【中学生向け勉強のコツ】毎日達成できる小さな目標を立てさせよう

【中学生向け勉強のコツ】毎日達成できる小さな目標を立てさせよう

最近のコメント

    中学生になって、高校受験もあるのに家に帰ってきても全然勉強してくれないとお悩みですね。

    今回は、中学生のお子さんの勉強を続けるコツをご紹介します。

    勉強が苦手なお子さんが勉強を続けるコツは、勉強する目標をとにかく小さい目標にすること、なんと「1日5分の勉強」です。

    今回は、こうした小さな目標で勉強をしていく方法などのコツや定期テスト前の勉強のコツについて詳しく解説。

    勉強に対する苦手意識をなくし、毎日少しづつコツコツ勉強する習慣を身に着けさせましょう。

    1.勉強をはじめるには小さな小さな目標から

    勉強が苦手なお子さんが普段から勉強を続けるには、小さな目標をクリアしていく事がとても大事です。

    定期テストの点数や高校受験など目標をかなり先の未来にしてしまうと、「まあ、明日からでもいいや」となってしまいます。

    だからこそ、今日からとにかく5分だけ勉強するという小さな目標を決めるようにしましょう。

    次の章では、その5分を続ける勉強法を3つご紹介しています。

    2.コツコツと続けられる勉強法

    勉強は一度にたくさんするよりも、毎日少しでも続けることが大切です。

    紹介する勉強法1~3まで実践すると、勉強量がどんどん増えてきます。

    それぞれの勉強法を具体的に見ていきましょう。

    勉強法1.とりあえず5分我慢して勉強してみる!5分勉強法とは

    まずは「とにかく5分だけ勉強しよう。」これが5分勉強法です。

    5分勉強法には、キッチンタイマーが必要なため100円ショップで購入しましょう。

    スマホでもタイマー機能がありますが、友達からのLINEが気になるなど勉強が手につかないので純粋なキッチンタイマーが最適です。

    タイマーを5分にセットしたら、勉強に邪魔なものを机から片付けてしまいます。

    机の片付けも5分に含めるのがコツです。

    片付けも勉強時間に入るので、勉強に対する心理的負担が軽くなりますし、同時に勉強するぞという気持ちが入ります。

    片付けに1~2分かかるとしたら、3分で終わる程度の勉強で良いのです。

    タイマーが鳴ったらそこで止め、タイマーをかけて5分休みます。

    宿題によっては5分では終わらないことも多いでしょうが、5分で休憩をはさみましょう。

    なぜなら、やり残しが気になり「もう少しやらなきゃ」という気持ちが芽生えることが大事だからです。

    宿題があれば宿題を、なければ漢字の書き取りや英単語を覚えるのでも良いでしょう。

    勉強法2.教科書をひたすら読むだけの勉強法、7回読み勉強法とは

    5分勉強法で、何を勉強しようか迷ったときは教科書を読みましょう。

    ただ読むのではなく、最低でも7回読むことが目標になります。

    それが、7回読み勉強法です。

    7回読み勉強法のコツは、初めは分からなくても読み飛ばすことと、繰り返し読みます。

    人間の脳は、繰り返すことで覚えていくという能力があるのです。

    1回目は、漢字の読みがわからなかったり、英単語や熟語の意味が分からないことがあるでしょう。

    わからなくても1回読めば、その日の5分勉強法は目標達成です。

    より記憶に残すために、次の日も同じところを読み直します。

    わからなかったところは学校で先生や友達に教えてもらい、理解度を上げていくことが大切です。

    3回目以降は1週間ごとに読み直していきますが、読み返すごとにいつもつまずくところがわかってくるので、マーカーやアンダーラインをつけていきます。

    読み終えたページ番号にも読んだ回数だけチェック記号を入れていきましょう。

    2回目、3回目も分からないところやつまづくところがあるでしょうが、7回まではあきらめずに読んでいくことです。

    続けてきたことが自信になりますし、マーカーや付箋だらけになっていく教科書を見ることでモチベーションになっていきます。

    勉強法3.勉強のモチベーションが続く塗り絵式勉強法とは

    塗り絵式勉強法

    漢字の書き取りや英単語などの場合、7回読みで書き順や綴りを覚えるのは難しいです。

    手を動かして覚える勉強のモチベーションを維持するために、塗り絵式勉強法を実践してみましょう。

