いと感じた時は肩の力を抜きましょう。

    違った捉え方ができるかも知れません。

    次の章で子育てが辛くなる原因と対処法を見ていきます。

    2.子育てが辛い原因と対処法3つ

    子育てが辛くなることは誰にも起こることです。

    必ず原因と対処法があるので安心してください。

    まずは、子育てを辛いと感じる理由の把握です。

    原因に合った対処法を確認していきましょう。

    対処法1.旦那さんの理解がない場合は何度も話し合おう

    旦那さんの理解がない場合、何度も話し合いをしましょう。

    旦那さんの自覚が子育てにとってはとても必要です。

    ただ、一回話しただけでは旦那さんへ伝わっていない可能性もあります。

    どれだけあなたが辛い思いをしているか、繰り返し伝えてください。

    ただし、感情的にならずに伝えましょう。

    そうすることで、旦那さんが耳を傾けて聞いてくれ易くなります。

    理解してくれるまで向き合ってみて下さい。

    対処法2.心の余裕がなくなったら実家に帰って休もう

    育児で心に余裕がなくなったら実家に帰って休みましょう。

    家事や育児を手伝ってもらえる環境がママの心に余裕を取り戻してくれます

    たった1週間でも構いませんので実家に帰りましょう。

    ゆっくりするだけで子育ての楽しさを思い出せるものです。

    思い切って家は旦那さんに任せて実家で休みましょう。

    対処法3.ママ友に相談して心を軽くしよう

    身近に友達がいなかったり地元ではない場合はママ友を作って相談しましょう。

    辛い気持ちを分かってもらったり、相談して一緒に考えてみてください。

    最近ではSNSでママ友を作って投稿をみたり相談しているママもいます。

    身近な人に相談するのが苦手な人に良いかもしれませんね。

    とにかく、自分一人で抱え込まず周りに相談することを心がけましょう

    対処法4.病気や障害は受け入れよう

    子どもが病気をしたり、障害が見つかったときは受け入れましょう。

    自分を責めてしまったり受け入れらないママはたくさんいます。

    病気や障害によって不安になる気持ちでいっぱいになりますよね。

    もちろん気持ちは分かりますが、誰も悪いわけではありません。

    受け入れて変わらない愛情を注いであげましょう

    3.ワンオペ育児を乗り越える方法3つ

    子育てが辛い原因と対処法を紹介してきましたが、ワンオペ育児も大きな問題となっています。

    ワンオペ育児とは、単身赴任などの事情によって家事・育児・仕事をママひとりが負う状況のことです。

    もちろん一人ですべて行うので大変な負担がかかります。

    ワンオペ育児を乗り越える方法を紹介していくのでぜひ取り入れていってください。

    方法1.こだわる部分とそうでない部分をハッキリ分ける

    ワンオペ育児の場合はこだわる部分とそうでない部分をハッキリ分けましょう。

    通常の育児より負担が大きくなります。

    ワンオペ育児にこだわりは厳禁です。

    「まあいっか」と思える部分を増やしてください。

    妥協できる部分が増えると心に余裕が生まれてきます。

    心に余裕が生まれると育児も楽しく感じられるでしょう。

    方法2.ベビーシッターや専門機関を利用する

    ワンオペ育児の方はベビーシッターや専門機関をフル活用することをお勧めします。

    金銭的に少し余裕がある場合、ベビーシッターを活用すると良いでしょう。

    ベビーシッターは知識や経験もありますし相談相手にもなってくれます。

    金銭的に余裕がない場合も公的機関に相談すれば大丈夫です。

    親身になって相談にのってくれるので安心感が得られます。

    ベビーシッターと相談機関は積極的に頼りましょう。

    方法3.子どもの成長を焦らない

    子どもの成長が遅い・早いで悩むのはやめましょう。

    当たり前ですが個性も、成長のスピードも十人十色です。

    できることが増えていくことを喜んでください。

    成長に目を向けることで焦りも消えるでしょう。

    4.子育ての辛い時に相談すべき4つの専門機関

    専門機関1.お母さん自身の食欲不振や不眠は心療内科

    お母さんの心身に異常がある場合は心療内科に行きましょう。

    心療内科はこころの病院です。

    食欲がない、眠れないといった症状がある場合は絶対相談してください。

    治療を受けることで症状が軽くなります。

    専門機関2.子どもの成長・発達に関する不安は小児科

    子どもの成長や発達に不安が生まれた時は小児科に相談しましょう。

    小児科の先生は子どもの成長段階を見極めるプロです。

    何か問題があるなら早期発見できます。

    問題がない場合は医師の言葉でママも安心できますよね。

    不安な時は受診しましょう。

    専門機関3.子育ての方法がわからないときは保健センター

    子育ての仕方に悩んだら保健センターに行きましょう。

    初めての育児は不安も戸惑いも多くなります。

    子育てに正解も不正解もありませんが、人と違うと気になるものです。

    保健センターでは一般的な育児の仕方を教えてくれます。

    しっかりアドバイスをもらって安心して子育てをしてください

    専門機関4.母乳育児に関することは母乳外来

    母乳育児に関することは母乳外来に頼りましょう。

    母乳外来では母乳育児の仕方や注意点も教えてくれます。

    助産師さんが経験をもとにアドバイスもしてくれるので安心です。

    まとめ

    子育てを辛いと悩んでいるママは人に頼りましょう。

    頼ることで心に余裕が生まれます。

    こころに余裕があればきっと子育ての楽しさを思い出すはずです。

    ただし、どうしても心が晴れないときには専門機関を頼ることも視野に入れて下さい。

    心も重荷が下ろし、前向きに楽しめるようになりましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    eighteen − eighteen =