家庭教師をつけるメリットは?種類別で比較してみた

最近のコメント

    「家庭教師をつけるメリットって何だろう?」

    自分の子どもに家庭教師をつけたいけど、どんなメリットがあるのかわからないとお悩みではありませんか?

    • 家庭教師をつけるとどんなメリットがあるのだろう?
    • 家庭教師の依頼にはどんな種類があるのだろう?
    • 既に家庭教師をつけている人の口コミも知っておきたい!

    そんな「我が子を思うお母さん向け」に「家庭教師をつけるメリット」を口コミ情報を数ある家庭教師の種類別に比較紹介します。

    お母さんの不安と子どもに最適な情報をぜひ一緒に得ていきましょう!

    家庭教師の種類は?

    主に家庭教師種別は3つあります。

    家庭教師の需要はお子さんのタイプや家庭の事情によって変わります。

    1. 学生が教えるもの
    2. プロの専門スタッフが教えてくれるもの
    3. 個人で契約したり、紹介されたりするもの

    その3つの種別を具体的に見ていきましょう。

    学生の家庭教師

    学生の家庭教師は年齢も近く勉強以外のことも相談しやすいお兄さんの様な存在です。

    何よりプロの家庭教師より料金設定が安いです。

    学生の家庭教師でも有名大学の家庭教師の場合もあり、プロの家庭教師に匹敵する受験テクニックを持った人もいます。

    料金設定も幅広いので、子どもの学習方法に会った先生選びをオススメします。

    プロの専門家庭教師

    プロの専門家庭教師は子どもの年齢の熟知した指導法を持っている存在です。

    なので長年のノウハウを生かして信頼性も高い先生です。

    • 子どもの目標に寄り添ってくれる
    • 中学受験・高校受験のタイプに合わせた指導ができる元大手塾のノウハウを持った人
    • 苦手科目を重点的に補佐的に教えてくれる人

    また、プロの家庭教師は大手派遣センターに所属している場合が多いので、信用性が高い。

    反面、料金設定としては少し高めと言えるでしょう。

    合わせて読みたい記事はコチラ

    個人の家庭教師

    個人の家庭教師は派遣会社、専門会社、家庭教師センターを挟みません。

    なので、料金設定も決まっていない、ノウハウがない場合もあります。

    知り合いや親戚、有名大学の学生さんでもスキル等はまちまち。

    そのため、個人の家庭教師を依頼するのであれば事前に我が子の性格や特徴を明確にして、依頼する人に伝えておく必要があるでしょう。

    では続いて「家庭教師」と「訪問型の塾」にはどんな違いがあるのでしょうか。

    家庭教師と塾の違いは時間の融通がきく

    家庭教師と塾の大きな違いは先生が訪問してくれるので「時間の融通がきく」ということ。

    でも学校の部活が学校終わりから最終下校まで行われるなら、そのあと塾に行く時間がなくなってしまいます。

    そのため圧倒的に時間制限がある中で、勉強時間を確保したいなら「家庭教師」に来てもらうことをオススメします。

    家庭教師の個人契約なら価格を節約しやすい

    家庭教師の個人契約なら、先生側も時給が高く、生徒側も価格設定が自由で保護者も安心。

    理由としては家庭教師会社を通さないので、手数料がかからないからです。

    生徒側が定期テスト前だったりしたらその時だけ授業数を増やすことも。

    何より先生とのコミュニケーションを密にしながら、料金設定ができるのがありがたいですね。

    逆に家庭教師をつけるデメリットは?

    家庭教師をつける事で起こりうるデメリットも紹介します。

    主な原因は費用面、相性面になるでしょう。

    特に費用面は塾と比べるとかなり高額ですので、家庭教師をお願いできない場合もあります。

    相性面は子どもと保護者と一緒に話し合っておかないと先生側と子どもがマッチしないこともあるのです。

    先生との相性がマッチしない場合も、一度契約すると契約期間中は解約できないため、相性を見定めることが重要です。

    家庭教師別の口コミ情報は?

    実際、家庭教師を依頼している人からの口コミ情報は非常に重要です。

    依頼した家庭教師が大手であっても子どもとの相性が悪かったり、コミュニケーションがうまくいかない場合があるので注意が必要。

    なので事前の口コミ情報を持っておくことが大事です。

    そこで学生の家庭教師、プロの専門家庭教師、個人の家庭教師の場合で口コミ情報を調べておきましょう。

    学生の家庭教師の場合は?

