ピアノは子供の脳を活性化する効果あり?メリットや指導形式を紹介!

最近のコメント

    「子供にピアノを習わせると脳の活性化に良いらしいけれど、本当に効果があるのかな。。」とお困りではないでしょうか?

    子供の頃からピアノを習っておくことで、脳が活性化すると言われています。

    また脳を活性化させる他にも、子供の頃からピアノを習っておくことで様々なメリットがあるのです。

    この記事ではピアノと脳トレの関係について解説しながら、ピアノを習うメリットやレッスン形式を紹介します。

    子供に楽しくレッスンを受けさせて、子供の脳を豊かに育てていきましょう。

    1. ピアノは脳を活性化させる効果がある?

    ピアノを習うことは、脳を活性化させる効果があります。

    なぜならピアノの指と頭を同時に働かせる動作によって、脳に良い刺激が与えられるためです。

    脳を活性化させると、記憶力がアップするので勉強面でもメリットがあります。

    したがって、子供の頃からピアノを習わせる親が増加しているのです。

    ここからは、ピアノと脳トレの関係について、もう少し詳しく見ていきましょう。

    1−1. ピアノと脳トレの関係

    ピアノを弾くことは、脳トレになると言われています。

    なぜならピアノを弾くためには、左右の指でそれぞれ異なった動作が必要です。

    また楽譜を先読みしたり、記憶しなくてはならないこともあります。

    このように物事を同時に処理することで、脳に良い刺激が与えられるのです。

    したがってピアノを弾くことは、脳のトレーニングにつながります。

    以上、ピアノと脳トレの関係について紹介しました。

    ところで脳を活性化させる他にも、子供の頃にピアノを習うメリットは少なくありません。

    ここからは、ピアノを習う4つのメリットについて見ていきましょう。

    2. 子供の頃にピアノを習う4つのメリット

    脳を活性化させる他に、子供の頃にピアノを習うメリットは以下の4つです。

    1. 音感やリズム感が身につく
    2. 外国語を覚えやすくなる
    3. 音楽の授業で困らなくなる
    4. 忍耐力が身につく

    このようにピアノを習うことで得られるメリットは良いものばかりなので、しっかりと押さえておいてください。

    それでは、それぞれのメリットを順番に見ていきましょう。

    メリット1. 音感やリズム感が身につく

    子供の頃にピアノを習うことで、音感やリズム感が身につきます。

    音感やリズム感を身につけておくと、ダンスやバレーを始めとする様々なスポーツにも役立つはずです。

    たとえばサッカーの指導においても、テクニックの習得と同じようにリズム感を磨くことが重視されています。

    このようにピアノを通して音感やリズム感を身につけておけば、様々なスポーツにも応用できるのです。

    メリット2. 外国語を覚えやすくなる

    子供の頃にピアノを習うことで、外国語を覚えやすくなります。

    これはピアノのレッスンにおいて、音の高低や音質を聞き分ける能力が鍛えられるためです。

    それによって、外国語特有の発音にも適応しやすくなります。

    また、早期からの脳トレは外国語習得のためにも重要です。

    あなたが子供に外国語教育を検討しているならば、合わせてピアノを習わせることも考えてみてください。

    メリット3. 音楽の授業で困らなくなる

    子供の頃にピアノを習うことで、音楽の授業で困らなくなります。

    小学校や中学校の音楽の授業では、歌を歌うことはもちろん様々な楽器を演奏したりすることが多いです。

    そのためピアノを習っていれば、音楽を得意分野にすることができます。

    またもしもピアノが上達すれば、入学式や卒業式や音楽会などの学校行事の中でも活躍できるでしょう。

    メリット4. 忍耐力が身につく

    子供の頃にピアノを習うことで、忍耐力が身につきます。

    ピアノを上達させるためには、日々の地道な練習の積み重ねが必要です。

    なかには楽譜を読むのに苦戦したり、ピアノが思い通りに弾けなかったり、講師に叱られたりすることもあると思います。

    しかしこのような日々の練習によって、忍耐力が身につくのです。

    忍耐力を身につけると、何事も最後までやり遂げる子供に育つでしょう。

    以上、子供の頃にピアノを習うメリットを紹介しました。

    ここまでのメリットを読んで「子供にピアノを習わせたい」という方も多いはずです。

    ここからは子供の脳を活性化させるためには、何歳からピアノを始めるべきなのか見ていきましょう。

    3. ピアノで脳トレするには何歳までに始めるべき?

    4歳〜7歳の間にピアノを始めることで、子供の脳を活性化させることができます。

    なぜなら4歳〜7歳までの間は、小脳が発達する時期であるためです。

    この時期に受けた刺激は、脳や聴覚に非常に良い影響を与えます。

    そして7歳以後は、急激に発達が停止してしまうのです。

    したがって可能な限り4歳〜7歳の間にピアノを習い始めるようにしてあげてください。

    以上、子供がピアノを習い始めるおすすめの時期でした。

    子供が4歳〜7歳なら、特にすぐに習わせたいと考えているはずです。

    しかし、ピアノ教室には、個人とグループの2種類があります。

    ここからは、個人とグループどちらのピアノ教室にを選ぶべきなのかを見ていきましょう。

    4. レッスンは個人とグループどちらが良い?

