誰でも幸せな家庭を築ける!幸せな家庭を築くために必要な5つの条件

最近のコメント

    自分に幸せな家庭が築けるのか、不安を感じていませんか?

    幸せな家庭は、家族みんなが居心地良く過ごせて、コミュニケーションが取れていることをいいます。

    幸せな家庭を作るためには結婚相手の条件や幸せな家庭の特徴を知っておかなければなりません。

    そこで今回は、幸せな家庭の定義や作り方を丁寧に解説します。

    幸せな家庭の作り方を知って、結婚後のイメージを膨らませていきましょう。

    1.幸せな家庭とは

    幸せな家庭とは、自分や相手といった家族が居心地良く、安心感を持って心が安らげる家庭のことです。

    中には、幸せな家庭がどのようなものかをイメージしづらい方もいるかもしれません。

    そこで、幸せな家庭の定義と築く意味を確認していきましょう。

    1-1.幸せな家庭の定義

    幸せな家庭は、夫婦や親子が生活する上で一人の人間として尊重し、お互いが思いやりを持って生活している状態ことをいいます。

    家族と過ごすのに不安やストレスを抱えたままだと、幸せとは言えません。

    もちろん、虐待や暴力など、家族の心を傷つける行為はもってのほかです。

    家族全員がそうならないためにも、思いやりを持ち、信頼しあえる関係になれば、安心感のある居心地の良い家庭になるでしょう。

    1-2.幸せな家庭を築く意味

    幸せな家庭を築く意味は、一人きりのときよりも、より幸せな人生にすることにあります。

    一人でいるより、大切な人がそばにいることで気持ちが満たされ、幸せに感じるから結婚を考えるようになったはずです。

    結婚をして楽しいと思えなかったり、幸せだと思えないのであれば、家族が一緒にいる意味はありません。

    幸せな家庭な過程を築くことは、あなた自身が幸せになることなのです。

    2.幸せな家庭を築ける結婚相手の条件

    幸せな家庭を築くには、結婚相手と自分の価値観や考え方をすり合わせていかなければなりません。

    結婚の決め手は、恋愛や経済面など人それぞれです。

    しかし、幸せな家庭を築くための条件は5つあります。

    そこで、幸せな家庭を築ける結婚相手の条件を見ていきましょう。

    条件1.自分を大事にしてくれる

    まずは、どんなときでも自分を大切にしてくれる相手を選びましょう。

    自分の短所も受け入れ、良い面を多く見てくれる寛大な心の人なら、結婚後も大事にしてくれます。

    結婚相手が大切にしてくれることで、「自分が認められている」、「味方でいてくれる」と安心感に繋がるのです。

    条件2.価値観が合う

    次に大切な条件は、価値観が合うことです。

    一緒に暮らすとなると、似たような価値観の人を選ぶと些細なことで揉めることがありません。

    結婚相手と食事や金銭感覚が違うと、生活習慣の相違から関係がギクシャクしてしまいます。

    価値観が違うことがあったとしても、「これくらいなら大丈夫」と許せる範囲かを判断しましょう。

    条件3.自然体でいられる

    また、自然体でいられることも大切な条件です。

    結婚は日常生活を共にするので、自然体で過ごせる相手なら、長く一緒にいられるでしょう。

    ストレスも少なく普段通りに過ごせる相手なら、結婚してから幻滅されずに済みます。

    結婚すると、デートのような楽しい時間だけの共有で済みません。

    一緒に暮らしていくのに、自分の良いところばかり見せて気を遣うのは疲れてしまいます。

    条件4.話し合いができる

    さらに、話し合いができる相手であることも大切な条件です。

    幸せな家庭を築くためには、話し合いによって多くの事柄を決める必要があります

    結婚前から新居必要な物からどんな家庭にするかなど、相手が独断で決断すると不満がたまる一方です。

    結婚前に二人のことは相談して決められるか、話し合いの場での振る舞い方にも注意しましょう。

    条件5.経済力がある

    最後の条件は、経済力があることです。

    幸せな家庭を築くためには、何事もお金がかるため、安定した経済力が必要になります。

    お金がないと、生活する上で最低限必要な物が買えなくなり、いつも心配事を抱えなければいけないからです。

    相手に経済力があることは、家庭を維持するために必要な条件ですが、愛情があった上で判断しましょう。

    3.幸せな家庭の特徴


    幸せな家庭には、家族全員が笑顔で溢れ、居心地の良い朗らかなイメージがあるかもしれません。