    方眼用紙など、マス目のある紙を用意して、5分勉強するごとにマス目を一つ塗りつぶすのが塗り絵式勉強法です。

    方眼の線が入った紙と、5色の蛍光マーカーか色ペンを用意して下さい。

    国数英理社それぞれの教科毎に別の色で塗るのが塗り絵式勉強法のポイントになります。

    本来の塗り絵式勉強法は1マス15分なのですが勉強に抵抗のある中学生には5分1マスが継続にちょうど良いです。

    この方眼用紙は机に座った状態で目に入る場所に貼るのが良いでしょう。

    続けていくと苦手科目は、あからさまに色が少ないことが良く分かります。

    色のバラつきがなくなるように「とりあえず、もう5分」苦手科目を勉強していくと良いでしょう。

    色の分布に影響するので、マス目ははみ出さず丁寧に塗ることが大切です。

    以上の3つの勉強法を上手に組み合わせていくことで、毎日勉強を続けられるようになります。

    高校受験のような遠い目標に惑わされず、日々コツコツと勉強量を増やしていくことが大切です。

    3.定期テスト前の勉強のコツ

    定期テスト前の勉強のコツは3つあります。

    1. 普段の授業で気を付けること
    2. 定期テスト前に徹夜をしない
    3. 徹夜の勉強のコツ

    テスト前日に焦らないように、テスト前勉強の心構えを3つのコツで理解しておくようにしましょう。

    コツ1.普段の授業で気を付けること

    毎日の授業中は「先生の話をよく聞く」ということを注意しましょう。

    ほとんどの学校の先生は、授業中「ここ、テストに出ますよ」とか「これはテスト問題になりやすいところだよ」と教えてくれます。

    「どうせ後で試験勉強するんだし、関係ない」と後回しにしてしまわず、しっかりとメモすることが大事です。

    前の章の3つの勉強法が身についてきていれば、後に回すことの無意味さがわかっていることでしょう。

    教科書に「テスト出る」とメモするのに数秒もかかりませんし、その日の5分勉強のちょうど良い勉強内容になるからです。

    コツ2.定期テスト前に徹夜はしない

    テストの点数を上げるにはしっかりと睡眠をとるべきです。

    定期テストでの徹夜はお勧めしません。

    徹夜をすれば、テスト中眠くなり集中出来ないことが予想されます。

    毎日5分以上、塗り絵式勉強法をして、教科書を7回読んでいればテスト範囲の理解度がイメージできるはずです。

    勉強量が足りていない教科が分かるはずなので、そこで徹夜するべきか判断しましょう。

    コツ3.徹夜の勉強のコツ

    どうしても徹夜をしないと間に合わない場合でも、徹夜はテスト最終日だけに限定するようにしましょう。

    初日から徹夜をしてしまうと、翌日のテストから集中力がぐっと落ちてしまいます。

    徹夜で一夜漬けをするなら、暗記問題だけにしましょう。

    数学などで、解き方や考え方を理解しなければならないようなものは一夜漬けには向いていません。

    教科書7回読みでつまづいた漢字や英単語、熟語などを中心に見直していきます。

    もしお腹が空いて夜食を取る場合には、果物やうどんの消化しやすいものが良いです。

    そして、徹夜といえども3時間は睡眠をとることを心がけましょう。

    以上、テスト前の勉強のコツを3つ挙げましたが、一番重要なコツは「普段の授業で気を付けること」です。

    テストに出るところが分かっていれば、むやみに睡眠時間を削ってテストに出ない勉強をする必要がなくなります。

    そして何より大切なことは、普段からコツコツと勉強を続けることというのは言うまでもありません。

    まとめ

    勉強の苦手な子供が少しでも毎日コツコツ勉強するコツは、毎日クリアできる目標を立てることです。

    小さな目標をクリアしてモチベーションを保ち続けるための勉強法は以下の3つです。

    • 5分勉強法
    • 教科書7回読み勉強法
    • 塗り絵式勉強法

    どれも、負担が少なく毎日出来る勉強法なので、今日から実践してみましょう。

    小さな目標を達成し塗り絵が進んでいくごとに、勉強に対する苦手意識が消えていきます

    勉強に対する苦手意識をなくし、毎日少しづつコツコツ勉強する習慣を身に着けさせましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    eleven − 9 =