scratch(スクラッチ)プログラミングは簡単にできる?使い方とおすすめゲームをご紹介

最近のコメント

    家庭でscratch(スクラッチ)を始めるにも、自由度の高いスクラッチを子どもにどうさせたらいいのか悩んでしまいますよね。

    スクラッチは、ブロックを自由に組み合わせてプログラミングしていくので、できることは無限に広がります。

    子どもたちもその無限の広がりにワクワクすることは間違いありません。

    そして、子どものやりたいことを、サポートするためにも、保護者もスクラッチの基本的な操作方法は知っておいた方がいいでしょう。

    今回は初心者でもわかるスクラッチの使い方や注意点、おすすめのゲームを紹介していきます。

    スクラッチを利用して、子どものプログラミング的思考を育てましょう。

    1.プログラミングアプリ「scratch(スクラッチ)」とは?

    scratch(スクラッチ)とは、プログラミング言語が学べる子ども向けアプリ

    絵や図を用いて、視覚的に操作ができることから「ビジュアルプログラミング」とも呼ばれ、難しい言語を使うことなく、簡単な操作で絵本やゲームが作ることができる内容となっています。

    子どもはまずはじめの第一歩で、「楽しい」か「楽しくないか」という判断をするのです。

    だからこそ最初に楽しむことができるどうかが鍵になるんですよね。

    直感的に操作できる「スクラッチ」は、プログラミングの第一歩としては最適なアプリとふさわしいといえます。

    パソコン版「Scratch」の対象年齢は「8歳以上」ですが、スマホやタブレット用「ScrachJr」はより年齢が低い「5~7歳」が対象となっています。

    2.スクラッチの5つの特徴

    スクラッチが多くの子どもたちに楽しまれる理由は、5つの特徴があるからです。

    特徴1.無料で使える
    特徴2.プログラミングの初歩が学べる
    特徴3.ゲームを作って遊べる
    特徴4.スマホやタブレットで利用できる
    特徴5.教育現場で最も活用されている