    普段通りに生活する中で、楽しく会話をし、感謝の気持ちを忘れずに伝えれば家族を幸せにすることができます。

    実際に、幸せな家庭にはどのような特徴があるのか、見ていきましょう。

    特徴1.コミュニケーションをとる

    日頃からコミュニケーションを取れば、お互いの考えや気持ちを知ることができ、より幸せな家庭になるでしょう。

    人は共感によって、相手の状態を自分の体験から想像し、相手の伝えたいことを知ることができます。

    長く一緒にいる家族とコミュニケーションを取ることで、居心地が良くなれば、幸せな家庭になるでしょう。

    特徴2.干渉しすぎない

    時には一人の時間も大切ですので、お互いに干渉しすぎないようにしましょう。

    相手の行動を気にして、「どこで誰と何しているの?」など、口出しすることは相手を信頼していないということです。

    家族に依存したり干渉しすぎたりせず、一人の人間として信頼し対等な関係であることを忘れないでください。

    特徴3.我慢しすぎない

    家族みんなが居心地のよい家庭を築くために、我慢をしすぎないようにしましょう。

    自分が我慢することで、円滑な関係を築けることもあります。

    しかし、時には意見を主張して、対等な関係であることを忘れてはいけません。

    我慢をしすぎると不満が爆発したときみに家族がギクシャクしてしまい、お互いにとって幸せではないのです

    家族は対等な関係で成り立ちます。

    我慢をしすぎず、定期的にコミュニケーションを取りましょう。

    特徴4.笑顔が絶えない

    あなたが笑顔でいれば、相手も笑顔になるはずです。

    笑顔を向けると相手も笑顔を返してくれるのは「笑顔の返報性」という心理効果があるためです。

    どんなに辛くても、笑顔でいれば何とかなるような気がして困難を乗り越えることができます。

    あなたのから笑顔になれば、家庭は明るく円満になり、家族を幸せにすることができるでしょう。

    特徴5.感謝の気持ちを持つ

    相手がしてくれたことに対して「ありがとう」や感謝の気持ちを持ちましょう。

    感謝の気持ちがあれば、相手に対して心に余裕を持って接することができます。

    相手がしてくれることに対して「当たり前」なことはありません。

    常に感謝の気持ちを伝えて幸せなな家庭を築きましょう。

    4.不幸な家庭で育っても幸せな家庭を築くことは出来る

    もしあなたが不幸な家庭で育ったのだととしても、幸せな家庭を築くことができます。

    確かに、家庭環境や親の影響は大きく、そこから離れるのは至難の業といえるでしょう。

    しかし、家庭を作るのはあなた自身です。

    どんなに時間がかかっても、あなたのことを思ってくれる夫や子どもと過ごす中で、少しずつ心を癒して幸せな家庭を目指しましょう

    4-1.自分次第だと気づく

    幸せな家庭を築くのはあなたであり、親とは別に新たな家庭を築けるかはあなた次第です。

    幸せな家庭がどのようなものかが分からずに、悩むこともあるかもしれません。

    もし困っても、結婚相手と二人で話し合えば、幸せな家庭にすることができます。

    不幸な家庭で育ったのだとしても、自分次第で幸せな家庭を築くことができるのです。

    4-2.夢や理想を掲げる

    幸せな家庭がどのようなものかが分からないなら、自分のまわりにいる幸せな家庭の人に目を向けてみましょう。

    結婚相手に相談すれば、どのようなものかを実際に見ることができるかもしれません。

    自分の理想や夢ができたら、夫婦で話し合って思いを共有すれば、幸せな家庭を築く第一歩になるでしょう。

    4-3.自分から行動してみる

    自分自身がこうありたいという理想があれば、行動に移すことができます。

    最初の第一歩は勇気がいることでしょうが、あなたの思いを受け止めてくれる相手はあなたの味方です。

    幸せな家庭を築くために、相手が応えてくれるかどうかは、自分の行動にかかっていると言えるでしょう。

    まとめ

    幸せな家庭にするには、自分から行動し、相手に働きかけるようにしましょう。

    そのためにも相手を思いやり、笑顔でいるように心掛けることが必要です。

    お互いが居心地よく過ごせたら、会話が弾み、更なるコミュニケーションを取ることができます。

    あなたが諦めずに行動すれば、幸せな家庭は築けるのです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    eleven + seven =