    ピアノを習わせるときは、個人形式とグループ形式を比較して、子供に合ったレッスン形式を選んであげてください。

    子供に合ったレッスン形式を選ぶことが、脳の活性化とピアノの上達につながるのです。

    れぞれの形式には、メリットとデメリットが存在しています。

    それぞれのレッスン形式のメリットとデメリットを、おすすめポイントと合わせて見ていきましょう。

    4−1. 個人レッスンはマイペースな子供におすすめ

    個人レッスンは、比較的マイペースな子供におすすめします。

    なぜなら個人レッスンには、子供のペースに合わせて教えてもらえるメリットがあるためです。

    ただしグループレッスンと比べて、友達が作りにくいというデメリットもあるので注意してください。

    個人レッスンのメリットとデメリットを、以下のようにまとめました。

    個人レッスンのメリット

    個人レッスンのメリットは、以下の通りです。

    • 子供のペースに合わせて教えてもらえる
    • 楽譜やテキストも子供に合わせて選んでもらえる
    • 1対1で丁寧に指導してもらえる
    • レッスン日程の融通がききやすい

    以上、個人レッスンのメリットを紹介しました。

    子供に合ったていねいな指導を希望するなら、個人レッスンが良いです。

    ここからは、個人レッスンのデメリットを見ていきましょう。

    個人レッスンのデメリット

    個人レッスンのデメリットは、以下の通りです。

    • 友達が作りにくい
    • 発表会が少ない
    • お歳暮やお中元が必要な場合がある
    • マナーに厳しい先生がいる

    以上、個人レッスンのデメリットを紹介しました。

    みんなでワイワイ習いたいという子供には個人レッスンは適さないかもしれません。

    ピアノ教室選びに失敗しないように、個人レッスンのメリットとデメリットをしっかりと押さえておいてください。

    ここからは、グループレッスンについて見ていきましょう。

    4−2. グループレッスンは友だちがいると頑張れる子供におすすめ

    グループレッスンは、友達がいることで頑張れるという子供におすすめです。

    なぜならグループレッスンには、近い年齢の友達と一緒にレッスンができるメリットがあるためです。

    ただし、周りの子とペースを合わせる必要があるというデメリットもあるので注意してください。

    グループレッスンのメリットとデメリットを、以下のようにまとめました。

    グループレッスンのメリット

    グループレッスンのメリットは、以下の通りです。

    • 近い年齢の友達と一緒にレッスンができる
    • 発表会がある
    • 競争心でピアノが上達する

    以上、グループレッスンのメリットについて紹介しました。

    たくさんの子供の中でやる気が出るタイプの子には、グループレッスンが最適です。

    ここからは、グループレッスンのデメリットを見ていきましょう。

    グループレッスンのデメリット

    グループレッスンのデメリットは、以下の通りです。

    • 周りの子とペースを合わせる必要がある
    • 楽譜やテキストを合わせる必要がある
    • 自分の都合でレッスン日程を決められない
    • 先生の目が行き届かないこともある

    以上、グループレッスンのデメリットを紹介しました。

    マイペースに練習していきたいなら、グループレッスンは適さないかもしれません。

    ピアノ教室選びに失敗しないように、グループレッスンのメリットとデメリットをしっかりと押さえておいてください。

    ここまで読んで「ピアノを習うためのどのくらいの費用が必要なの?」という方も多いはずです。

    ここからは、ピアノを習うための費用や必要なものを見ていきましょう。

    5. ピアノを習うための費用や必要なものは?

    ピアノを習うための費用は、選ぶレッスン形式によって異なります。

    また月謝以外にも、施設料や教材費などの諸経費がかかる場合がほとんどなので注意しておきましょう。

    個人レッスンの毎月の費用は、諸経費を含めて6000〜10000円程度が目安です。

    ヤマハや河合など大手のピアノ教室では、比較的高額となる傾向にあります。

    グループレッスンの毎月の費用は、諸経費を含めて8000円〜11000円程度が目安です。

    グループ形式では、レッスンのステップごとに月謝が上がっていくシステムを採用しているピアノ教室が多くなっています。

    さらにピアノを習うためには、家庭で練習するためのピアノも必要となります。

    いきなりグランドピアノを選ぶのではなく、最初は比較的安価な電子ピアノを検討してみてください。

    子供のピアノレッスンの自宅練習用に最適な電子ピアノは、以下のようなものです。

    (引用:Amazon公式ウェブサイト

    商品名 KORG 電子ピアノ LP−380−BK 88鍵 ブラック
    購入ページ Amazon / 楽天
    本体サイズ 幅1,355×奥行き351×高さ936mm
    価格 53,999円(税込み)

    ピアノレッスンに必要な費用や電子ピアノを準備して、子供が楽しくレッスンを受けられる環境を作ってあげましょう。

    まとめ

    ピアノを習うことは、脳を活性化させるだけでなく様々なメリットがあります。

    また4歳〜7歳の間にピアノを始めることで、より脳を活性化させることができるのです。

    レッスンは個人とグループを比較して、子供に合ったレッスン形式を選んであげてください。

    子供が楽しくレッスンを受けて力を伸ばせるように、親としてサポートしてあげましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    seventeen − 15 =