    では、順番に特徴を見ていきましょう。

    特徴1.無料で使える

    スクラッチは世界中で活用されている有名なプログラミングアプリですが、無料で配布されていることが大きな魅力

    「まずはどんなものか知りたい」と希望するプログラミング初心者の方でも、自宅で手軽に触れることができ、プログラミング学習のきっかけにもなります。

    無料で使うことができますので、ゲームアプリ感覚で遊んでみたいという方にもおすすめです。

    特徴2.プログラミングの初歩が学べる

    スクラッチは、MITメディアラボ(マサチューセッツ工科大学)という世界的に有名な大学の研究所が開発したアプリ

    子どもがプログラミングがどんなものか直感的に分かるように工夫を凝らしており、世界150か国以上で活用されています。

    本格的なプログラミング言語を書くような難しい内容ではなく、かわいいキャラクターを指示ができる「ブロック」を組み立てて動かす仕組みがスクラッチの大きな魅力。

    一般的には以下のようなプログラミング言語を使ってプログラミングを行います。

    スクラッチはプログラミング言語を、「ビジュアル言語」に置き換えているので、子どもでも分かりやすく直感的に操作できるのです。

    ゲームアプリと変わらない感覚で遊べるので「勉強している」という気持ちにはならず楽しむことが可能です。

    特徴3.ゲームを作って遊べる

    スクラッチアプリが、世界中の子どもを大人気の理由は、作ったゲームをすぐに遊べるというところです。

    「自分でゲームが作れた!」という達成感を得ることで、プログラミングの楽しさや自ら何かを成し遂げたという成功体験を実感できます。

    特徴4.スマホやタブレットで利用できる

    スクラッチはパソコンがメインとなっていますが、スマホやタブレットで使う場合は簡易版「Scratch Jr」が用意されています。

    現在はiPadとandroidタブレットに対応している無料アプリでダウンロード可能。

    Scratch Jrは、文字をほとんど使わず図が描かれたアイコンを指で操作するだけなので、手軽に利用することができます。

    <アプリリンク>

    特徴5.教育現場で最も活用されている

    スクラッチは、子どもが楽しみながらプログラミングが学べることや無料で利用できることから教育現場で最も活用されているアプリ

    2020年度から小学校でのプログラミング教育の必修化がはじまることが決定されています。

    プログラミングを学ぶことは、これからのネット社会への対応だけでなく、物語やゲームを自分のアイデアで作り上げる(プログラミングする)技術が身に付く機会です

    スクラッチプログラミングを取り入れることで、プログラミングを身近に感じ、子供の思考力も育まれるので、勉強にも活かすことが可能です。

    特徴6. 他の子どもたちが作った作品を見ることができる

    スクラッチで作った作品はサイト上で自由に公開、共有することができます。

    つまり他の子どもたちが作った作品で遊んだり、どんな仕組みになっているのかその中身(ソースコード)も確認できるということ。

    遊んでみたいけど何を作ればいいのか分からない…
    こんな動かし方をしたいけど、作り方を知りたい

    こんな時に世界中で作られた作品を参考にすれば、子どもの創作意欲を刺激することができます。

    3.スクラッチプログラミングの使い方

    スクラッチは手軽にはじめられますが、プログラミング初心者にとっては、ややわかりにくい点があります。

    しかし、順を追って進めていけば、すぐに遊ぶことができるでしょう。

    ここからは、スクラッチの登録方法やゲームを作るまでの具体的な使い方について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。
    <一覧>

    使い方1.アカウントを作成

    まずはスクラッチ(Scrach)にアクセスしましょう。

    スマホやタブレットをお持ちの方は、次の「無料ダウンロード」へと進みます。

    アカウントを作成しなくても、スクラッチを使うことはできますが、作品を保存や共有したい人はアカウントを作成が必須。

    アカウントの作成方法は、「Scrachに参加しよう」をクリックし、「ユーザー名」と「パスワード」「性別」「国」などの必要項目を記入します。

    最後に「メールアドレス」を送信し、届いた確認メールで認証すると完了です。

    ユーザー名は悪用されないように本名ではない、自分で考えたニックネームを用いるよう注意しましょう。万が一のために子どもさんのプライバシー保護はきちんとしておきたいですね。

    また、ユーザー名には「a~z」「0~9」半角英数字、「_」アンダーバー、「-」マイナスが使用可能です。

    使い方2.ソフトウェアを無料ダウンロードをする

    次に、スクラッチのソフトウェアをダウンロードします。

    ダウンロードはこちら

    パソコンからアクセスする方は、WEBサイト上で利用できますが、専用ソフトをダウンロードしておくことでオフライン状態でも使えて便利です。

    スマホやタブレットから利用する方は、「ScratchJr」アプリをダウンロードしましょう。いずれも無料でダウンロードできます。

    ScratchJrのアプリはこちら

    使い方3.実際に触ってみる

    アカウントの作成、ダウンロードをするなど、準備が整ったらゲームを作ってみましょう。

    最初にページの上部「つくる」ボタンを押してみましょう。

    とは言っても、最初からゲームを作るのは難しいので「チュートリアル」の動画を見て真似をすることから始めるのがおすすめです。

    コードの「うごき」や「みため」「おと」などからブロックを組み合わせると右側のキャラクターがその通りに動き出します。

    使い方4. 他の人の作品を参考にする

    自分で作品を作るには、何かしらのアイデアが必要ですよね。

    スクラッチの「みる」を使えば、世界中の子供たちが作った作品(プロジェクト)を見ることができます。

    作品を遊ぶだけではなく、その作品がどうやって作られたのか、中身も見れたり、作品をコピーして自分なりのアレンジを施すこともできます。

    スマホやタブレットアプリの方は「ホーム」→「?」を押すと、アプリの紹介動画や作品の例8つで遊ぶことができるので、まずは雰囲気からつかんでいきましょう!

    使い方5. オリジナルの作品を作ってみる

    好きなキャラクターを選んで簡単な動きができるようになったら、オリジナルのゲーム作りにチャレンジしてみましょう。

    作ってみたいゲームのアイデアを出し、どうやったら作れるか試行錯誤すると頭の体操にもなります。

    最初はうまくいかないことがあって、もどかしく感じるかもしれません。

    しかしプログラミングは失敗しても何回でもやり直すことができます。

    何度も挑戦して、実際に動くゲームが完成すれば子どもにとって貴重な成功体験になるはずです。

    もしパソコン版に難しさを感じた場合は、スマホやタブレットのアプリの方が操作性がより簡単になっているのでぜひ試してみてください。

    4.スクラッチで作れる!おすすめプログラミングゲーム例5選

    ここでは、子どもから大人まで思わずハマる、スクラッチのゲーム例5選をまとめてご紹介いたします。

    ちなみに各ゲームは実際に遊ぶことが可能。

    もし気になったゲームがあれば、「中を見る」ボタンを押すと、ゲーム内容やどうやって作ったのかを見ることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

