チューターとは?大学や塾・会社における役割やメリットを徹底解説!

最近のコメント

    「チューターって耳にしたことあるけど、どんな人のこと?」とお調べですね。

    チューターとは、様々なシーンにおいて個別に指導する存在のことです。

    チューターとして必要とされる場面は突然やってきますが、経験や知識が求められるでしょう。

    今回はチューターの役割やメリットも詳しく解説していきます。

    チューターについて理解を進めて、いつ任されても大丈夫なように準備しておきましょう。

    1.チューターとは個別指導者という仕事

    チューターは、「個別指導者」「助言者」といった意味で使われています。

    英語圏では、家庭教師という意味で使われることが多いようです。

    チューターとは、一斉授業で分からないことを個別相談できる人のため、塾や大学、会社に常駐しています。

    目の前の問題をすぐさま解説する必要があるので、相応の知識や経験が求められる仕事でしょう。

    ただし、どのような場面のチューターなのかによって役割は異なります。

    次の章で、シーン別のチューターの役割を確認しましょう。

    2.シーン別で見るチューターの役割

    日本でも広がりつつあるチューターですが、シーンによって使い方や役割は違います。

    正しい使い方や役割を、しっかり理解して役割を全うしましょう。

    役割1.日本でも多い留学生向けチューター

    留学生の個別相談・助言者となるのが留学生向けのチューターです

    近年は日本に留学で来日している外国人が増えてきています。

    留学生は、勉強でも私生活でも困難の連続です。

    そのため、チューターは勉強だけではなく、留学生の私生活のサポートも行います。

    たとえば、大学施設の利用方法の指導や、市区役所にも同行するのです。

    また、買い物や日本語力向上のための先生という役割もあります。

    役割2.大学内では教授の助手もチューター

    大学内では教授の助手のことを指すこともあります。

    大学の授業やその準備に関するアシスタントを担うことが中心です。

    最近では、大学院生のチューターを活用する大学も増えています。

    大学内のチューターは、学部生に対して助言を行ったり、教授と学部生を繋ぐ役割も担うのです。

    役割3.企業内でも増えてきたチューター

    新入社員を個別に指導する教育者としてのチューターもあります。

    近年は、企業が新入社員の離職率を公表しなくてはいけません。

    そのため、企業にとって離職防止は喫緊の課題です。

    チューターにはプライベート面も個別にサポートし退職を防ぎます。

    小さな悩みも早めに吸い上げることで新入社員の離職率低下に繋がっていくのです。

    役割4.看護学校・学科でのチューター

    看護学校や大学の看護科の学生のサポートでも、チューターが活躍しています。

    看護師になるまでには、さまざまな実習や学業があってとても大変です。

    途中で心が折れてしまう看護学生も多いでしょう。

    そこで、メンタルケアを行うチューターを活用する大学や学部が増えています。

    3.チューター制度の3つのメリット

    さまざまなところで取り入れられつつあるチューターですが、指導する側にも、してもらう側にもメリットがたくさんあります。

    お互いに、メリットを理解して取り組むことでより双方の成長が加速します。

    どのようなメリットがあるか一緒に見ていきましょう。

    メリット1.身近な人に頼れるという安心感がある

    チューターの存在は、身近に頼れる人がいるという安心感を生みます

    過去に一度、浪人をした人は「次は合格できるかな」と不安です。

    それなのに、どれだけ勉強しても予備校に行っても、分からない問題が出てきます。

    チューターは、分からないところを個別に指導し、安心感を提供するのが役割です。

    メリット2.指導者も成長することができる

    チューターはサポートされる側だけでなく、サポートする方の成長にも繋がります。

    学生や新人の分からないところや不安なことを解消するのが仕事の中心です。

    学生側から突発的に出てきた質問にも答えられる力が求められます。

    経験を積んでいくことで、チューター側も鍛えられるのです。

    メリット3.企業では新人の退職率が下がる

    チューターは新人の退職率を下げてくれるので大助かりです。

    人材の入社や戦力化は、企業にとってコストといえます。

    育てた社員が辞めていくことは、企業にとって大きな損失です。

    公私ともに新人の安心感がアップすれば、退職が減るでしょう。

    企業にとってもチューターはとてもありがたい存在です。

    まとめ

    チューターとは、様々なシーンにおいて個別に指導する存在です。

    シーンによってチューターの役割は異なります。

    しかし、どんなシーンであってもチューターという言葉のもつ「個別指導員」という意味に沿った仕事をしていきましょう。

    知識と経験が求められる仕事ですが、人のためになる仕事です。

    自分自身のスキルアップのためにも、ぜひ積極的に挑戦していきましょう。

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    2 × three =