    ■家庭教師と個別指導塾ではどちらがいいのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットを教えてくれませんか?

    家庭教師のメリット
    ○自分の都合に合わせて受講できる点(自宅で勉強するから)

    家庭教師のデメリット
    ×講師によって当たり外れが大きい(理由:学生講師が多いため)

    個別指導塾のメリット
    ○的を絞った勉強をすることができる(苦手科目や単元を集中的に学べる)

    個別指導塾のデメリット
    ×学費が高い(人件費がかかるということかな)

    引用元:yahoo!知恵袋

    プロの専門家庭教師の場合は?

    ■家庭教師の先生を探しています。何社か資料請求しましたが教材を購入しないといけないと言われさすがに百万は払えませんでした。いったい何を重点において家庭教師の派遣会社を選んだらいいのでしょうか。

    家庭教師の個人契約は色々とメリットはあります。教材の強制もないし、仲介手数料は要らないし。

    家庭教師はどんな方法で契約しても当たり外れのある物ですから、いっそのこと近辺の大学の学生課で紹介を受けたらいかがですか?問い合わせれば学生を紹介してくれますよ。

    それでも派遣会社というなら、教材購入の強制のない会社もありますから、できるだけ名の通った会社から選ぶのがお勧めです。派遣会社を通すにも先生の交代が簡単というメリットはありますしね。

    引用元:yahoo!知恵袋

    個人の家庭教師の場合は?

    ■家庭教師の探し方(登録制・個人のメリット・デメリット)
    家庭教師でも、登録制だったり個人だったり色々ありますよね。

    登録制・個人のメリット・デメリットって何でしょう。
    また家庭教師をどのように探したら良いのか分かりません。
    検索もしてみましたが、近所の家庭教師がなかなか見つかりません。探し方をご存じの方、よろしくお願いいたします。

    登録制・個人のメリット・デメリットは他の方がすでにお答えなので、探し方について。

    お近くに大学があるのでしたら、そちらの学生課に求人票を出すという手があります。
    登録制のところよりも費用的にはかなりメリットがあるかと。

    あとは、去年家庭教師をつけていた方に紹介をお願いする。

    私は学生時代に家庭教師のアルバイトをしていましたが、学生課で見つけるか教え子ママからの紹介でした。
    交通費は通学経路上でしたので、定期券があり、請求はしませんでした。

    個人契約なら、最初の条件で交通費込みか否を提示すれば問題ないのでは。

    引用元:yahoo!知恵袋

    口コミから良い先生を見つけるポイントは?

    口コミから良い先生を見つけ出すには抑えなければいけないポイントがあります。

    それは子どもとの勉強の進め方、先生の信頼性、知人からの紹介など、安心材料になる要素です。

    例えば、自分の従兄弟のお兄さんが大手有名大学に受かったので、「子どもの苦手分野」を頼むなど。

    これなら子どもも安心して相談に乗ってもらいやすいかもしれませんよね。

    ここからは口コミから良い先生を見つけるポイントをご紹介していきます。

    子どもの特徴や性格を把握しておく

    まずは自分の子どもの特徴(得意・苦手分野)、そして性格を把握しておきましょう。

    タイプの合う先生像を把握しやすいからです。

    • 子どもと一緒に勉強を進めた方がいい。
    • 子どもは引っ込み事案なので、グイグイ引っ張ってもらう方がいい。

    など子どもの特徴や性格を把握しましょう。

    求める先生像を明確にしておく

    子どもの性格を把握しておくことと同等に求める先生像は非常に大事な要素です。

    なぜなら先生像の進め方一つで、子どもの成績が定期テスト毎で劇的に変わるからです。

    元々の勉強のスピードが遅い子に、数と量を求めても子どもの自己肯定感はあがりませんが、逆に集中力のある子は数と量が比例します。

    先生自身の進め方が子どもに合う合わないが非常に重要なポイントになるのです。

    先生に希望する依頼内容を明確に

    先生に希望する依頼内容は、子どもの学習目的を明確に伝えておくことが必要なのです。

    例えば「苦手科目対策」が目的なのか、「得意科目対策」が目的なのかによって大きく方向性が変わります。

    子どもと保護者、先生の3人で一番最初に学習目的を認識合わせをしておきましょう。

    家庭教師に向いている子どものポイントは?