    ゲーム例1.【初級】ネコのおえかきアクション

    (引用元:ネコのおえかきアクション

    ネコをゴールに導くゲーム「ネコのおえかきアクション」は、マウスで線を引いたり壁を作ってクリアしていくシンプルな内容です。

    ポップなステージカラーを用いたり、ちょっと面白いBGMが流れるのも真似してみたくなりますよ。

    ゲーム例2.【初級】パックマン日本語版

    パックマン

    (引用元:パックマン日本語版

    1980年代に大人気だったパックマンを、見事に再現した「パックマン日本語版」。

    日本語版で再現されているため、使い方もわかりやすく、スクラッチがはじめての方でもスタートしやすくなっています。

    遊び方は十字キーを上下左右に操作するだけの簡単操作。

    スクラッチ初心者の方でも、比較的簡単に作ることができるゲームになっています。

    ゲーム例3.【中級】ドットな音楽

    ドットな音楽

    (引用元:ドットな音楽

    「ドットな音楽」というタイトルのゲームは、好きな場所のドットを黒に塗り替えると音が鳴る仕組みになっています。

    ドット絵を作って右下の赤いアイコンをクリックすると、予想ができないピアノの音がポロンポロンと流れる設定。

    上が高音で下が低音になっているため、ドット絵の形によって音階が変わり、色々な絵で試したくなる作品です。

    ゲーム例4.【上級】マリオ

    マリオ

    (引用元:マリオ

    続いてはいろんな世代から愛されているスーパーマリオを再現したゲーム。

    十字キーでマリオを操作する設定がプログラミングされています。

    ジャンプした時の効果音がほぼ本物に近く、パッと見ではスクラッチで作ったゲームと判断できないほど、ビジュアル的にも完成度が高い作品

    マリオ系のゲームは、たくさんの人が作品を公開しているので、それぞれの個性やクオリティの違いなどを確かめてみてください。

    ゲーム例5.【上級】マインクラフト

    マインクラフト

    (引用元:マインクラフト

    通称「マイクラ」と呼ばれている大人気ゲーム「マインクラフト」もスクラッチで作ることが可能。

    こちらの作品は日本語で解説されていて、とてもわかりやすいので、興味がある方は「中を見る」でブロックの組み合わせ方をチェックしてみましょう。

    マインクラフトは楽しみながら学べるので、プログラミング教室でも題材に取り上げられることが多いゲームの一つでもあります。

    5.スクラッチプログラミングの2つの注意点

    スクラッチ注意点

    プログラミング学習にぴったりなスクラッチですが、使う上で注意したい点が2つあります。

    保護者の方は子どもの学習能力を高めるため、また安全に使うためにも注意点をきちんと把握しておきましょう。

    スクラッチプログラミングを使う上で注意したい2点は以下の通りです。

    注意点1.教材本がないと子ども1人では理解しづらい

    注意点2.個人情報に気を付ける

    では、それぞれの注意点について確認していきましょう。

    注意点1.教材本がないと子ども1人では理解しづらい

    スクラッチは登録してすぐにゲームが作ることが可能ですが、その自分で問題を解いていく課題などが用意されていません。

    プログラミング学習を本格的に取り入れたいとお考えの方は、スクラッチ専用の教材本を用意することをおすすめします。

    教材本に載っている作品をクリアしていくことで、プログラミングの楽しさや難しさがわかると同時に、プログラミング能力が効率よく高めていけるでしょう。

    注意点2.個人情報に気を付ける

    スクラッチでは写真を取り入れて、作品を作ったり、共有することができます。

    子どもが勝手に自分の写真を入れたり、名前や住所などを作品の中に入れてしまうことも考えられるでしょう。

    親としては、知らない人と繋がることで少し不安になってしまいますよね。

    スクラッチを使うときには、親の目が届くところですることや個人情報を公開しないといったルールを決めてから始めるといいでしょう。

    まとめ

    今後のプログラミング学習につなげるだけではなく、ゲームアプリのひとつとしてもスクラッチを使うと楽しく学べます。

    スクラッチをきちんと活用することができれば、子供の論理的思考能力が上がるなど、良いことづくし。

    教育の場でも使用されている基礎的なアプリなので、ゲームが大好きな子どもにもぜひ試してみてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    twenty − eighteen =

    ABOUTこの記事をかいた人

    2児の母。仕事で忙しく、なかなか子どもの学習のお手伝いができないのが大変でした。 何か手立てはないかと色々調べた結果、オンライン学習と出会うことに。「これはいける!」と感動し、子どもにオンライン学習をさせてみたところ、学習意欲が上がり、自ら進んで学習するようになるという効果に感動!お家学習をしたい親子にもオンライン学習の魅力を伝えるために「teracoya」を立ち上げました。