    家庭教師に向いている子どものポイントを抑えておくことが重要です。

    例えば、自分のペースを大事にする子だとすると、自分のペースを乱されたり、集団塾の様に授業ペースについていけない苦しい環境だったりするからです。

    子どもの向いている環境を知ることも家庭教師選びの重要なポイントです。

    集団の中で集中しにくい子

    集団の中で集中しにくい子は家庭教師をつける事をオススメします。

    それは塾には必ず他人がおり、その環境下で勉強できない人は家庭教師向きだと言えるからです。

    個別の家庭教師は基本的に1対1で、他の人のペースを気にする必要がありません。

    個別で集中できる環境が家庭教師をつけることで実現できるでしょう。

    自発的に勉強習慣を作りたい子

    自発的に普段から勉強する習慣を付けたい子にもオススメです。

    普段勉強習慣がない子も、マンツーマンだと必ず授業時間は勉強しなくてはいけません。

    そのため確実に勉強を行う時間になります。もちろん、休憩時間も雑談ができるので子どもにとっては非常に有意義な時間になるでしょう。

    つまり勉強習慣を作りたい、部活で忙しいお子さんにオススメかもしれません。

    自分のペースで勉強をしたい子

    自分のペースで勉強を進めたい人には個人塾はより家庭教師をオススメします。

    家庭教師の先生が一番最初にお子さんとカリキュラムを作っていきます。その中で最もやりやすい自分のペース感を合わせてくれるからです。

    集団塾では基本的に勉強スピードが早い子もいれば遅い子もいるので、自分のペースが掴めないお子さんのペース感を作ることができます。

    5.家庭教師をつけるメリットまとめ

    家庭教師をつけることでのメリットは「子ども学習の自発性」・「カリキュラム設定」・「勉強習慣の確立」の3つです。

    それでは具体的に詳細を説明していきましょう。

    子どもの自発性を養える!

    家庭教師をつける事で子どもの自発性を養うことができます。

    子ども自身に学習目的を持っていれば、それを伸ばすことができるからです。

    多くは保護者に子どもの学習目的を聞いて置いてから担当の先生に伝えることが多い様です。

    子どもの自発性を養うための家庭教師をつけることも選択してみてはいかがでしょうか。

    カリキュラムを一緒に作れる!

    カリキュラムを一緒に作っていく事ができます。

    全てではありませんが、事前に先生とのコミュニケーションをしていくことができる関係性が作れれば学習目的や目標を明確にしてから学習に取り掛かることができるからです。

    子ども自身に「考えさせる力」をつける、そして一緒に何かを決めていく練習になります。

    そしてもし、その目標に対して実行したり、行動することができたなら子ども自身の自尊感情を高めるきっかけになるでしょう。

    勉強習慣ができる!

    勉強習慣のない、普段部活の忙しい子どもに勉強習慣を作っていくことができます。

    元々勉強習慣がなかった子どもが、週1度でも1対1のマンツーマンで必然的に勉強を行う様になるからです。

    勉強習慣を作るまでは大変なのですが、慣れていく事で子ども自身の学習が確立されていくでしょう。

    家庭教師の掲示板を利用するのも一つ

    個人契約してもらえる家庭教師の当てがなければ、家庭教師が集まる掲示板を利用する事も良いでしょう。

    家庭教師の掲示板は家庭教師を募集する生徒と先生が出会うためのサイトです。

    口コミ評価も記載されていることもあるので、そちらをチェックすることができます。

    生徒側は「地域設定・料金設定・指導科目設定」の条件をみて、先生を探すことができますので気軽にアクセスしてみて下さい。

    合わせて読みたい記事はコチラ

    家庭教師をつける選択基準をまとめると?

    「家庭教師をつけようか」とぼんやりと悩んでいたママさんも徐々に何を選択基準にすれば良いかが見えてきましたでしょうか。

    費用を抑えながら、質の高い家庭教師をつけるためには知り合いの紹介や信頼ある口コミをしっかりとチェックしてから契約することが重要です。

    また、その前に子どもと保護者間で「目的と目標」についてしっかり話し合い、最適な家庭教師選びを行ってください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    three × 1 =

    ABOUTこの記事をかいた人

    2児の母。仕事で忙しく、なかなか子どもの学習のお手伝いができないのが大変でした。 何か手立てはないかと色々調べた結果、オンライン学習と出会うことに。「これはいける!」と感動し、子どもにオンライン学習をさせてみたところ、学習意欲が上がり、自ら進んで学習するようになるという効果に感動!お家学習をしたい親子にもオンライン学習の魅力を伝えるために「teracoya」を立ち上げました。